『語彙』を増やして“知性を磨く”方法

大山です、

=========================
語彙力が乏しいから、、
自分の文章が嫌い、自信が無い。
=========================

こういった『語彙不足』に
陥った、経験ないですか?

今まさに、、そういう闇に
差し掛かっている人もいるかもれません。

ーーーーーーーーーーーーーー

(※ちなみに、語彙力とは、

「言葉をどれだけ知っているか?
そして、どれだけ使えるか?」

という能力です。)

ーーーーーーーーーーーーーー

ということで、今日は、
あなたの語彙を増やし、知性を磨くを
テーマに書いていきます。

先に伝えておきますが、
語彙力を増やすことは誰でもできます。

小学3年生でもできる
めっちゃ簡単な方法です。

ただ、、ワンステップだけ
“ひと手間”かかります。

ですが、、この“ひと手間”さえ
クリアできれば、、

あなたの語彙は最低でも
2倍に増えるでしょう。

そして、語彙が増えることで
まだ引き出せていない、、

新たな知性の扉も開けることができます。

なので、しっかり実践し、
効果を存分に感じてください。

=================
語彙力を増やす方法
=================

一言でズバッといいます。

それは、、、

「ふっと、、でてくる言葉を使わない」

僕らは、毎日同じ言葉を
使ってしまいます。

これは無意識にです。

そう、、ふっとでてくる言葉に
日常が彩られてしまっているのです。

僕の場合でいうと、

「素晴らしい」。

これ、、結構良く使います。。(照

素敵な言葉なので、
それはそれでいいのですが、、。

頻繁に使ってしまうと、、

「アイシテルなんて
毎日いうと、愛が薄れるだろう?」

と、同じ原理で、
言葉が軽くなってしまいます。

(※軽い意味で使っていないとしても)

なので、素晴らしいという
言葉を書く前に、、

一瞬、、僕はキムタクになります。

どういうことか?というと、、

「ちょ、、待てよ!」

っと、自分にストップをかけるのです。

無意識に書いてしまう
「素晴らしい」は使わない。

違う言葉や表現を用いることに
意識を向けます。

そう考えると、、

・ワンダフル
・ファンタスティック
・驚異的
・素敵
・凄い(これはちょっと軽いかな)
・離れ業

など、、たくさん、思いつきました。

=======================
大切なのは、ふっと出てくる
言葉(単語)を書かない。
=======================

これに、尽きます。

これを意識するだけで、

語彙力、表現力アップに繋がり、
知性が磨かれていきます。

この人の、、
いいわ回しや言葉、表現、、
好きだなぁ、、、。

っと思われる文章を書くには
これが最善のやり方であり、

ベスト・オブ・ベストです。

もちろん、どんな言葉や
言い回しがあるか?というのは
調べてOK!

類語辞典:https://thesaurus.weblio.jp/
連想類語:https://renso-ruigo.com/

この2ツールさえあれば、
語彙力なんて『楽』にアップします。

=======================
大切なのは、ふっと出てくる
言葉(単語)を書かない。
=======================

プラスα、、

ツールを使って調べるという
“ひと手間”をかける。

それだけで、斬新な表現や
言い回しを発見できます。

ぜひ、試してみてください^^

「調べる」

最初は、ちょっと面倒です。
でも、その“ひと手間”で見違える文章になる。

“ひと手間”で美味しさが変わる、
『料理(クッキング)』と一緒です。

いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。