ランサーズ・クラウドワークスで稼げない3つの原因

ランサーズ・クラウドワークスで稼げない3つの原因についてお伝えします。

まず最初に伝えたいのは、
ランサーズ・クラウドワークスを介してはほぼ稼げません。

お小遣い稼ぎにはいいかもしれないが、、
ここから独立・起業を目指すってなると厳しいです。

ゼロからうまくいっても1万から3万ぐらいかな。。
これじゃ生活していけないよね。

ランサーズ・クラウドワークスで稼げない3つの原因

1:とにかく単価が安い
2:ライバルが多く飽和状態
3:質が悪い人も多い

それぞれ一つずつ詳しく説明していきます。

1:とにかく単価が安い!

記事作成→1文字0.25円から0.5円
よくても1円ぐらいでしょう。

もし仮に、1円でとれたとしても天井がみえているってことですね。

最近、僕のコンサル生が案件探しをしたときに、
1記事600円の単価があったといってました。

1記事600円って…これじゃやれないですよ。。

2:ライバルが多く飽和状態

記事ライターとか、ぶっちゃけ誰でもできる。

そして、お願いしたい人もそこまでクオリティを求めていない。
っというか、クオリティの差を理解できていません。

とにかく記事量産すればOKみたいな人が多いんです。

そして子育て中で働きにでれない、
主婦がライバルになります。

つまり、プロやセミプロだけでなくアマチュアレベルの人も
ライバルになってくるので、競争が激しいってこと。

低単価なのに…競争が激しいってやってられません。

2:質が悪い人も多い

粗悪な人も多いので注意してください。

個人でブログ・サイトアフィリをしている人が
依頼をしているので、、そこは要注意です。

依頼者に認められなければ
記事を書いたとしても報酬はもらえません。

お金振り込んでもらえなかったり、、
リサーチで必要になったセミナー代や本代をもらえなかったり、、

そういうことがあるのも覚悟する必要があります。

Web上でのやり取りなので、
こういったことも起こり得るのは仕方ありません。

■クラウドソーシングサービスを使う考え方

クラウドソーシングサービスは、
経験と実績を積むことだけにフォーカスした方がいい。

ライター初心者であれば、
「クライアントさんと仕事をするにもどうやり取りすればいいのか?」
さえも分からないと思います。

お金をもらって仕事やるっていうことは
やったことがないだろうし初めての経験。

そもそも、自分のライティングスキルで大丈夫なのだろうか?
という不安もある。

まずはゼロから1を達成するのはめちゃくちゃ大事だから、
経験や実績を積むことだけにフォーカスする。

そして、必ずやってほしいことは
実績を公開していいかどうか聞くこと。

こういった記事を書いたことあります。
こういった感じで書けます。

と、次のクライアントさん候補に見せられるようになる。

なので、仕事を受ける前に
実績として公開してもいいか?というのを確認した方がいいでしょう。

■クラウドソーシングサービスは掛け持ちが基本

ランサーズ、クラウドワークス以外にも
いくつかあります。

・クラウディア
・ヤフークラウドソーシング
・シュフティ

とかもあるから、それぞれ掛け持ちしてやるのがいいと思います。

そこで、優良企業に当たればラッキーといった感じですね。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ランサーズ・クラウドワークスで稼げない3つの原因

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。