100%「OK」される誘い文句

大山です、

好きな人はいますか?

その人のことを考えると胸が苦しくなり
やるせない気持ちになるほど好きな人です。

恋人やパートナーがいる方は
付き合いたてのころを思い出してください。

好きな人と、どうしてもご飯にいきたい。
もっと知りたい。話したい。と思った時に、
あなたはどのような誘い方をしますか?

もちろん、ストレートに
キミのことをもっと知りたいから、、、

というキザな言葉を言えたらベストなのですが、
男性は特にこっ恥ずかしく、、そんなことは言えません。

でも、、どうしてもご飯に誘いたい。
誘うだけでなくOK(結果)して欲しい。

今日はそんな時に抜群に効果を発揮する
伝え方をご紹介します。

実は、、僕、、昔に何度も
食事を断れた経験があります。

その時にどうしたら?と
死ぬほど考えました。

でも、答えは見つからず情熱や想いが
足りない、、、と勘違いしていました。

僕の一方通行だけの想いでは
「想い」ではなく「重い」と捉えれらます。

セールスコピーを学んだことで
好きな人を食事に誘う言葉も変わりました。

どう変わったのか?

一昔前:

「一緒にご飯食べいこうよー!」

シンプルですし、よく耳にする言葉ですよね。

これはイケメンならOKを貰えるのですが、
なかなか厳しいこともあります。

現在:

「大人気で予約が取れないフレンチレストランの
予約が今週末の金曜か土曜なら予約が取れそうなんだ。
どっちか空いてる日があれば一緒に行かない?」







一昔前と現在の言葉を見比べ
何をどう感じ、何を学びましたか?

もちろん「現在」使っている言葉の方が
女性からの反応をよいです。

っというか、断られた記憶がありません。

なぜなら、「現在」の誘い方は、

==============
具体的だから
==============

です。

・日程と場所を指定している

そして、

・期待感を抱かせている

お店もなかなか予約がとれないということで
一度行ってみたいと感じる。

これはつまりどういうことかというと、、
誘われた女性は、

✅予定が確認しやすい(立てやすい)
✅単純に嬉しい
✅女性の気持ちをわかっている

ということになり、
行きたいという欲求に駆られるのです。

このように、ほんの少し言い方を
好きな人や気になっている人と
ご飯に行ける可能性が大幅にアップします。

もちろん、
気楽に食事に誘えるようにもなります。

これは、セールスコピーも同じです。
言い方を少し変えるだけで感じ方が180度変わります。

前回お伝えした、

「自分が書いた文章を100%読まない」

これは要するに、、

「どうすれば読んでくれるだろう?」

ということを考え抜いた人が勝てるということです。

では、どうすれば読んでくれるのか?

===================================
常に読み手目線でライティングする(書く)
===================================

セールスコピーでは自分の伝えたいことだけ
(自分目線)を書くのではなく、、

読み手目線で書くということ。

例えば、

「痩せたボディを手に入れてみませんか?」ではなく、

「キレイになった? と1日に何回も言われる…
そんなちょっとした優越感を味わってみませんか? 」

このように読み手が“得られるメリット”
を伝えるのです。

そうすることで、読んで貰える確率が上がります。

読み手が知りたいこと・言ってほしいこと
書いていくのです。

これが読み手3原則の一つ目、
「100%読んでくれない」の1つの回避法。

人はいつも何かに対して
不満や不安、疑問を感じています。

その感じている不安や疑問を伝えてあげることで、
読み手が共感しやすくなります。

人は、共感されると嬉しいものです。

好きな女性をご飯に誘いたいのであれば、
女性が好きそうなお店を
ピックアップする必要があります。

その人の好きな食べ物、行ったことないお店など・・

デート本や恋愛マニュアル本での
お勧めデートスポット(お店)ではなく、

相手だけのことを考えてあげるのです。

恋愛(人間関係)もセールスコピーも
常に相手のことを考えると上手くいきます。

是非、参考にしてください。

いつも最後までお読み頂き
ありがとうございます。

セールスコピーライター
大山祐矢

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。