モデリングとは? 成功への近道は、徹底的にマネすること!

あなたは、心理学のモデリングをご存知でしょうか?

モデリングとは、成功者や憧れている人をマネすることです。モデリングのメリットには、短期間で成功できる点が挙げられます。

一方、モデリングには、デメリットもあります。また、モデリングの効果を得るためには、正しいやり方が必要です。

このページでは、「モデリングの効果、メリット・デメリット、方法」をお伝えします。

モデリングとは? モデリングの効果は?

モデリングとは、成功者や憧れている人をマネすることです。言葉づかいや行動をマネすることで、その人に近づくことができます。

ここで、新しいことや困難なことに挑戦するとき、すでに成功している人をお手本にすると、自分もうまくいきやすいのです。

モデリングを正しく行うことができれば、少ない労力や期間で成功することもできます。

なぜなら、成功者の考え方を知ることができ、言葉づかいや行動も成功者に近づくからです。つまり、成功者の効果的な行動を自分も行うことが可能なのです。

モデリングのメリット

モデリングのメリットは、2つあります。

1. マネすることは、すぐにでもできる

新しい考えを思いつき、未経験のことをやってみるのは難しいです。しかし、誰かのマネでも良いのであれば、すぐにでも行動できるでしょう。なぜなら、やり方がわかり、未知なることの恐怖も少ないからです。

人は、幼少の頃から、親や先生のマネをして成長してきました。そのため、マネをすることは、多くの人ができるのです。

もちろん、効果的にマネをする方法を学習した方が、より効率的に成果を出せるようになります。

2. 短期間で成果を出しやすい

モデリングにより、短期間で成果を出しやすくなります。これは、成功者の行動に近づくからです。

たとえば、営業成績が良い人がいるとします。この人と同じように、見込客にアプローチをしてセールストークをすれば、今までの営業よりも成果が上がるのです。

他の例を挙げると、料理が上手な人がいるとします。この料理人と同じように、食材を選び、下処理をして、調理して盛り付けを行えば、美味しい料理ができるのです。つまり、レシピがあれば、経験が少なくても美味しい料理を作れるでしょう。

もちろん、モデリングでも、すぐに習得できないスキルもあります。しかし、自己流で失敗を重ねて行くより、正しい道を歩けるので、最短距離で成功に近づけるのです。

モデリングのデメリット

モデリングのデメリットは、3つあります。

1. マネすることが難しい分野もある

残念ながら、音楽やスポーツの分野では、モデリングをしてもあまり効果がないでしょう。

なぜなら、「音楽の才能は遺伝が9割、スポーツの才能は遺伝が8割」という研究結果も出ているからです。つまり、モデリングなどの努力をしても、改善できる割合がとても少ないのです。

あなたもすでに気づいていると思いますが、どんなに努力をしても、誰もがオリンピックに出られるわけではありません。同様に、有名な音楽の国際コンクールも、努力だけでは出られないのです。

もちろん、才能で決まる分野でも、努力が必要なことは言うまでもありません。たとえば、プロ野球の「イチロー」選手を才能だけの人だとは思わないでしょう。

しかし、努力をしたプロ野球選手が皆、イチローのようになれるわけでもないのです。つまり、どんなに努力をしても、やはり限界はあります。

このように、遺伝で決まってしまう分野については、モデリングをしてもほとんど効果がないのです。

2. 正しく行わないと、成果が出ない

モデリングは、正しく行わないと、成果が出ないのです。つまり、成功者の全てをマネすれば良いわけではありません。

ここで、成功者の成功している要因を分析して、そこをマネする必要があるのです。そのため、まずは成功要因を見つける必要があります。

逆に、成功要因ではない部分をマネしても、あまり意味がないのです。もしくは、成功から遠ざかってしまうかもしれません。そのため、モデリングする内容を、正しく見極めなければなりません。

このように、モデリングをするときには、成功要因を見つける必要があるのです。

3. 新しい自分にならなければならない

成功するためにモデリングをするとき、新しい自分になる必要もあります。つまり、今までの自分の考えを部分的に変えなければなりません。

たとえば、成功者の多くは、あまりテレビを見ないことをご存知でしょうか? テレビを見る代わりに、仕事をしたり、新しい知識やスキルの習得に励んでいたりする人が多いのです。

しかし、テレビ好きな人に、「成功したいのであれば、今すぐテレビを捨ててください!」と言っても、すぐに聞き入れてはくれないでしょう。

ここで、モデリングでは、今までの価値観や考え方、習慣を変えなければなりません。凝り固まった考えを捨て、新しい自分になる必要もあるのです。

しかし、変化を苦痛に感じることもあります。なぜなら、安定したいと思う人が多く、変化を嫌うからです。このような理由から、「モデリングは難しい」と感じる人もいるのです。

どうやってモデリングをするのか? 具体的なモデリングの方法は?

モデリングをするとき、5つのプロセスがあります。

1. 目標・手に入れたい成果の設定

まず、目標や手に入れたい成果を考えましょう。ゴールが設定されていないと、そこに向かって頑張ろうとは思えないのです。

2. モデリングする人を決定する

次に、モデリングをする人を見つけましょう。可能であれば、頻繁に会える人を選ぶと、観察できる機会が増えてモデリングが行いやすくなります。

3. モデリングをする具体的な内容を選別する

モデリングする人の「どのような所をマネするか?」を決める必要があります。なぜなら、モデリングには、必要な内容とそうでない内容があるからです。

たとえば、ビジネスで成功したいと思った場合、成功者のプライベートや趣味を聞いても、あまり意味がありません。つまり、モデリングする内容を、重要なものといらないものに分けることが大事なのです。

4. 素直に実践する

モデリングする内容が決まったら、素直に実践していきます。

このとき、自己流でやらないことが重要です。もし、自己流でやってしまうと、無意識にズレてしまったり、楽をしてしまったりするので、モデリングの成功確率を下げることになります。

成功者の言うことや行動を素直にマネして、少しずつ実践していくことが成功への近道です。

5. 結果の確認

モデリングをして少し経ったら、成果を確認します。

ここで、ビジネスなどで成果にこだわるのであれば、モデリングをする人からフィードバックを受けるようにしましょう。

その方が、より成果を出しやすくなるのです。なぜなら、お手本となる人から、的確なアドバイスがもらえて、次の課題に向けて努力することができるからです。

あとは、3〜5を繰り返し、モデリングする内容を増やしていき、成功者に近づいていきましょう。

まとめ

このページでは、「モデリングの効果、メリット・デメリット、方法」をお伝えしました。

モデリングを正しく行うことができれば、少ない労力や期間で成功することもできます。正しくモデリングを行って、あなたも憧れの人に近づけるように頑張ってください。

ここで、課題となることですが、モデリングをする人を見つけるのが難しい点です。

特に、ビジネスでは、「誰をお手本にして良いのか?」と悩む人も多いでしょう。

もし、集客や販売について悩みがあるのであれば、当サイトから「セールスコピーライティング」のスキルをモデリングすることをおすすめします。セールスコピーライティングとは、「文章だけで人に行動してもらうスキル」のことです。

このスキルをマスターすることで、集客や売上を伸ばすことが可能になります。

ページの下から、メールアドレスを無料登録するだけで、自動的に有益なメールを受け取ることができます。特に、マーケティングやセールスコピーライティングに興味がある人は、ぜひ登録をしてみてください。

ここで、「メールマガジンを登録する価値があるかどうか?」を迷っているなら、「運営者プロフィール」を一読していただけると幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

木村隆文

セールスコピーライター、コンテンツライター。システムエンジニアとして、約3年半の会社員経験を経て2016年に独立。大学院のときに得た知識を武器にして、自分の「金融系サイト」を運営する中で、読者の悩みに答えて解決策を提案する面白さに気づく。また、大山さんの電子書籍「セールスコピーライター成功戦略」を読んだことをきっかけに、セールスコピーライターも目指すようになる。現在、大山さんの元でコピーライティングの指導を受け、一流のセールスコピーライターになるよう日々奮闘中。