副業におすすめのアルバイト3選を紹介!

現在副業を許可する企業も大変多くなってきており、副業も多様化してきています。

しかし中には「資格もないし、PCスキルもないので副業なんて夢のまた夢」というようなことを考えている方も多いのではないでしょうか?

そんな方にはアルバイトがオススメです。今回は副業で行うアルバイトについて具体的に掘り下げてお伝えしていきます。

副業におススメのアルバイトの特徴は?

副業には様々なタイプのものがあります。
ここではそういった副業のメリットをご紹介していきます。

シフトの融通が効く

副業は日時を自分である程度設定できるといった利点があります。
夜から数時間、土日のみなど、自分の本業に支障をきたさない働き方ができます。

長期で続けやすい

派遣バイトなどでも、月単位での登録をしてくれる会社が多いです。
中には週1回の勤務から採用してくれる会社も少なくないので、自分の生活に合った副業ができます。

人間関係でストレスを抱えない

例えば、在宅ワークはクライアントとのやり取りを除いて、基本的に人とのコミュニケーションを取ることがありません。

派遣バイトも派遣先によっては1日限りの人間関係、といったことも多いです。
人間関係のしがらみに悩まされるといったことはまず無いでしょう。

しっかりと稼げる

上記のような利点を兼ね備えつつ、しっかりと給料が保証されているのが副業の魅力です。
単発のバイトでも、1日稼げば1万円を優に超える給料を貰えることも多いです。

単価がある程度高ければ、少ない隙間時間でもしっかりと稼げるという点もオススメしたい点です。

副業にオススメのアルバイト3選!

ここまで副業の利点を解説してきましたが、実際にはどのようなものがあるのでしょうか?

こでは、その中でもオススメのバイトを3つほどご紹介します。自分のライフスタイルに合った副業を見つけることができるので、ぜひ参考にしていってください。

治験

治験とは、要するに「新薬テスト」です。この「新薬テスト」の被験体になるのが治験のバイトの仕事内容になります。

治験を副業とするメリットとしては、普段よりも細かな診察や検査が受けられるといった知識的な面や、診察費を割り引いて貰えるといった金銭的な面など、たくさんあります。

なんといっても、「投薬されるだけ」ですから、他の副業と比べても圧倒的に労働的負担が少ない点が特徴です。

倉庫内整理・軽作業

倉庫内整理・軽作業はその名の通り倉庫や工場で、荷物を運んだり、作業の補助をしたりと言ったお仕事です。

単純作業が多く、特に難しい作業はしなくても良いので、今すぐにでも副業のアルバイトをしたいという方にオススメです。

また倉庫内整理・軽作業は日雇いの短期バイトとして募集されていることが多く、シフトの融通が効き、自分に合った時間で働ける点が魅力です。

また、自分に合わない職場や仕事であれば、次回から気兼ねなく別の職場に行くことができます。
お給料の支払いもかなり早いので、すぐにでもお金が欲しいという方は応募してみてはいかがでしょうか?

Uber Eats

Uber Eatsは料理宅配サービスの1つで、そういったサービスを行なっていないお店の料理も宅配して貰えるという点で、日本で一気に話題になりました。

Uber Eatsのバイトは、自分のタイミングでお金を稼ぎに行くことができるというのが最大の特徴です。その際でも、服装は自由であるなど、とにかく様々な点で自由に行動できます。

また、報酬は翌週払いなので急な金欠もUber Eatsならサポートしてくれます。

料理を買うお店や料理を受け取る人を除いて、人と話す必要がないので、人間関係に悩まされることが無いのも魅力的です。

副業のアルバイトはどうやって探したらいい?

副業でアルバイト始めると言っても、そんな都合よく見つかる事は少ないでしょう。

では副業でアルバイトをしている人はどうやって仕事を見つけているのでしょうか?
副業でのアルバイトを探す方法について詳しくまとめてみました。

求人サイトを活用する

副業のアルバイトを探すのに1番オススメなのが求人サイトを活用する事です。
求人サイトには以下のように様々な種類があります

■タウンワーク:
https://townwork.net

■バイトル:
https://www.baitoru.com/

■マイナビバイト:
https://baito.mynavi.jp/

これらのサイトは地域や時給など様々な項目でアルバイトを検索できるので非常に便利です。
また取り扱っている仕事の数もかなり多いので是非一度使ってみてください。

SNSで探す

以外に思われるかもしれませんが、副業のアルバイトを探すにはSNSも便利です。

SNSでアルバイトの募集をしているお店や個人はかなり多いので、探してみると簡単に見つかるでしょう。

またSNSでは職場の写真を載せている場合がほとんどなので、雰囲気がわかりやすいです。
しかし求人サイトと比べてしまうと圧倒的に数が少ないのでご注意ください。

地元のお店を回る

ネット上ではなく、実際に近所のお店を回ってアルバイトの募集をしていないか探してみるのも良いでしょう。

実際のお店を回れば、どんな職場かは一発で分かるので、入社後に「思っていたのと違った」という事態も起きにくいです。

しかし職場の近くでアルバイトをしてしまうと、会社にバレてしまう可能性もありますので、会社から離れたところに住んでいる人にオススメします。

副業としてアルバイトを始める際の注意点は?

ここまで副業にオススメのバイトやそれらのメリットを解説してきました。

しかし、もちろん副業を始めるにあたって気を付けなければならない点も何個か存在します。

場合によっては「副業を始めたことが巡り巡って、かえって収入が減ってしまった」なんてことにも陥りかねないので、注意しましょう。

会社に知られるとクビの可能性も

最近は日本の働き改革によって、副業が認められている企業も多いです。しかし、全ての企業で副業が認められているわけではありません。

副業が認められていない企業で、隠れて副業をやっていたことが発覚すれば、厳重な処罰の対象となってしまいます。

処罰の内容は様々ですが、場合によっては解雇される可能性も十分あり得るのです。
自分の働いている会社が、副業を認めているかそうでないかの確認は必ずするようにしましょう。

稼ぐ額によっては確定申告が必要

社会人であれば、本業における確定申告は当然のことながらする必要性があります。場合によっては副業でも確定申告をしなければならないのです。

このルールにおいて「20万円」という金額が確定申告の有無を決める境界線になります。
例えば、本業がサラリーマンの場合、副業がアルバイトであっても内職であっても、20万円以下であれば確定申告をする必要はありません。

確定申告は色々と手続きが大変で時間がかかってしまいますよね。

もしそういった手間をかけたくないのであれば、副業での収入を20万以内に抑える意識を持っておくべきでしょう。

本業に支障をきたす

副業とはいえど、ものによって差はありますが、ある一定の労働を必要とします。

その上、副業に従事する時間というのは、本来であれば本業にとっての「休暇時間」であるのは明白です。そういった休みの時間を削って働くことで、お金は得られますが、体力はどんどん失われていきます。

また、副業によっては一定の収益化に繋がるまで報酬が安定しないというものもあり、場合によっては副業にあてる時間というものを増やす必要性があるのです。

あくまで「副業」は「副業」。自分の本業が疎かになることが無く、それでいて生活をサポートしてくれるような副業がベストです。

無理して体調を崩さないように

前述の通り、副業は本業における休暇を削り、そこで行わなけばなりません。人間の体力というものには限界があるので、いずれ身体的・精神的なダメージを被る可能性があります。

「収入を増やして生活を安定させるために始めた副業が、かえって自分の生活を蝕んできた」といった状況に陥ってしまうのは、本末転倒ですよね。

自分の健康面に気を遣いつつ、それでもなお健康的余裕がある場合、副業を始めるのがいいでしょう。
人間にとって健康が一番の財産です。

まとめ

ここまで副業としてのアルバイトについて解説してきました。

資格も技術もないけど副業がしたいという人にアルバイトは非常にオススメです。

様々な職種を選べて、基本的には誰でもできるような仕事なのでハードルはかなり低いと言えるでしょう。どんな副業をしようか悩んでいるという方は、ぜひアルバイトを検討してみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。