YouTubeから一撃1320万マネタイズできた極意とは?

大山です、

今日は、がっつり
ビジネスの話をします。

僕ね、9月ぐらいに、

エンタメ系YouTubeチャンネルの
マネタイズを任してもらいました。

今年はじめて、
すでにチャンネル登録者は4万人。

10ヶ月で、グーンっと急成長した
新進気鋭のYouTubeチャンネルです。

そこで、

「リストマーケティングをやりたい!」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということで、お話を頂いたんです。

(YouTubeからの
アドセンス収入だけでは、、、

もったいなさすぎるので、
めちゃくちゃ賢い選択です)

そこから、メルマガリストに
落とし込み、

プロジェクトスタート前には
700名ぐらいが登録してくれました。

「チャンネル登録者4万人もいて、、
たった700名ですか?」

そう思われるかもしれませんが、
入り口がエンタメ系なので、
教育系に急に振るのは超難しいです。

これまで応援してくれた方も
離れて行く可能性があるので慎重にやるべき。

暇つぶしにみている人が
多いチャンネルなので、
お客さんの層が違うんです。

それでも、700名もいれば十分!
戦いの土俵が整いました。

ってことで、
お手伝いさせていただいた結果…

一撃で1320万円の売上
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

を達成できました!
(自分でもびっくり、、^^;)

この結果はすべて、これまでの
クライアントさんの努力の賜物。
(僕はちょっと隠し味をいれただけ…)

それでも、エンタメ系の
YouTubeからマネタイズできたこと。

これが、いちマーケッター、
セールスコピーライターとして
自信になりました^^

クライアントさんも、
僕を120%信じてくれる方で
気持ちよくお仕事もできました♪

「んで、、大山さん、
いくら報酬もらったんですか?」

という下世話な話は置いといて、

ここから、

「なぜ?このプロジェクトは
こんなに上手くいったのだろうか?」

ということを
深ーく深ーくって考えて
でた答えを明かしていきます。

めちゃくちゃ重要な話
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
なので最後まで読んでくださいね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

その前に、、

失敗した原因を探る
ってのはみんなするけど、、

上手くいった要因を探るのは
みんなやらないですよね。

単純に同じことを
やればいいだろう。と思って終わり。

これはちょっといただけない。

有頂天になるのは
わかるけど、しっかり探らなきゃ。

っと、、、
話が少し逸れたんですけど、、

なぜ?エンタメ系YouTubeから
一撃1320万も売上げられたのか?

それは、、

========================
■お客さんの気持ちが
手に取るように理解できたから
========================

願望・悩み・不安のすべてが
パズルのようにカチッとはまったんです。

「なぜ?そんなに見込み客の
気持ちを理解できたんですか?」

それは、、、

クライアントさんの立ち位置も
はっきり見えていたから。

YouTubeで、
マネタイズするには

1:教祖
2:先生

のどちらかに
なれなければ難しくなります。

教祖になるというのは、
“熱狂的なファン”をつけること。

先生とは、

質の高い情報を届けることで
徐々に生徒になってもらうこと。
(僕のチャンネルはこれね)

教祖か先生のどちらかに
なれなければ、
マネタイズできないんですし、

見込み客にお金を払いたいという
欲求を生み出すことはできません。

今回のクライアンとさんは、
前者である、教祖という立ち位置で、
見込み客は、

「〇〇さんみたいになりたい!」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という欲求が
めちゃくちゃ強かった。

だから、たった700リストで
一撃1320万も売上られたんです。

単純に5Gがくるから、
YouTubeをやれば稼げるとか、、
アドセンスと企業広告で稼ぐとか
思う前に、、

教祖でいくか?先生でいくか?
という立ち位置をしっかりした方が
マネタイズできます。

========================
■人はなぜ?お金を払うのか?
========================

それはただ一つだけ。

自分の問題・悩みを解決してくれる、
もしくは願望を実現してくれる

だから、
お金を払ってくれるんですね。

願望実現=教祖
問題・悩み解決=先生

ってなわけなんです。

単純に、

セールスコピーの技術
マーケティングやセールスプロセス

を知っていれば
売れるという訳ではありません。

こういったことまで
理解し、プロジェクトをやれているか?

これが今日の話の本質。

クライアントさんが、
教祖なのか?先生なのか?

これだけで、コンセプトが
大きく違ってきます。

しっかり確認していきましょうね。

いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。