商売の法則

大山です、

ブラジルのリオデジャネイロ
→サルバドール(飛行機2H)→
レンソイス(バス7時間)

という経路で、
ブラジルのレンソイス
に来ています。

とにかく、、“田舎”です。

さっき、、、
トイレにいこうとしたら
蜘蛛と「こんにちは」って目が
合いました(笑

ホテルにも虫がいます。

街中にハエがたくさんいて、
飲食店を侵食しています。

個人的に、、虫嫌いなので
ちょっと苦手でビクビクしています。

とにかく、虫除けスプレーを
体中に塗りたくって乗り切ります。

レンソイスには6泊ほどし、
ブラジル最後の秘境と言われる、、

シャパーダ・ジアマンチーナ国立公園
の大自然を満喫してきます。

まだ日本では知られていない
秘境スポットのようです:
https://tg.tripadvisor.jp/news/advice/chapada-diamantina/

その後、イグアスの滝をみて、
サンパウロに上陸予定です。

っというか、、、
めちゃくちゃ田舎なので、
wifiが亀のように遅いです。。。

正直、、仕事になりません。。。
(まぁ、、仕方ないですが、、)

イグアスに移動するまでの
辛抱ですね。。。

さて、、今日は、

『とにかく目立てっ!』

っという話をしたいと思います。

もちろん、中には、、

「あまり目立ちたくない…」
「そんなキャラじゃありません…」
「他人からの批判が怖い…、、、」

など、思う方もいるでしょう。

そういった方もいることは承知で、
僕も重々理解しています。

それでも、、、
とても大事な考え方なので、、
お伝えしたい。

読み終わったころには、
上手くいく人と、そうでない人の
“大きな違い”を見つけることが
できるでしょう。

それでは、、いきましょう。

=================
出過ぎた杭は売れる
=================

そう考えていたら、
何もできません。。。

っというか、ライバルと同じような
ことをしていても⼤きく
儲けることはできません。

そうはいっても、

「⽬⽴つだけで売り上げを
上げることができれば、誰も苦労しませんよ」

という声が聞こえてきそうです。

しかし残念なことは、、、
商売の現場では、⽬⽴った会社から
儲かっていきます。

これは、、

『商売の法則』といってもいいでしょう。

なぜなら、、、、

たくさんの見込み客に
認知されるからです。

簡単なことですが、
目立てば、たくさんの人達に知られ
売上が上がります。

なので、多くの企業は
多額の広告費に投資し続け、、
認知力を高めようとするのです。

結果、、儲かるから、
お金をかけれるってわけです。

ここまでは、普通の話で
誰もが理解できていることでしょう。

本当に大事にして欲しいのは
ここからです。

見込み客は⽬⽴つ人(企業)にエネルギ
ーを感じます。

⽬⽴つ人(企業)というのは、
はたから⾒ていてもパワフルな印象を
受けるのです。

元気な人(企業)と、
そうでない人(企業)のどちらに、
⼈は惹かれるかと⾔えば、

元気のある人(企業)に決まっています。

⽬⽴てば儲かるのに、
多くの会社は⽬⽴つことが
できていません。

なぜかというと、、

「⽬⽴とうとする⼈間は能がない」

という⽬で⾒られるからです。

⾺⿅を演じたくないという
気持ちが動き、⾏動に移せなく
なってしまっています。

もちろん、、⾃信がない
ということもあるでしょう。

⽬⽴っても、それで終わってしまうとか、
業績アップにつなげていく⾃信もなく、

「笑われてお終いだろう…」

と、、、考えてしまうのです。

⽬⽴つ会社が、なぜなんの迷いもなく
⽬⽴っているかといえば、、、、

ビジョンをしっかりもっているからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

たとえば、⽬⽴つことで
お客を集め、次になにを提案するのか
決めています。

どんなセールスを
かけるのか決まっています。

成約に⾄らなかったお客を
どうフォローするのかも決まっています。

つまり、⽬⽴つということは、
成約までのプロセスの⼀つに過ぎないのです。

ここ、、大事なので、
もう一度いいます。

============================
目立つということは、
成約までのプロセスの一つに過ぎない
============================

だから、、、、

社⻑が着ぐるみを
着てマスコミに出たり、、、

社員がサンタクロースになって
お客の家をめぐったり、、、、

会社の壁をピンクや
オレンジにすることができるのです。

メリットがなければ誰もやりません。

彼らは、⽬⽴つだけで売り上げが
上がることを知っているからこそ、
平気で実践できるのです。

今すぐ、あたなにふさわしい
⽬⽴ち⽅を考えてみてください。

なんでも構いません。
とにかく目立てば儲かるという
意識を働かせ、チャレンジする
気持ちが大事です。

いつもありがとうございます。
また、メールしますね。

大山祐矢
(ブラジル・レンソイスのホテルより)

追伸1:

何かメッセージがあれば
些細なことでも、遠慮なく届けてください。

あなたからのメッセージは
僕の喜びの一つです。

大山直通アドレス:
info@sales-copywriting.com

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。