文賢を使うことで文章を飛躍的にレベルアップできる

「誤字脱字のチェックをしているのに見逃してしまう…」そんな悩みをもっていませんか?誤字脱字をなくすために声に出して読んでみたり、作成した翌日に読み直してみたり、、、いろいろな方法を試行錯誤していたことでしょう。ですが、ある“ツール”を使えば簡単に誤字脱字をなくすことができます。

そのツールとは『文賢(ブンケン)』です。

文賢とは

文賢とは文章を校正、校閲をしてくれる支援ツール。

文賢(ブンケン)
~文章作成アドバイスツール~
【文賢】公式サイトへ

文賢は「誤字脱字チェック」、「違う表現方法」、「読みやすさ」などを100を超える視点を使って文章をチェックしてくれます。それに誤字脱字だけでなく、文章の表現も確認してくれます。

そんな文賢は、1,000以上の企業や個人の人たちが導入しています。

文賢の使い方は、Web上の専用画面に文章を入力するだけで、チェックできます。

そして、文賢には文章を確認してくれるそれぞれの主な4つの機能があります。

主な4つの機能

4つの機能について具体的に説明していきます。

文賢機能① 文章表現

文賢には3500以上もの文章表現があります。その中から文中にある感情や行動を表す言葉に対して関連した言葉を提案してくれます。

なので、自分ではなかなか思いつかない「表現」や「言い回し」で文章を書くことができるようになります。

たとえば、文章表現の機能で「笑う」と入力すると

  • そんなに口角って上がるのかと思うくらいの笑顔
  • 思わずお腹を抱えて笑った
  • 息を吸うことを忘れるくらい笑った

など、いろいろな文章表現や言い回しを提示してくれます。

文賢機能② 校閲(こうえつ)支援

※校閲とは日本語の間違いを見つけること

校閲支援では、誤字脱字や間違った日本語が使われていないか全11項目をチェックしてくれます。その中でも間違えやすい「ら抜き言葉」もチェックします。

「ら抜き言葉」の例)

  • 服を着れる(「着られる」が正しい)
  • なんでも自分で決めれる(「決められる」が正しい)

このように「ら」が抜ける言葉に対してもチェックしてくれます。

11項目のチェックリスト

  1. 誤字脱字
  2. 誤った言葉
  3. 誤った敬語
  4. 気を付けるべき商標と固有名詞
  5. 誤用しやすい言葉
  6. 話し言葉、砕けた表現
  7. 重複表現はないか
  8. 半角カタカナはないか
  9. 機種依存文字はないか
  10. 差別用語・不快語がないか
  11. ポリティカル・コレクトネスに配慮できているか
    (※ポリティカル・コレクトネス:性別・人種・民族・宗教などに基づく差別)

文賢機能③ 推敲(すいこう)支援

※推敲とは、文章をよくしようと何度も考え作り直すこと

推敲支援では、100を超える視点から入力された文章を19項目でチェックしてくれます。チェックを基に改善案やアドバイスを表示してくれます。また、表記を統一したい言葉を登録することで表記揺れもチェックできるようになります。

例)
「引越」、「引越し」、「引っ越し」など、漢字変換時に統一すること

19のチェック項目

  1. 接続詞をハイライトし、理論展開がスムーズかどうか(同じ接続詞を連続で使用している場合)
    (※ハイライト:強調する、強調表示)
  2. 接続詞をハイライトし、理論展開が分かりやすいか
  3. 具体的にした方がよい指示語がないか
  4. 冗長な表現を使用していないか
  5. 日付や数字をハイライトし、誤りがないか
  6. 同じ助詞の連続使用
  7. 同じ文末表現の連続使用
  8. 二重否定表現
  9. 一文に読点が4つ以上存在していないか
  10. 50文字以上の文に読点があるか
  11. 主述関係が不明瞭でないか
  12. 漢字表記の方が良い言葉
  13. ひらがな表記の方がよい言葉
  14. カタカナ表記の方が良い言葉
  15. 句点や記号の後に改行があるか
  16. 句点や記号以外で改行していないか
  17. 記号が全角に統一されているか
  18. 英数字が半角に統一されているか
  19. ユーザーが設定した任意の文字列を使っていないか

文賢機能④ アドバイス機能

アドバイス機能では、チェックリストによって文章全体の最終チェックすることができます。校閲や推敲を基に作成した文章を、最終的に自分の目で10のチェックリストに沿って確認することができます。

10のチェックリスト

  1. 「主語」と「述語」の距離は近いか?
  2. できるだけ最初に「結論」を書くようにしているか?
  3. 「箇条書き」を用いて、整理できる個所はないか?
  4. 長い修飾語は「前」に、短い修飾語は「後」に書いているか?
  5. 読み手に共感してもらうための「感情表現」は意識しているか?
  6. 誰かにとってセンシティブな日のため、投稿を「自重したほうがよい日」ではないか?
  7. いたずらに煽っていませんか?ただ読み手を不安にさせて放置していないか?
  8. 「LGBT」など、多様な愛や性のあり方に配慮できているか?
    (※LGBT:Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとった単語)
  9. 内容は「パワハラ」や「セクハラ」だと受け取られるものではないか?
  10. 「過去に投稿した内容」との「一貫性」は問題ないか?

・文賢のその他サブ機能

その他の機能として「音声読み上げ」、「コメント付き印刷」など文章を向上させるための様々な機能があります。音声読み上げ機能は書いた文章を読み上げてくれるので、耳で聞いて文章がスムーズかどうかチェックすることができます。

文賢を使うメリット・デメリット

文賢の良いところ(メリット)、悪いところ(デメリット)について、記載していきます。

メリット

メリットに感じるものは下記の3つ

  1. 操作がカンタン
  2. 文章のクセがわかる
  3. 豊富な表現・語彙

操作が簡単

文賢にログインし、入力画面に校正・推敲したい文章をコピー&ペーストすれば完了です。入力された文章で修正した方がいい箇所にクリックするだけで飛ぶことができます。

そのまま、画面上で修正することも可能です。設定したり前準備はいりません。

文章のクセがわかる

無意識に文章を書いていると意外とクセがあります。

たとえば、

「〇〇です。〇〇です。〇〇です。」と文末に同じ言葉を使用しています。これを文賢を使用すると、『です』が3回続いているので改善しましょう。

と、上記のように文章のクセを理解することができます。そこから、文章のクセを改善することもできます。

豊富な表現・語彙

文賢は表現(言い回し)が豊富にあります。単純な表現でも問題ありませんが、今まで使ったことない表現方法や語彙力を増やす機会に役立ちます。

デメリット

デメリットの方も書いていきます。デメリットは以下の2つ

  1. 無料でお試しがない
  2. 料金が毎月発生する

無料でお試しがない

文賢は『無料お試し』がありません。

文賢を使った際のよし悪しや自分に合っているかどうかを無料で試すことができません。そのため、購入後に「自分に合っていなかった、、、」と後悔しないためにも口コミや評判をよく読んで、検討しましょう。

初期費用も10,800円もするのでじっくりと考えたほうがいいかもしれません。

料金が毎月発生する

文賢は買い切りではなく、「サブスクリプション(サブスク)」なので、毎月料金の支払いが発生してしまいます。

費用は1,980円で、あまり使用頻度が少ないと支払いがもったいないと感じてしまうかもしれません。

文献の口コミ

文賢の口コミを集めてみました。

辛口な意見も探してみたのですが、見つかりませんでした。口コミや評価は総じていい印象です。

どんな人におすすめか?

やはり文章を多く書くライターさんにおすすめです。

  • 自身が書いた文章が正しいかどうかの確認
  • 書いた言葉の他の言い回し
  • 推敲による文章のチェック

と、文章を書くことが多い職業の人が使うことで、作業効率アップが図れるためです。

文賢と他のツールの比較

ツール比較をしています。比較するツールは2つです。

  1. Microsoft Word
  2. Just Right

それぞれの特徴は、

Microsoft Word

  • 設定をカスタマイズできる
  • Wordをよく使用する人にとっては使いやすい
  • 文章を書きながらチェックできる

Just Right

  • 誤字脱字や表記ゆれをチェックできる
  • 自身の校正用の辞書が作れる

となっています。

どちらも使いやすかったり、便利な機能があります。しかし、推敲・校正の2つの機能はありませんでした。

文賢は推敲・校正の2つの機能が充実されていることから、その2つの機能を使うには文賢を使用することをオススメします。

まとめ

書いた文章の誤字脱字をチェックしてくれるツールは他にもありますが、誤字脱字以外にも校閲・推敲までしてくれ提案をしてくれるツールは他にありません。校閲や推敲も自身用にカスタマイズもできます。文章表現も自分で考えても出てきそうない表現や言い回しを提示してくれます。

このツールを使っていくことで、自身の語彙力や表現はもちろんのこと、文章力についても成長できると思います。

ぜひ、『文賢』を使ってみてはいかがでしょうか?

文賢(ブンケン)
~文章作成アドバイスツール~
【文賢】公式サイトへ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。