なぜ?成功者は孤独を愛すのか?

成功する人は孤独を愛せる人

小さい頃から、僕らは

『多くの友達を作って仲良く遊びましょう』

という教育を受けてきたと思います。

童謡の一年生になったらの歌詞、

「友達100人できるかな♪」

耳に残っていることでしょう。

でも、成功を目指すのであれば、友達は少ない方がいいです。

大きな成功を収めている人の多くは、

『友達が少ない』

という共通点があります。

友達が少ないと言っても、コミュニケーション能力が
低く友達を作るスキルがないというわけではありません。

多くの人が勘違いしていますが、むしろ成功者は、
『友達が多い人よりも、コミュニケーション能力ははるかに高い』人たちです。

では?なぜ、成功者は友達を作らないのか?

その答えは、シンプル。

より成功するには、孤独になることが
必要不可欠だと理解しているから。

わざわざ表面だけの付き合いの
友達をつくる必要はない。

自分にとって悪となりえる
人と付き合う必要はないと考えています。

自分が使える時間・お金は限られています。
その中で誰に使うべきか?ということをシビアに考えているんです。

人生は一度きりなんてよく言われますが、
そのことを頭だけではなく、理解ある行動として起こしています。

そもそも…成功者とは一握りの世界

成功とは、大多数に属さないことを意味します。

「成功」とは、明らかに「普通」とは
かけ離れたものです。

つまり、これは社会の大多数の集団に
属することを放棄するということ。

逆にいえば、社会の大多数に属しているうちは
成功することはあり得ないのです。

成功する人は、初めから大多数に属することが
成功を遠ざけることを理解しています。

ゆえに、成功者は集団や群れを離れ、孤独を選ぶのです。

孤独は、成功者が共通してもっている資質

あなたは、

・友達の多い貧乏
・友達の少ないお金持ち

あなたはどっちになりたいですか?

大人になったら、合わなくなる友達のために時間を使うのか?
それとも、将来自分が理想とする未来に時間を使うのか?

ここが友達の多い貧乏人と
友達の少ないお金持ちの違いだと言えるでしょう。

今の段階で、毎週同じ仲間と同じ場所で
お酒を飲むことが最高に楽しいのであれば、
それはそれで問題ありません。

ですが、成功を目指すのであれば、
人とは違った行動を取るのは大前提の話。

また、どんな新しい挑戦であっても、
必ず通らなければならない道が『孤独』なのです。

今世界で活躍しているような
トッププレイヤーたちに共通していることがあります。

それは、

『トップにいけばいくほど一人で練習している時間が長い』

同じ世界で戦っていても、その中でトップになる人、
途中で離脱してしまう人がいます。

その中で、トップになる人たちというのは、
基本的に仲間と群れるようなことはせず、
一人で黙々と目標に向かって努力を続けています。

AKB48のセンターである前田敦子さんの話は有名です。

メンバーが練習終わりに遊びに行っても、
自分はその遊びに参加せず、一人で黙々と努力を続けていたようです。

その努力が花開き、後にトップアイドルグループの
センターというポジションを獲得したのです。

孤独は悪ではない

「孤独」というと、ネガティブな印象を持っている人も
いるかもしれません。

人生で成功を収める人は、
孤独が絶対悪ではないと理解しています。

「孤独にはなりたくない…」
「除け者にだけはされたくない…」
「人と同じことをしなければいけない…」

このように考える人は、
孤独が絶対悪だと思ってしまっています。

ですが、孤独は悪ではありません。

成功者は孤独と向き合っています。。
孤独を受け入れ、味方につけているのです。

孤独がメリットとなるか、デメリットとなるかは考え方次第ですが、
成功するために孤独は切っても切り離せない恋人のような関係なのです。

あなたも本気で成功したいなら
孤独になることを選んでみてください。

【YouTube動画】:なぜ?成功者は孤独を愛すのか?

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。