【podcast第1回】自分の為に頑張ると成功しない?

この記事は、podcast音声のポイントを書き起こしたものです。

記念すべき、第1回目のPodcast音声では、

  • 人が生まれ変われる瞬間やキッカケとは?
  • 上手くいく人と上手くいかない人の違い
  • 自分のために頑張っても成功しない?

など興味深い話を聞くことができます。

ビジネス成功脳のすべてPodcast(ポッドキャスト)番組とは?

この番組は、ビジネスの基礎、マインドからリアルでの集客方法、
セールスコピー、マーケティングの技術や方法など集客・売上アップに役立つ情報をお伝えしています。

そして、、一人では、寂しいので、、、(笑
インタビュアーの江藤くんと一緒にお伝えしていきます。

大山祐矢(おおやま ゆうや)とは?

大山 祐矢(おおやま ゆうや)1983年生まれ 宮崎県出身

ビジネスとは無縁だったが、28歳の時に初めて起業する

現在は、マーケッター、セールスコピーライターでクライアントの売上・集客アップの活動をメインにしながら講師としてセミナーを開催したりなどセールスコピーライターの養成にも力を入れています。

<これまでの実績>

・6日でセミナーへ30名集客しバンクエンド販売で180万の売上を達成
・5万円のセミナーに定員50名集客し250万円の売上を達成
・たった10通のDMを送り400万円の売上を達成(クライアント実績)

・書籍販売をプロデュースしAmazonランキング1位獲得(クライアント実績)
・プロジェクトマネージャーとしてプロモーションしたビジネススクールで1億6000万の売上を記録
・コンサル生にわずか4ヶ月で前金50万円売上20%の契約を獲得させる

 

インタビュアーの江藤くんとは?何者?

江藤 裕太(えとう ゆうた)1993年生まれ 大山と同じ宮崎県出身

最終学歴は、高校中退。15歳から社会人として働く。

初めは、料理人を目指し、和食の見習いとして働いたが拘束時間が長く、低賃金で自分には合わないと思いやめる。その後は、営業、派遣業、某引っ越し屋、パチンコ店員など様々な職に就くがなかなか続かず、転々とする。

「一生、上司からガミガミ言われるのか・・」
「将来を考えても経済面に関しては不安しかない・・」
「ましてや学歴がない・・」と考えた結果、

自分で何かビジネスをするしかないと思うようになり、、20歳時には、インターネットビジネス(アフィリエイト)やネットワークビジネスを試してみたが、結果が出ず。。

「自分で何かしたい」と思いながらも「何をしたらいいのか?」

わからないまま日々を過ごす。そんなある日、僕(大山)と出会う。

現在は、僕からセールスコピーライティングのスキルを使った集客・売上アップの仕方、マーケティングについて学びながら、独立を目指している。

僕と江藤くんの出会いは、、、

約4年前になります。

同じ宮崎出身ということもあり、出会いは職場です。その職場はパチンコ屋ですが、一緒に働いていました。出会った当時、僕は他の人とほとんど喋らずに休憩時間も無言で本を読んでいました。

みんなからも好かれていて優秀社員でした。

そんな僕をみて素直に「すごいな」と思うと当時に「他の人と何か違うな」と思ったそうです。

120万円のセミナーに投資する。

そんなある日、僕は120万のセミナーに行きました。

江藤くんは、それを聞いた時は「120万のセミナーに行くとか正気かよ!?」と思ったそうです。ですが、、僕はそのセミナーから帰ってきた数日後に職場を辞めたのです。自分でビジネスをするために。

それからは、江藤くんは「僕が何をしているのか?」と気になったみたいで常にフェイスブックで僕の投稿をチェックしてくれていました。

同郷ということもあり、、、

僕が自分でビジネスをしてからというもの、たった2ヶ月で月収がサラリーマン時代の数倍になったのを聞いて、江藤くんは、口だけで行動は何もしていないのを痛感したそうです。

ここは、僕に聞くしかないと思ってくれたみたいで、連絡をとり、江藤くんが当時の現状を話し「自分も何かビジネスがしたい」という意志を伝えてきました。

同じ宮崎県民、そして同じ職場で働いていたというところもあり、「歳は違えど、頑張ってほしいな」という想いも強く、、
そこから、ちょくちょく連絡を取るようになりました。

そして、、、いつしか江藤くんも僕を追う形で上京してきました。そんな二人でPodcastをお伝えしていきます。

堅苦しくない番組を目指しています

この番組は、堅苦しくなくゆる~くお伝えしています。

ビジネスだから真面目でいった方が良いのも、理解しています。

でも、1番は僕らが楽しみながら伝えることを大切にしています。そうでなければ、聞いてくださるリスナーの方々も楽しめないと思うからです。

少し、、、「ぷっと笑え、親しみももってもらえる」そんな番組を目指しています。楽しみながら、いつのまにか本質的で大切な考え方などを学んでいただけたら嬉しいです。

貧乏父さんにだけはなりたくない!

28歳までは、「いつか独立したい」と口だけの男で行動と一致してなく本当にダラダラ過ごしていて女・酒・ギャンブルに溺れていた生活をしていました。

その中で、このままではいけない!そう強く感じた出来事とは、結婚をして子供が産まれたこと。

それまでは、自分がやりたいことをしてやりたいことにお金を使っていたが、子供が産まれたことで自分だけの人生ではなくなったのです。

子供の人生も考えないといけないという考えに変われました。

今まではマンガだけで文字だらけの本を読んだことがなかったが、たまたま入った本屋さんでロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん・貧乏父さん」を目にします。

この「父さん」というワードが当時の自分と被り、、、いつの間にか購入していました。このままでは自分は貧乏父さんだ。。。

そんな危機感もあり、、ビジネスにチャレンジする決意ができたのです。

コンプレックス=成功へのキッカケ

そもそも僕は、コンプレックスの塊でした。中卒で学歴がない・・家が裕福でもない・・パチンコ屋、工場などで働いていて自分の突出したスキルがない・・

しかしそのコンプレックスが子供が産まれたのとキッカケにパチっと弾け「絶対に人生を変えてやる!」というやる気スイッチが入ったのではないかと思っています。

世の中には多くの人が自発的に何か行動を起こしたり、成功をしようという気になりません。そう思っていても本気で行動したり考えている人は一握りです。

僕もそのような感じで28歳まで生きてきました。

「いつかは成功してやる!」そう心の奥に秘める思いはありながらも、、、目の前の道楽に流されていたのです。

  • 友達との飲み会(合コン)
  • テレビ・ドラマ・ゲーム、、、
  • 1時間で数万円稼ぐことができるパチンコ

このような誘惑に勝つことができず、、、、、娯楽にばかり時間とお金を使っていたのです。

多くの人もこの誘惑に勝つことができず、、成功したい!人生を変えたい!そう頭でも思えてもなかなか勝つことができません。

自分のために頑張るのではなく、、、大切な人のために。

そんな僕の経験からいうと、自分のために頑張るのではなく、彼女、親、友達など人のために頑張る。僕の場合だと「子供のために」。それがスイッチが切り替わる大きなキッカケになると思っています。

人間誰しも自分が1番可愛いもんです。自分を甘やかす生き物なんです。

自発的に節制し自分で自分を律することができれば良いのですが、、なかなか難しいです。

自分の欲求というよりも、誰かのために頑張ることで行動へのスイッチを押すことができます。

僕は、、

「子供からカッコいいパパと尊敬されたい!」「子供がやりたいことをさせてあげたい!」そんな想いがあり挑戦への道を歩むことができました。

まとめ

初回Podcastでは、僕と江藤くんのストーリーを話してしまってあまり役立つ情報をお伝えできなかったかもしれません。

次回からは、売上・集客アップにダイレクトにつながる情報をお伝えしていきます。ぜひ、今後も聞いていただけたらと思います。

「これが聞きたい」「この部分がちょっとわからない」などあれば、メールで送っていただけたらそれを題材にしてトークしていきます。

僕らの良いところは、カッコつけずにありのままでお伝えしていくところです。僕らは、中卒で何もなかったところからのスタートです。「そんな状況からでも這い上がれる、上手くいくんだよ」ということも伝えていければなと思います。

ビジネスをしている人だけでなく、これから何かを始める人も同じ状況の人にも勇気をそして良い影響を与えられたらなと願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。