会社を潰さない3つのこと

大山です、

会社を潰さないために
やるべき3つのこと

これを理解できている人は
強いです。

僕も常にこのことを
考えながら毎日を過ごしています。

とはいっても、多くの人は、

1日24時間と限られた時間を
何にどう使うのか?

「今日は何をやる?」

と考えから始まり、、

「どう優先順位をつければいい?」

など、、やるべきことは
分かっていてもなかなか手が進まなかったり、、

時間だけが刻一刻と過ぎ去っていく…。

こんなこと、しょっちゅう
あると思います。

僕も昔は同じように
悩み苦しんでいました。

「あれ、、もうこんな時間??
ってか今日なんもできてないじゃん。。」

などね。

でも、今日伝える

『会社を潰さないために
やるべき3つのこと』

を理解すると、
そんな悩みから開放されるでしょう。

それでは、いきます。

会社を潰さないために
やるべき3つのこと。

1:見込み客を集める
2:セールス(販売)
3:商品・サービス構築

これだけです。

めっちゃシンプルで
拍子抜けしたかもしれません。

でも、結局、、やっていることを
分解してみるとこの3つになります。

もっと馴染みのある言葉に
置き換えると『集客』です。

わかりやすく、
コンビニで例えると、

1:見込み客を集める
→チラシ制作やキャンペーン告知

2:セールス(販売)
→レジでのお声がけ

3:商品・サービス構築
→商品陳列や仕入れ

この中で最も優先すべきことは
事業規模によって変わりますが、、

概ね、1の見込み客獲得です。

割合で示すと、、

1:⾒込み客を集める→70%
2:セールス(販売)→20%
3:商品・サービス構築→10%

つまり、⾒込み客を獲得する事が
会社にとって最も⼤切かつ必要なこと。

当たり前ですが、

⾒込み客がいなかったら、
セールス出来ない、商品も売れません。

ビジネスを継続できない
=会社が潰れてしまう。

ってわけです。

僕はこれを理解しているので
見込み客集めを、

もっとも優先度の高い
タスクとしてやるようにしています。

クライアントさんのメール作成よりも
コンサル生への返信よりも、、。
(こんなこといったら怒られますが…)

僕でいう、見込み客集めとは
メールアドレスを登録してもらうこと。

・YouTube
・ブログ・サイト構築
・電子書籍

などを利用しメールアドレスを
残してもらう、すべての活動になります。

ちなみに今日は、
いの一番に、、

ブログ投稿と、
YouTube動画の撮影を
3本終わらせました。

そこから、

コンサル生(クライアントさん)への返信
YouTubeサムネイル制作
YouTube動画のアップ設定
メルマガ執筆

などをし、日が落ちるに連れ、
読書やリサーチに流れていきます。

リサーチ後に、明日撮影する
YouTube動画の台本作成をして
寝るって感じです。

(最近はこんなスケジュールですね)

セールスと商品・サービス構築には
ほぼ時間を費やしていません。

ちょこちょこやってはいますが、
ほとんど費やす時間は見込み客集めです。

1:⾒込み客を集める→70%
2:セールス(販売)→20%
3:商品・サービス構築→10%

この割合での時間の使い方を
覚えておくと、自然とビジネスが
回り始めます。

あなたは見込み客を集めるために
日々どういった活動を行いますか?

ぜひ、洗い出してみてください。

それでは、本日はこのへんで!
いつもありがとうございます!

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

会社を潰さない3つのこと

追伸:

アイスを食べたら、、
当たりがでたんですけど、、

思わず、、、

「おおーっ!当たりだー!」

と唸ってしまいました(笑

36歳になっても
当たりは嬉しいもんです。

たとえ、10点だったとしてもね。

110点でアイス1本と
交換だから道のりは長い!

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。