『億』を稼ぐ人の思考法

大山です、

「『億』って、、
途方も無い額だなぁ。。」

そう思う方が、、、
ほとんどでしょう。

もしくは、、

『億』と聞いて宝くじを
イメージされる方もいるかもしれません。

=========
億を稼ぐ
=========

それは、、ある程度、
成功しているビジネスマン
(年収2000万から5000万の方)
が目指す目標値。

なので、、

「自分には関係ない話だ、、」

「まずは年収1000万でしょ!」

「まずは、、安定して暮らせるよう
最低でも月20万は稼げるようになりたい」

そう思う人もいるかもしれません。

でも、、今日の話は

あなたが億を稼ぐための
リアルな話をします。

イメージできなければ
目標到達はできない。

そう言われますが、
億を稼ぐイメージができるようになる。

これが今日のメールのゴールです。

それでは、さっそくいきましょう!

まず、確認した欲しいのは、

=======================
かける梯子を間違えない
=======================

ってこと、、

起業前、、僕はパチンコ店員として
働いていました。

その当時の店長は、40ちょいぐらい。

朝から晩まで誰よりも
働きづめで、、、

機嫌の悪さも有名で、、
従業員にインカムで怒鳴り散らし
ストレス発散をしていました。

また、お店もいつどのタイミングで
異動になるかもわからないので、、

賃貸暮らししかできず、、
子供も転校の繰り返し、、、。

定住して、本腰いれての
子育てもできない。

時間・家族・精神という
生きていく上で大切な様々なものを
犠牲にしているんだけれども、、

年収は良くて、、800万ぐらい。
(月66.7万)

そこから税金引かれたら、、
もっと少ない。。

んで、下っ端から店長に
なるまでに費やした時間、、、、

およそ12年。

この話を聞いて、、、
当時の僕は、、、

パチンコ業界で生きていくという
道を捨てた自分を誇りました。

確かに、、手取り17万円ほどの
下っ端の僕からしたら、、

店長の待遇は魅力的に
思えたかもしれません。

昇進までの道のりも、、

班長→副主任→主任→店長→部長?

とステップも鮮明で
やるべきことも明らかな会社で、、
全力で店長を目指すことも可能でした。

実際、、鼻息荒く
昇進してやるぅ〜って同僚も
いましたしね。。

でも、、僕は一番下っ端として
2年ほど勤めて独立しました。

なぜか?

登った先の景色に魅力が
なかったからです。

ただそれだけ。

どんなに努力をしても
店長になるには時間がかかる。

日々のゴマすりも必要で、、
嫌いな人にも好かれる必要がある。

んで、、店長になれても
年収1000万にはなれない。。

だから、かけるハシゴが
違うなって思ったんです。

それよりも、自分でビジネスをする
方が魅力的に感じたし、やりたかった。

自分でビジネスをやれば
収入は天井知らずで大きくしていける。

時間の自由もコントロールできる。

そう思っていたんですよ。

んで、、いろいろな
ビジネスやってきて個人を億を稼ぐには
セールスコピーライターが、、

一番適しているって思って選択したんです。

セールスコピーライターとしての
頂上にハシゴをかけた訳です。

そうはいっても、、、

一旦、、ハシゴから降りてやり直す
時間は残されていないかもしれません。。

それでも、、

そのハシゴの先が
理想の未来なのだろうか?

これを考えていくことで
今やっている努力が正しいどうかが
分かるようになるはずです。

見込み客リストを獲得したいなら
どの媒体でメイン発信していくか?

個人で年収1000万稼ぎたいなら
どんなビジネス・技術が最短の道なのか?

そして、、、
億を稼ぐには?という話ですが、

============================
何をどれだけ売ればいいのか?
============================

を考えてください。

例えば、
コンサルタントやコーチであれば、

1円のサービスを1億人に
売るのではなく、、

1万円のサービスを1万人に
売るのではなく、、

10万円のサービスを
1000人に売るのではなく、、

1000万のサービスを10人売ったり、
1億円のサービス1人に売るのではなく、、

========================
100万円のサービスを
100人に売るのが正解ってこと。
========================

「それならできそう!」

ってあなたが思えることをやるんです。

億がイメージできないのなら、
まずは年収1000万でもいい。
まずは月50万でもいい。

どの商品・サービス(価格)を
どれだけ売れれば、それに到達できるか?

この視点をもっておくことで
億までのイメージが固まります。

参考にしもらいたい考え方なので
必ず覚えておいて欲しいです。

それでは、またメールしますね。

いつも最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。