タイタニック号の沈没で…生き抜いた人

大山です、

「タイタニック号は沈没した」

誰もが知っている
事実ですよね?

タイタニック号は、
20世紀初頭に造られた
豪華客船。

1912年に、
タイタニック号の
初めての航海に出ました。

しかし、、、

航海の4日目、
北大西洋上で
氷山に接触し、、

2時間40分後に沈没。

約1500人が亡くなるという、
当時最大の海難事故を
起こしました。

それを舞台とした
映画が大ヒットし、

多くの人が知る
事実となったんですね。

でも、、、

その当時は、
「タイタニックは沈まない」と
誰もが信じていました。

実際に、
タイタニック号が氷山に
ぶつかった際にも、

甲板では乗客たちが
氷のかけらでサッカーを
楽しんでいたそうです。

しかし、、、

そんな信頼も虚しく
タイタニック号は
沈んでいきます。

でも、、、

タイタニック号の沈没により、
多くの死者がでましたが、、

中には
生き残った人もいます。

その生死を分けたのは
一体なんだったのでしょうか?

実は、、、

生き残った人たちは、
いち早く救命ボートに乗って
脱出した人たちです。

多くの人が
「タイタニック号は沈むはずない」
と信じてやまないなかで、、、

危険を察知し、
救命ボートに乗り込んだのです。

生き残った人が
書き記した手紙によると、、、

救命ボートの席は半分しか
埋まっていなかったそうです。

実は、、、

これに似たことが
僕たちの非常に身近に
あります。

なんだか分かりますか?

「うちは大企業だから絶対に潰れない」

ということです。

日本が右肩上がりに
成長して、、

終身雇用制度が
当たり前だった時代は
そうかもしれません。

しかし今は、、、

「自分のところは安心」
なんて、たかをくくっていられない
時代になっています。

大規模なリストラに遭うことも、、
会社自体が倒産することも、、

十分可能性として
あり得ることなんです。

あなたが安心して
勤務している会社は、、、

もしかするとタイタニック号に
なり得るかもしれないのです。。。

暗い話ばかりして
すみません(汗

では、、
どうすればよいのでしょうか?

思い出してください。
タイタニック号から
生きて帰った人たちを。

いち早く危険を察知して
救命ボートに乗り込んでいます。

「じゃあ会社を辞めよう!」
という話ではありません。

自分自身で、、

“救命ボート”となるものを
用意しておくべきです。

つまり、どういうことか?

==================
会社に依存せずに
副収入を得る
==================

ということ。

会社とは別に
収入源を持つ。

複数の収入源
という意味で、、

“マルチインカム”とも
呼ばれていますね。

それを確立していると、、

いざという時に
動きやすくなるし、、

心の余裕も違います。

それが、あなたの
“救命ボート”となります。

もちろん、
会社が潰れなければ、

単純に会社員の年収に、
プラスされるだけ。

それはそれで
万々歳ですよね。

「将来の年金が心配だ!」
なんて慌てなくても良いんです。

今は大手企業でも、、

次々と副業を認めだし、
世間では大きな副業ブームです。

・クラウドソーシング
・アフィリエイト
・YouTuber
・LINEスタンプ
・スマホアプリの開発

などなど、、、

副業のやり方なんて
いくらでも存在します。

あなたが、

=========================
名前・顔出しせずに、、
会社や友達・家族にもバレず、
コツコツ収入を積み上げられる
【次世代】の副業
==========================

に、少しでも興味があるなら、
こちらがおすすめです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://k2-rise.com/lp/30908/1022126

さぁ、あなたは、、、

タイタニック号を
信じ続けますか?

それとも、、、

いざという時の
救命ボートを持っておきますか?

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡:自宅兼オフィスより)

追伸:

僕がお伝えしている
セールスコピーライティングの
スキルも、、

もちろん副業に
活用することができます。

セールスコピーライターは、
需要(求めている企業)は多いですが、
ライバルが少ないです。

また、売上に直結する
スキルであるため、

報酬もかなり良いです。

セールスコピーライティングの
スキルを身につければ、

副業では止まらないほどの
金銭的自由を手に入れられます。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。