浮気されてますよ

大山です、

「あなたの奥さん(彼女)が浮気していますよ。」

いきなり誰かから
こんなことを言われたらどうですか?

「なにを言っているんだ!お前は、、?
うちの嫁がそんなことするはずないだろう?」

と言ってしまうかもしれません。

急に言われたらびっくりしますし
感情が乱されるのでイラッとしますよね。

僕も同じように言われたらそうなります。
ですが、それと同時に、、、

「まさか、、、本当なのか?」

と心配になってしまいます。

でも、、心配にはなるけど
100%信じることはできません。

嫁を信じたい気持ちと不安が入り混じり
なんとも言えない感情に陥るでしょう。

では、言葉だけではなく、
浮気相手(男)と一緒にラブホテルに入る
写真を見せられたらどうですか?

よくある週刊誌のスクープのように
男の人と一緒にラブホテルに入っていく写真です。

その写真を見た瞬間、、
黒(クロ)が確定しますよね。

信じたくないが信じざる得ない状況になるのです。

分かりやすい極端な例を用いたのですが、

===================================
人は、圧倒的な証拠やデータがあると
信じるしか道がなくなる
===================================

のです。

前回のメールでは読み手は100%信じないという
ことについてお伝えしました。

信じてもらえないという壁を超える為に
圧倒的な証拠とデータを用いるのです。

信じてもらうためのテクニックは
他にもあるのですが、圧倒的な証拠とデータが
1番効果を発揮します。

例えば、

3ヶ月で10キロ痩せました!という文言の後に
ビフォーアフターの写真がある方がいいですよね。

同じ背景で同じ水着?で正面と横からとっている
写真があると、妙に納得してしまいます。

そして、大学で検証されているデータなど
あればなお良いと思います。

また、お客様の声も圧倒的な証拠になります。

Amazonなどネット通販をする時に
お客様の声を確認したことはありませんか?

Amazonの本ならレビューを見たり
5段階評価の星を確認したりするはずです。

「他人が評価しているなら大丈夫かな」

と思い、購入を決断することもあるのです。

このように、信じてもらうためには、

・圧倒的な証拠とデータを用いる
・お客様の声を載せる

などがあるのですが、これらを一言でいうと、

=============================
読み手が感じる疑問を先に潰す
=============================

これに尽きるのです。

自分が伝えたいことではなく
読み手の目線に立つことが重要なのです。

そうすることで、読み手が感じる疑問を
見つけることができ、、
その疑問を解決する為にどうすればよいか?

というアイデアが浮かびます。

今あるテクニックはすべて先人たちが
「どうしたら信じてくれるだろう?」
と考えに考えた答えなのです。

小手先のテクニックよりも
本質を考えライティングすることが重要です。

あなたが伝えたいことではなく
読み手が感じる疑問に答えていく。

そうすることで多くの人が
信じてくれるようになります。

相手への思いやりを持てる人が
多くの人に愛されているのと同じなのです。

いつも最後までお読み頂き
ありがとうございます。

セールスコピーライター
大山祐矢

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。