メラビアンの法則とは? 本来の意味は? ビジネスでの活用方法も解説!

あなたは、メラビアンの法則をご存知でしょうか?

メラビアンの法則では、「見た目」などの非言語コミュニケーションの重要性を説明しています。しかし、正確な内容まで知っている人は、意外と少ないのです。

そこでこのページでは、「メラビアンの法則、本来の意味、使うときの注意点、ビジネスでの活用方法」などをお伝えします。

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者「アルバート・メラビアン」が1971年に提唱した概念です。話し手が聞き手に与える影響について研究されました。

具体的には、「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」のうち、情報の影響力の強さを計測しています。結果は、以下のとおりです。

  • 言語情報(Verbal):   7%  = 話し手の言葉そのもの、話の内容
  • 聴覚情報(Vocal) : 38%  = 話し手の声の大きさやトーン、話のスピードやテンポ
  • 視覚情報(Visual): 55%  = 話し手の表情、視線、仕草、態度、身ぶり手ぶり

このことから、メラビアンの法則は、「3Vの法則」や「7・38・55ルール」と呼ばれることもあります。

つまり、メラビアンの法則は、非言語コミュニケーションの重要性を説明しているのです。非言語コミュニケーションとは、「聴覚情報」「視覚情報」を使ったコミュニケーション全般のことを言います。

メラビアンの法則の拡大解釈による誤解とは?

メラビアンの法則から、「視覚情報」の影響力が最も強いことがわかります。そのため、「言葉よりも見た目が重要」と拡大解釈されることもありますが、厳密に言うとこれは間違いです。

メラビアンは、「話の内容」「声のトーン」「表情」が矛盾しているときに、聞き手が何を優先しているかを実験したからです。

具体的な実験方法は、以下のとおりとなります。

  1. 「言語情報」に、「好き」「嫌い」「どちらでもない」がイメージされる言葉を3つ用意。
  2. 「聴覚情報」に、「好き」「嫌い」「どちらでもない」がイメージできる話し方を録音。
  3. 「視覚情報」に、「好き」「嫌い」「どちらでもない」が想像できる表情の顔写真を準備。

これらの3つの情報が矛盾されるときに、被験者はどの情報を優先したかを述べています。結果、「視覚情報」「聴覚情報」「言語情報」の順番で、印象を受けたのです。

しかし、必ずしも「見た目」が重要と言うわけではありません。人によっては、「話の内容」を優先している場合もあるからです。

また、一般的なコミュニケーションでは、この法則が必ずしも当てはまるとは限りません。なぜなら、この法則は、特定の環境下での実験結果であり、日常生活では事情が少し異なるからです。

たとえば、日常生活のメールや電話などでは、言語情報や聴覚情報がメインとなります。そのため、視覚情報がほとんど使えないので、「見た目」を重視することはできません。

コミュニケーションの4つの壁

メラビアンの法則から発展していったコミュニケーションには、4つの壁があります。

  1. 外見 (表情、髪型や服装)
  2. 態度 (立ち方、身ぶり手ぶり)
  3. 話し方 (声の大きさやトーン、話のスピードやテンポ)
  4. 話の内容 (言葉の選び方)

つまり、人が他人を受け入れるまでに、4つの壁があるのです。分かりやすい例をあげると、会社の採用面接が挙げられます。

まず、面接官は、候補者がビジネスにふさわしい外見をしているかを確認するのです。次に、身ぶり手ぶりなどの態度を見ます。そして、候補者が話しているときの声の大きさや自信がありそうなのかをチェックします。最後に、話の内容に意識が向くのです。

「御社のために頑張ります!」

「御社のために頑張ります!」

上の画像からもわかるように、その場にふさわしい外見をしていないと、話の内容は入ってこないのです。

メラビアンの法則を意識すると得られるメリットは?

メラビアンの法則を意識すると、2つのメリットが得られるのです。

1.第一印象を良くすることができる

メラビアンの法則を意識することで、第一印象をよくすることができます。人は、言語情報よりも、聴覚や視覚から相手の印象を得ようとするからです。

特に、ビジネスで初対面の人と会うとき、話の内容だけを考えるのではなく、「大きい声」や「明るい表情」を意識すると好印象になります。

第一印象を良くするためにも、非言語コミュニケーションにも注意しましょう。

2.コミュニケーションが取りやすくなる

メラビアンの法則の非言語コミュニケーションを使うことで、人とのコミュニケーションが取りやすくなります。

なぜなら、言葉そのものだけでなく、表情や声のトーンに注意することで、自分の意見を正確に伝えることができるからです。

たとえば、笑顔で部下に「やる気を出して」と言えば、半分は「冗談」だと思われてしまうでしょう。しかし、真剣な顔で「やる気を出して」と伝えれば、部下は「マズイ、怒られている」と思って本気になるのです。

このように、言葉に合う非言語コミュニケーションを使うことで、自分の考えを正確に伝えることができます。

メラビアンの法則を使うときの注意点とは?

メラビアンの法則を使うときは、「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」を一致させましょう。これらの情報が矛盾していると、自分の考えを人に伝えるのが難しいからです。

たとえば、笑顔の状態で「悲しい」と伝えたら、相手はどのように受け止めるでしょうか? 「悲しい」ともとれますし、表情から「うれしい」ともとれるのです。つまり、どのような感情なのかが、相手は分かりにくいのです。

これが、泣きながら「悲しい」と言えば、確実に「悲しい」感情を相手に伝えることができます。

ビジネスでメラビアンの法則をうまく使うためには?

ビジネスでメラビアンの法則をうまく使うシーンを3つ考えました。

1.対面の営業・セールス

対面で営業・セールスをするときは、非言語コミュニケーションを積極的に取り入れていきましょう。その方が、成約につながりやすいと考えられます。

たとえば、「大きい声」や「明るい表情」を加えるだけで、顧客に良い印象を持ってもらうことができます。いくら正論を話していても、顧客に嫌われていたら成約はしません。

メラビアンの法則を意識して、「自分は、どのような印象を人に与えているか?」も確認するようにしましょう。

2.プレゼンや資料で伝える

プレゼンや資料で内容を伝えるとき、文字だけでなく、画像や写真や表などを多めに使いましょう。文字だけより、格段に内容を伝えやすくなります。

実際、文字ばかりでは、読みたくない人も多いのです。このとき、画像や表などがあれば、とても見やすくなり、内容を見る気にもなります。

このように、プレゼンや資料で伝えるとき、画像や写真や表などを多めにしましょう。

3.長文のメールを送るのではなく、添付ファイルの活用

メールを送るとき、長文になってしまうのであれば、添付ファイルを活用しましょう。

そうでないと、文字ばかりになってしまい、読み手はとてもわかりにくいのです。つまり、メールだけだと、表や画像や写真などの視覚情報をほとんど使えません。

このとき、添付ファイルを使うことで、説明文と一緒に表や画像や写真を送ることができます。

このように、言語情報がメインとなるメールを送るときにも、視覚情報を使うことでわかりやすい内容になります。

まとめ

このページでは、「メラビアンの法則、本来の意味、使うときの注意点、ビジネスでの活用方法」などをお伝えしました。

メラビアンの法則をうまく使うことができれば、コミュニケーションを上手にとれるようになります。特に、非言語コミュニケーションを工夫すると、相手に内容が伝わりやすくなるのです。

一方、言語情報をメインにしても、「セールスコピーライティング」を使えば、文章だけで人に行動してもらうことができます。

当サイトでは、セールスコピーライティングについて、無料でいろいろな情報を提供しています。セールスコピーライティングに興味がある人だけでなく、ビジネスをしている方にも役立つ情報ばかりです。

ページの下をクリックして、メールアドレスを無料登録するだけで、自動的に有益なメールを受け取ることができます。ビジネスでライバルに差をつけたい人は、ぜひ登録をしてみてください。

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。
Powered by メール配信システム オレンジメール

ABOUTこの記事をかいた人

木村隆文

セールスコピーライター、コンテンツライター。システムエンジニアとして、約3年半の会社員経験を経て2016年に独立。大学院のときに得た知識を武器にして、自分の「金融系サイト」を運営する中で、読者の悩みに答えて解決策を提案する面白さに気づく。また、大山さんの電子書籍「セールスコピーライター成功戦略」を読んだことをきっかけに、セールスコピーライターも目指すようになる。現在、大山さんの元でコピーライティングの指導を受け、一流のセールスコピーライターになるよう日々奮闘中。