丸投げで『出版』しませんか?

大山です、

数年前の話です。

「大山さんって
出版されているんですね!
すごいです!尊敬します!」

と、担当の美容師さんに
言われました。

何かを伝える立場としての出版は
普通のことなのですが、、

それ以外の世界では
「出版」は別次元の話のようです。

学生時代の友人も、

「いつか出版することが
俺の夢なんだよね!」

と、呟いていたのを
思い出します。

ですが、、

あなたもご存知の通り
誰もが出版できる時代になりました。

電子書籍であれば、
誰もがすぐに出版できます。

ただ、、厄介なのが、、

・売れるコンセプト
・読まれる構成
・電子書籍へのepub化
・光るコピー表紙画像

など、やるべきことが多いこと。

なんとなく出版ステップは
わかるんだけど、、

いざやろうと思ったら
手が止まってしまう…。

緊急なやるべきことに流され
中途半端な放置状態に…。

なんて人も多くいます。

いざ、出版しようと
心に決めたんだけど、
なかなか出版できません。。

また、出版したからといって

「やったー!これで認知度や
ブランディングが高まり、うまくいく!」

なんてことには、なりません。

紙・電子に関わらず出版しても、
知り合いに買ってもらうだけの
身内出版で終わってしまうことも…。

負の遺産になってしまった…。

なんて、話も聞きます。

どうすれば、

惹きつけるコンセプトで

知り合い以外に売れて

濃い見込み客を集客でき

利益商品・サービスが売れる

成功出版ができるのか?

その全ての答えを、

僕の書籍監修者で、
電子書籍プロモーターの
清水さんに伺いました。

丸投げAmazon集客対談ビデオ:
https://job-hunter1.com/amazon-marunage/

 

追伸:

発表会、終わりました。

3ヶ月から1歳11ヶ月の蕾組は
朝一番、9時からのスタート。

大山家の姫である
こなつちゃんは、、

終始、ご機嫌ななめ、、。

幕が開いて閉じるまで、
ずっーと観衆を睨みつけていました(笑。

それでも、ナース姿は
激カワでしたよ!:

よく頑張りました♪
今日も、ゆっくり休んでね。

追伸2:

夕方には
東京に移動しました。

明日は、大山マスターマインド
最後のグルコン。

早いものでスタートから
1年経とうとしています。

終わりは始まりとわかっていても、
なんか、、寂しい。

終わりを考えず、
いつも通り楽しんできます。

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。