田舎のキャバ嬢に…

大山です、

「そんな動機で恥ずかしくないんですか?」

そんな事を言われている気がします。

本当にウソみたいな馬鹿みたいな
話ですが、真実です。

僕は、、、

田舎(宮崎)のキャバ嬢に
モテたいがために、、、

ゴールドカードに申し込みました。

一言でいえば、、見栄晴(みえはる)に
なってしまったのです(笑

そして、、手元に届いた今、
たった2秒の出来事に心踊らせてます。

「え〜ゴールドカード?すご〜い♡」

この一言を聞きたくて
年間3万円ほどを支払う決意をしたのです。

分かってます。
言いたいことは大体想像がつきます。

でも、、それが人間なんです。
それが僕(大山祐矢)なんです。

そんなどうしようもない欲求って
ありませんか(笑

「大山さん、ゴールドカードより
プラチナの方が、、、」

いえいえ、違うんです。
ダイヤモンドのようにキラキラ輝く
ゴールドカードは田舎ではNo.1なのです。

といっても、プラチナをもつには
もっともっと頑張らないと!

でも、、ゴールドカードを持てば、、
プラチナが欲しくなり、、プラチナカードの次は、、

ブラックが欲しくなるのでしょう。

知識欲も同じです。

世界の196ヶ国の国名を知ったら
次はそれぞれの首都名を知りたくなる。

物欲も同じ。

ゴールドカードを手に入れたら
それに相応しい財布が欲しくなる。

財布を買ったら、バックが欲しくなる。
バック→洋服→時計、、、

正直、、キリがありません。

と、、分かっていても
それが欲であり人間の性です。

だから、それを認めることも
大事なんじゃないかなーと思いました。

自分の弱さというか、
見栄っ張りなところやモテたい願望を
認めることは大事なんだと(笑

そんな自分と上手に付き合っていくことが
大人の一歩なのかなと思いました。

完璧な人になりたいけど
完璧な人間なんていないし、
人によって完璧な人間の定義が違うし

ただ、自分とは一生
付き合っていかないといけないし。

自分の弱さや脆さを認めてあげ
そこをナデナデし満足させてあげたりするのが
幸せの一歩なのかも。

これが、ゴールドカードを手にして
気づいたこと。

ということで、田舎のキャバ嬢にモテるため
ゴールドカードを手にした話でした。

大山祐矢

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。