テクニックVSマインド

大山です、

今日は、セールスコピーのご質問でもっとも多かった
悩みについてお答えします。

一番多かった悩みは、

============================
お客さんに突き刺さる文章の書き方
============================

が解りません。

ということです。

お客さんに突き刺さる文章が書けたら
とてもいいと思います。

ファンが確実に増え、
商品やサービスにお申込をしてくれます。

ここの所ずっと

「突き刺さる文章とは?」

と自問自答していました。

…、、、

「すみません。
力不足なのかもしれません。」

一言で解決できるような
テクニックはさっぱり解りません。

というか、
そんなモノはないんじゃないかと
思ってもいます。

ですが、突き刺さる文章を
書けるようになるマインドならお伝えできます。

ですので、悩んでいた方は
安心すると同時に目を見開き

一語一句見逃さないよう
真剣に聞いて欲しいです。

“突き刺さる文章を
書けるようになるマインド”

とは、

===========================
読み手の気持ちを考える
===========================

たったこれだけです。

「相手の気持ちを考えてごらん。」

と親や先生に言われたことが
一度はあると思います。

●相手はどんな気持ちになるかな?
●相手はどんなことを思っているかな?
●相手がされて嫌なことはなにかな?

これを考えに考え抜いていくのです。

「話」だったらスムーズに
できる方はとても多いのですが、、

これが文字になるだけで、不思議ですが
自分勝手な文章になってしまいます。

「なぜ自分勝手な文章になるのか?」

僕の見解ですが、
メールや手紙は元々は自分の気持ちを
伝えるツールとしてスタートしています。

ラブレターや感謝の手紙
仕事の報告などです。

これらは、自分の意見を伝えることが
当たり前になっているのです。

ですので、
自分勝手な文章になってしまうのです。

普通のことなので気にしないでください。

「ですが、大山さん、
読み手の気持ちを考えただけで
心に突き刺さるとは思いません。」

===========================
なぜ?読み手の気持ちを考えると
相手の心に突き刺さるのか?
===========================

この疑問を解消していきます。

とても簡単です。

“人は理解されたい生き物”

だからです。

男性は話し上手より、
聞き上手が女性にはモテます。

女性は自分の思っている事を理解されたら
心にハートの矢が突き刺さるからです。

「そうなんだ、、大変だったね。」

というように、相づちだけでなく
ちゃんと気持ちを考え返答してあげる。

これをすると女性が
キュンキュンしてくれます。

ちなみに僕はどちらかというと
話し上手なので、モテません(笑

もちろん女性だけでなく、
男性にも心に突き刺せます。

相手の意見に賛同すると
守ってやりたいと仲間意識が生まれるのです。

“人は理解されたい生き物”

なのです。

============================
読み手の気持ちを考える
============================

まずはこれを念頭におき
文章を書いてみて下さい。

心に突き刺さる文章が書けるようになります。

何か気付いた事などあったら僕に
メッセージしてくれたら嬉しいです。

問い合わせ先:
info@sales-copywriting.com

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

セールスコピーライター
大山祐矢

追伸:

数年前に購入したTシャツを着たら
絶句しました。





そして5秒後に1人で鏡の前で
大爆笑していたのです。

自分でも信じられない大山の実態:
http://sales-copywriting.com/wp-content/uploads/2017/01/daruma.jpg

※保存だけは勘弁してください、、。

ということで、
ダイエット始めました!

痩せたら、
“イケてる大山”を別人のように
大々的に紹介します。

楽しみにしていて下さい^^

ここで宣言しないと
頑張れませんから(泣

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。