コーチングの先生にオススメ! 『セミナー集客』とは?

「コーチングを身につけたが、クライアントが見つからない・・・・・・」
「どうやって顧客を集めたら良いか、わからない・・・・・・」
「メルマガやSNSで募集しているけれど、コーチングの申し込みが無い・・・・・・」

あなたはコーチングのクライアント探しで、このような悩みを抱えていませんか?

異業種交流会で大量の名刺交換をしたり、チラシ配りや広告掲載などのPRを行ったりして、顧客獲得を目指していると思います。

実は丁寧なコーチングを心がけている方ほど、なかなかできない集客方法があるのです。

この記事では、クライアントの成長を心から願うあなたにオススメの『セミナー集客』の内容や方法についてお伝えします。

丁寧な先生にぜひして欲しい『セミナー集客』とは?

コーチングは個人の成長や目標達成をサポートするものだから、大人数相手のセミナーではコーチングできないと思っていませんか?

しかし、マンツーマンの個別コーチングで、丁寧なコーチングをしたいと考えているなら、まずはセミナーや複数人のグループコンサルをすることをおすすめします。

なぜなら、いきなり個別コーチングはハードルが高いからです。

顧客の目線で考えて頂きたいのですが、いくらメルマガやブログでその人の活躍を知っていたとしても、いきなり自分のビジネスや人生に深くかかわる部分について、個別指導してもらいたいと思うでしょうか?

「会ったことも無いのに不安だなあ」
「こちらからお願いしたのに、イマイチだったら言いづらいなあ」
「先生はスゴイ経験があるみたいだけど、自分と相性が合うかなあ」

このように考えてしまって、連絡を尻込みする人が大部分なのではないでしょうか。

あなたの経歴や情報をネット上で発信できるとしても、画面越しの文字や音声、映像だけでは無機質に感じてしまい見る人はコーチングをしてもらう実感がなかなかわきません。やはり人間同士なので、直接『会う』ことに勝るイメージアップはないでしょう。

なぜ『セミナー集客』が良いのか?

上の項ではクライアントのハードルを下げるために『セミナー集客』が良いとお伝えしましたが、『セミナー集客』の良さはこれだけではありません。これ以外に3つ『セミナー集客』の良さをお伝えします。

1.先生と生徒の立場

あなたがセミナーで講師をつとめる場合、出席者に対してどんなにへりくだったとしても、先生と生徒の立場になります。

先生の立場はある意味『権威』と言えるので、それだけで出席者の心を動かしやすくするものです。多くの人は医師や専門家などの『権威』のあるものに弱い傾向があります。

つまり、あなたが『先生』の立場で出席者にセミナー内容を伝えれば、大きな信頼感を寄せてもらい「よし、この先生に頼んでみよう」と決めやすくなるのです。

2.営業感を抑えやすい

『セミナー集客』を行う場合、「このセミナーだけで儲けよう」と考えてはいけません。個別コーチングではないので内容と参加費を絞って、ギラギラした営業感を抑えることが肝心です。セミナー開催は、あくまでも広告費と考えると良いでしょう。

ただし、セミナーの無料開催はおすすめしません。「とりあえず出席ボタンを押してみた(会場には来ない)」「お金を払ってまで問題解決したくない」という冷やかし参加者ばかりになってしまうと、個別コーチングを申し込んでくれる見込みが低いからです。

「お金を払って良いから問題解決したい」人だけを集めるために、参加者の負担になりにくいセミナー参加費(数百円~数千円)にすることをオススメします。

3.1対1にならない

コーチングや発表に関する練習をしていると気にならなくなってきますが、多くの人は知らない人と1対1で話しをすることに緊張します。メールやブログだけで無料の個別コーチング体験を提案しても、いきなり1対1での対面はハードルが高いものです。

セミナーの開催は、この1対1の緊張感をやわらげることができます。

1人の講師に対して参加者が複数人いるため、緊張せずに申し込みができるのです。また、会場で参加者は大勢の中の1人なので、ゆったりした気持ちであなたの性格や考え方についても吟味できます。

どんなセミナーコンテンツが良いのか?

上の項では『セミナー集客』の良さをお伝えしました。ただ、セミナーで何をテーマに話したら良いか、迷うかもしれません。ここでは、集客のできるセミナーコンテンツについて、ステップごとに解説して行きます。

1.対象の絞り込み

まず、あなたが顧客にしたい人はどのような人か絞り込みます。

『40代男性』のようにバクゼンとしたものではなく、『起業を考えている男性 ○山□男42歳、会社では課長職、結婚していて小学生の息子が一人いる』のように、具体的に絞り込みます(絞り込んだ人格をペルソナと呼びます)。

具体的に絞り込むことで、ペルソナ(= 見込み顧客)がどのような悩みを抱えやすいのか、どのような欲求を持っているのかをつかみやすくなります。

2.ペルソナの悩みをリストアップ

見込み顧客のペルソナを設定することで、ペルソナが抱える悩みや欲求が想定しやすくなっています。もし、この段階でアンケートをお願い出来る人(設定したペルソナに近い人が良いです)がいるならば、悩みや欲求について聞いてみるとよいでしょう。

ただし、アンケートをとる場合は「悩みは何ですか?」「欲しいものは何ですか?」と聞いてはいけません。あまりにも直接的な聞き方だと、バクゼンとした答えになったり、心をのぞかれるみたいで嫌がったりする人がいるからです。

ここは「寝る前にいつも考えてしまうことがありますか?」や「1,000万円あったら何したいですか?」のような少しハズした質問が効果的です。

3.最も重大な悩みや欲をセミナーコンテンツにする

ペルソナの悩みや欲求がリストアップできたら、これを強さ順に並べます。強さというのは、解決したい強さのことです。

例)

  • もっとスキルアップをするべきか?
  • 起業するタイミングはいつなのか?
  • 自分は一人でどのくらいやれるのか?

上にあげた『○山□男』さんなら起業を考えているので、このような悩みが上位に並ぶでしょう。これはあくまでも例なので、ペルソナの設定に合わせて柔軟に変更してください。

これらの上位に並んだ悩みの中で、最も重大だと考えられるものをセミナーコンテンツとします。たとえば『40代からでも遅くない! 起業タイミング見極めセミナー』と言うのはどうでしょうか。

また、コーチングでは『答えはすべてクライアントの中にある』という前提ですが、セミナーを行う場合は少しだけこちらからヒントを与える必要があるでしょう。参加者はコーチングを受けたことのない初心者なのですから、そもそもコーチングを理解しきれていない可能性があります。

「ある人はこのように悩みを解決した」「○○の課題に対してコーチングをすることで、見方を変えることができた」のように、事例をあげつつあなたのコーチングを受けるとどのような未来が待っているのかをしっかり伝えなくてはいけません。ここは自信を持って今までの成功事例を話しましょう。

コツとしては出し惜しみせずに伝えることです。時間と場所の都合がつくならば、セミナー直後に個別相談(個別コーチングの体験)を行って、最後に有料の個別コーチングを打診するのが良いでしょう。

とにかく、あなたのコーチングを受けることで「目標達成に近づいた」「進むべき方向がわかった」と実感してもらう必要があります。実はこの『小さな成功体験』が顧客の信頼を得る重要なポイントです。

今までのあなたにどんなに実績があっても、顧客にとっては「自分が成功に近づけるかどうか」が最大の関心事です。そのため、信頼ができれば今までの経験や実績はあまり関係が無くなります。

セミナー集客の方法

セミナーの内容が決まったら、開催日時を決めて参加者募集をしましょう。募集についてのちょっとしたコツをここでお伝えします。

開催日時

来て欲しい人が参加しやすい日時を選ぶことで、集客の効果をアップさせることができます。

1つ例をあげると、意識の高いサラリーマンに来て欲しいのであれば『ノー残業デーが多い水曜日の18時以降』や『連日仕事を頑張ったので良い話を聞いて平日最終日を迎えたい木曜日の18時以降』が良いと言われています。

自分の発信媒体で告知

募集の告知方法もペルソナや属性に合わせて選択しましょう。メルマガやSNS、ブログでの告知が基本になりますが、反応がイマイチだったりメルマガ配信先以外からも集めようと思ったりするのであれば、セミナー告知サイトの利用をおすすめします。

セミナー告知サイトで告知

セミナー告知サイトには『セミナーズ』や『こくちーず』などがあり、告知費用やサイトのイメージ等で多種多様です。『セミナー告知 サイト』とネット検索して、あなたと見込み顧客に合った告知サイトを見つけてください。

チラシで告知

あなたの選んだセミナーコンテンツと近い分野のセミナーが開催されている会場では、チラシの配布も有効です。なぜなら、ペルソナに近い悩みを抱えた人がその会場にやってきているからです。

チラシの配布や掲示がNGの会場もありますが、チラシで告知できないか会場の受付に一度聞いてみましょう。

まとめ

この記事では『セミナー集客』についてお伝えしました。一見、逆の方向性に感じるかもしれませんが、1人1人のクライアントを大事にするコーチングの先生にこそ試して頂きたい集客方法です。

イメージとしては見込み顧客に低い階段を数段見せて、実際に上ってもらう感じです。『階段を上る = 成功に近づく』なので、あなたへの信頼度はマチガイなく上がります。

個別コーチングへの集客に疑問を感じているようでしたら、セミナー集客をぜひ試してみてください。今までとは違う反応にきっと驚くはずです。

このサイトでは集客や信頼関係の構築に役立つ、人間心理やマーケティング、セールスコピーライティングについての情報をお伝えしています。特に『文章を読んだ人を動かす』セールスコピーライティングは、個別コーチングの契約率アップやお客さんを集めるときに役立つので、ビジネスを展開させるために特に重要なスキルとなります。

セールスコピーライティングのスキルをもっと詳しく知りたいあなたは、このページの下にある『動画セミナー』バナーの『いますぐ無料で受講する』をクリックしてご覧ください。セミナーはタダですぐに視聴できるので、あなたに損はさせません。

RECOMMENDこちらの記事も人気です

マーケティングの基礎・応用・実践、用語、本の要約、有名人の評判まで解説!
ビジネスで商品・サービスを販売していくとき、マーケティングは必須となります。
….続きを読む>>

ABOUTこの記事をかいた人

清水龍

兵庫県在住のセールスコピーライター。環境関連のコンサルティング会社に入った事がきっかけで、提案内容を人に伝える方法や分かりやすい文章の書き方におもしろさを感じるようになる。多忙をきわめる仕事の中、ライフスタイルの見直しを模索中にセールスコピーライターという職業を知った。「文章術で人に役立つことをしたい」気持ちが強くなり、一流のセールスコピーライターになることを決意。サイト運営者である大山さんの元でコピーライティングの指導を受け、奮闘中である。