ダン・ケネディとは? 教材の評判、おすすめの本、学ぶべき人は?

出典:ダン・ケネディ日本公式サイト

マーケティングコンサルタントのダン・ケネディ氏のノウハウは、日本でも使えるのかが気になる人も多いでしょう。

また、「どのような人なのか?」「教材の評判は?」「おすすめの本」を知らない人もいるはずです。

そこでこのページでは、「ダン・ケネディ氏とは、教材の評判、おすすめの本、学ぶべき人」を紹介します。

ダン・ケネディ氏とは? プロフィールを紹介!

ダン・ケネディは、毎年100万人以上の中小企業、大企業のビジネスオーナーや起業家に影響を与え、世界一多くの億万長者を生みだしている。

そんな彼のことを、アメリカで最も億万長者を生んだ人として、「億万長者メーカー」と呼ぶ人もいれば、「21世紀のナポレオンヒル」と呼ぶ人もいる。

彼は、高校を卒業し、広告やセールスについて正式な訓練を受けず、弟子入りすることもなく、19歳で広告業を始めた。今では、フォーチュン500社や名の通った企業などを多数育てた実績を持っている。

その中には、数億円規模のクライアントから、数千億規模のクライアントまでいる。たとえば、アムウェイ株式会社、日本でも有名なニキビケア商品「プロアクティブ」を販売しているガシーレンカー社。

現在のコンサルティング料金は、1日最低128万円。コーチングプログラムは年間320万円と超高額。

「日本一のマーケッター」にも選ばれた神田昌典氏も、彼の著書を監修し、絶賛のコメントを寄せている。

出典:ダン・ケネディ日本公式サイト

ダン・ケネディ氏は、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(以下、DRM)の業界で40年以上のキャリアがあり、その間ずっと業界のトップを走り続けてきました。

補足ですが、DRMとは、ネット販売やテレビ通販のように、注文やお問い合わせをしてきたお客にだけ、商品を直接売ることです。

ダン・ケネディ氏は、有名なニキビケア商品「プロアクティブ」を販売しているガシーレンカー社をクライアントにした経験もあるため、ノウハウは日本でも効果的だと言えます。

以下、マーケティングコンサルタントとしてのダン・ケネディ氏を詳しく紹介します。

ダン・ケネディ氏の高額な教材の評判は?

ダン・ケネディ氏は、高額な教材を日本でも販売されていて、その評判も賛否両論あることでしょう。残念ながら、結果が出やすい場合とそうでない場合は存在します。結果が出るとは、「教材に投資した資金を回収できるか」と言う意味です。

「ダン・ケネディ氏の教材を買うべきなのか?」を迷う人もいるかもしれません。

ここで、高額な教材を買う前に、安価な書籍から学習することをオススメします。もし、「ダン・ケネディ氏の教えは、自分には合わない。」と思ったとき、途中で学習を辞めても本なら安い授業料です。

ところが、いきなり高額な教材を買って失敗したら、投資した金額は回収できなくなってしまいます。つまり、高額な教材を買うのは、大事な大金を失うリスクも大きいのです。

ダン・ケネディ氏の本を読んで、成果が出た時や売上をさらに増やしたいと思ってから、高額な教材を買っても遅くはありません。

ビジネスで結果を出すために、ダン・ケネディ氏のおすすめの本

ダン・ケネディ氏の本をまだ読んだことがない人のために、ビジネスで結果につながるおすすめの本を3つ紹介します。

1. 億万長者の不況に強いセールス戦略―ダン・S・ケネディの”屁理屈”なし実戦ビジネスMB

セールスを学びたい人へ

この本は、不況下の中でも、セールスの数字を上げるために役立ちます。

特に、個人事業主、中小企業の経営者、セールスパーソンにオススメの本です。「いらない営業マン」から「必要な営業マン」になるための方法が書かれています。

具体的には、セールスの基本的な考え方、事前準備、用意すべき資料、売るための仕掛けを学べるのです。

セールスで成果をあげたい人には、おすすめの一冊です。

2. 究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル

マーケティングを学びたい人へ

この本は、初版から15年アメリカで読まれ続けた内容の日本語版です。日本一のマーケッターである「神田昌典」さんがこの本の監訳をしていますので、とてもわかりやすい内容になっています。

特に、個人事業主、中小企業の経営者、DMや広告のマーケティングに携わる人におすすめの本です。なぜなら、マーケティングの理論にとらわれず、実践的な内容が多くてすぐに活かせるからです。

たとえば、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)についても書かれていて、売上アップにつながる内容になっています。繰り返しになりますが、DRMとは、ネット販売やテレビ通販のように、注文やお問い合わせをしてきたお客にだけ、商品を直接売ることです。

さらに、巻末の「究極のマーケティングプラン作成シート」を記入していけば、実践するための具体的なアイディアがまとまるのです。

3. 究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル

セールスコピーライティングを学びたい人へ

セールスコピーライターを目指す人は、この本をぜひ読んでください。セールスコピーライターとは、文章だけで人を行動させるスキルがある人のことです。

  • セールス = 売る
  • コピー = 文章
  • ライター = 書き手

つまり、セールスコピーライターとは、文章を書いてセールスをする人です。上手なコピーが書ければ、集客や売上アップにつながります。

ただし、この本は、アメリカの成功事例が多く、文化の異なる日本では当てはまらない場合もあります。しかし、それでもわかりやすく実践的な内容ですので、セールスレターを書く初心者には学びが多いでしょう。

セールスコピーライターを目指す人だけでなく、売上を増やしたい個人事業主や中小企業の社長にもオススメできる本です。

ダン・ケネディ氏から学ぶべき人は?

経営者、マーケティングやセールスに携わる人、セールスコピーライターを目指す人は、ダン・ケネディ氏から学ぶべきです。もちろん、全ての内容が日本でも通用するわけではありませんが、売上を増やすために効果的なアイディアが多いです。

ここで、ダン・ケネディ氏は、自己啓発の本や教材も日本で販売しています。しかし、この分野に関しては、他の専門家から学べば良いでしょう。ダン・ケネディ氏の強みは、マーケティングやセールスであり、自己啓発ではないからです。

まとめ

このページでは、「ダン・ケネディ氏とは、教材の評判、おすすめの本、学ぶべき人」を紹介しました。

ダン・ケネディ氏のノウハウは、日本でも使える内容が多いです。特に、中小企業の社長、マーケティングやセールスをする人、セールスコピーライターを目指す人は、ダン・ケネディ氏からの学びが役立つでしょう。

ここで、「文章だけで人に行動してもらうスキル」のセールスコピーライティングについて、当サイトでは無料でいろいろな情報を提供しています。セールスコピーライターを目指している方だけでなく、ビジネスをしている方にも役立つ情報ばかりです。

ページの下から、メールアドレスを無料登録するだけで、自動的に有益なメールを受け取ることができます。特に、マーケティングやセールスコピーライティングに興味がある人は、ぜひ登録をしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

木村隆文

セールスコピーライター、コンテンツライター。システムエンジニアとして、約3年半の会社員経験を経て2016年に独立。大学院のときに得た知識を武器にして、自分の「金融系サイト」を運営する中で、読者の悩みに答えて解決策を提案する面白さに気づく。また、大山さんの電子書籍「セールスコピーライター成功戦略」を読んだことをきっかけに、セールスコピーライターも目指すようになる。現在、大山さんの元でコピーライティングの指導を受け、一流のセールスコピーライターになるよう日々奮闘中。