【podcast第2回】やりたいことが見つからない時の考え方


この記事は、Podcast「ビジネス成功脳のすべて」の第2回目を書き起こしたものです。今回も江藤くんと一緒にお伝えしていきます。

第2回目のテーマは?

「独立したい!」「自分で何かしたい!」と思っている人はたくさんいると思います。

しかし、、

  • やりたいことが見つからない、、、
  • そもそも、、何をすればよいかわからない、、
  • 自分は何ができるのか?

と悩んでいる人もいます。

今回は、そのような人のために「どうしたら見つけられるのか?」2回目は、このテーマについてお話しします。

やっぱり、、、江藤くん、アガってます

対談というか、音声収録もそうですし初めてなので江藤くんは、2回目でも緊張しています(笑江藤くんの成長も見守れる番組としてそれも楽しみながら聞いてもらえたらと思います。

あと何回かしたらすごく流暢(りゅうちょう)になっているかもしれません(笑

やりたいことをやっても成功できない?

僕の経験・考えからしかアドバイスできないのですが、、「やりたいことを探そうとしても見つからない」と思います。つまり、、「やりたいことをやっても成功できない」ということ。

もちろん、、やりたいことをやって好きで稼いでいる人もいますが、僕はそれでうまくいかなかったタチなんです。

どちらかと言うと、やりたくないことをやったからこそ上手くいったのです。

時代の流れでマーケット(市場)の流行り、廃りはあります。これらと関係はあると思いますが、

僕は基本的にやりたくないことをやったほうが良いと思います。

僕が昔やりたかったこと

「大山さん、、やりたくないことって、例えばどんなことですか?」そもそも、僕は自分でビジネスを始める前にやりたいことが2つ程ありました。

1つ目は、料理人として独立し自分のお店を出すこと。もう一つは、バリスタ。

ワインのスペシャリストは、「ソムリエ」。コーヒーのスペシャリストが「バリスタ」です。ちなみに江藤くんはバリスタを知らず、、、(苦笑

以前の僕は、この2つを目指していました。

しかし、志半ばでやめてしまいました。、、と言うよりも嫌なことがあったらそこからすぐに逃げていたのです。

すべてに人のせいにしていた時代、、、、

僕自身、昔から嫌なことから逃げるのがもの凄く得意で、

「親がこうだったから自分の人生はうまくいかない。」
「親がお金持ちじゃなかったから・・」
「上司がこんなだから自分はダメなんだ・・」

と何か嫌なことがあるとすぐに人のせいにしていました。同じように、人のせいにする人はたくさんいます。

人のせいにする人は実際、昔の僕と同じで嫌なことから逃げているだけです。

やりたいことをしてても何も変わらない

僕は昔、、、マンガを読んだり、ポテトチップスを食べながら映画を見たり、みんなでワイワイ楽しんで飲んだり、やりたいことばっかりしていました。

しかし、、このような、やりたいことばかりしていても何も変わりません。

もちろん、何か技術的なことを身につけるとかでやりたいことがある人は、また別の話かもしれません。やはり、、やりたくないことをやって、やっと成果が出ると言うか自分の成長につながる。

まずは、いろんなことをやってみることが大事。

まずは小さなことから

しかし、、何事にも段階があります。

例えば、いきなり100万稼ぐと言うのは無理がありますよね。

そもそも、お金を自分で稼ぐこと(0から1)が一番高いハードルなのです。僕も0から1、1から2というように段階を踏んでちょっとずつ成長していったという感じです。

最初に行動に移したのは、読書。それは僕が1番やりたくなかったことだったから。

「成功者はよく読書をする」と聞いた方も多いですよね。僕は、マンガ以外の本を読んだことがなかったので、どちらかというと読書をすることをバカにしていた方です。

学生時代、本を読んでいる人を見ると「もういいよ。本なんか読まなくて。」みたいな感じで。

そんな僕は、今ではかなりの冊数の本を読んでいますが、、(笑

成功を目指す人がぶち当たる最初の壁

なんでもそうですが、やりたいことをしようとしてもやりたくないことがいろいろあります。

僕の場合だと、「調理師」を目指している時に本当だったら、段階を踏んで最初は皿洗いから仕込みをする。

でも、、皿洗いとか仕込みはやりたくないですよね。お寿司屋さんを目指していたら早く寿司を握りたいと思うはずです。人は、「最短で早く欲しいものを手に入れたい」と思っています。こう思うのは、当たり前なのです。

しかし、やりたくないことは、必ず出てくるものです。

その中でもやりたいことじゃないこともやらないといけないことがたくさんあります。

僕の経験から言えるのは、やりたいことよりも、やらないといけないことの方が多いということ。

映画のようなシンデレラストーリー、、、なんてもんは無い!

「やりたいことが見つからない。といっている時点で何かを手にすることは難しいんじゃないかな?」というのが僕の考えです。

やりたいことをやって、うまくいっている人は少なすぎます。

ドラマや映画のようなシンデレラストーリーのように感じる人もいると思いますが、やりたいことだけやっていても上手くいかないものです。

やりたくないことも率先してすること。

そうゆうスタンスで行動すること。

この2つのマインドを持つことが大事です。

結果を手にする“秘訣”

そもそも、「やりたいことが見つからない」と言っている人ほど何もやっていない場合が多いと感じます。

食べてみたら美味しかったというようなことと同じように、やってみたら楽しくて仕方がなかったということもあります。表面だけの情報で判断している人が多過ぎです。

この情報社会で情報過多になっているのもありますが、その中でも「これだったらいいかな」というのがあると思います。

それらをピックアップして、まずはやってみることが大事です。

「やりたくないこともやらないといけない」ということも覚えていて欲しいです。

これが、結果を手にする秘訣なのかなと思います。

本日のまとめ

まとめると、「やる前から決めずにいろいろやる」。

僕は、やりたくないこともやってきて上手くいったタチなので、これしか言えないのですが(笑

余談ですが、僕は、江藤くんの誕生日に「成功の9ステップ」というプレゼントしました。江藤くんも読書が嫌いだったらしいですが、本を読むことによって新しい知識を得られ、勉強になったそうです。

さらに、読書のおかげでやりたいことを見つけることが出来たみたいです。多くの人は、嫌なこと・やりたくないことから何かしらの言い訳を作って逃げてると思います。

最初は難しいかもしれませんが、言い訳をするのではなく、行動することにフォーカスして頑張って欲しいと思います。つまり、、「やりたくないこともやるべき」なのです。ぜひ、音声でも聞いてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。