お客さんを選べなければ自分が死ぬ

大山です、

最近、、デザイナーの友人を
応援するために、

FBのカバー画像作成を
1000円ぽっきりで募集しました。
(FB投稿だけでね)

最初10名で募集したら
瞬く間に埋まっちゃって、、、
最大限界数の20名まで枠を増やし、、

結果は、満員御礼!

ここまでは、、、
万々歳だったのですが、、

ここから恐ろしいことが、
次々に起こる起こる。。

正直、、いうと参りましたよ。

だって、、


「申込みして、、数日後にキャンセル…」
「申込みして1週間以上連絡がなし…」
「ヒアリング当日にリスケ要求…」

半分ぐらいそんな人ばかり(苦笑
とにかく、、質が悪い人が多かった。。。

(僕もいうほど暇ではないからね、、、)

んで、、なんでなのかな?って
考えてみたんです。

1000円で安いからかな?
Facebook上でしか僕のこと知らないから?
(ちゃんと関係を築けてないよね)
単純に面倒くさくなった?

まぁ理由は様々でしょう。

でもね、、やっぱり、、

安いとそれに反応する
お客さんしかこないんだなって
思っちゃったんです。

3000円食べ飲み放題の居酒屋に
質の良いお客さんなんて集まらないでしょ?
(そういった方々を
ターゲティングしているんだろうけど…)

つまり、理想とする
お客さんじゃないとやってられないなと。

でもね、、一人起業家は、

いつの間にか…
好きでもないお客さんのいいなりになり、、

専業以外もする、
なんでも屋になってしまい、、、、

ジリ貧になる。

そう苦しんいる方が、
とても多いような気がします。

これ、、難しいですよね。

目先のお金は欲しいだろうし、
実績の数も増やしたい。

人の役にも立ちたいし
何より人に求められたら嬉しい、、。

でもね、、面白いことに
お客さんに支配されてたら、、
ビジネスって上手くいかないんだよなぁ…。

つまり、僕ら商売人もお客さんを
選ぶ権利はあるってこと。

「えっ!でも、、大山さん
お客さんは神様じゃないんですか?」

「私はまだ、、選べるほどの
実績はありません…」

「選ぶなんてとんでもない、
それってクレームにつながりませんか?」

確かに、、ちょっと怖いですよね。

でも、これがね、、、、
悪魔のようなお客さんもいるんですよ。
(本当に、、、たち悪いよぉー)

僕はこれまでクライアントさんから、
個人の方へコンサルティングをやってきたけど、、

中には、、、
とんでもない人もいたね。

クライアントさんの例でいうと
銭ゲバさん。

申込み期限締め切っているのに
ちょこちょこ申込みくるからって
ずっーーーと募集し続けている。

(クライアントさんのお客さんに
嘘ついているってことね)

そして、、、

僕と一緒にやって上手くいった
セールスプロセスをパクって2回目は
自分でやる人もいたなぁ。。。

(僕への報酬を惜しんだんでしょう)

結果、、、、
大ゴケだったみたいだけど…。

そもそも自分でやって上手くいけば
僕がいる意味ないよね(笑
(最初から一緒にやらなきゃいいのに…)

あっ!そうだ、、、

僕のメルマガ文章を丸パクリしてた
クライアントさんもいたなぁー。。。

個人の方だと、もっとひどい…。

コンサル申し込んで
初月支払だけのコンテンツ泥棒
(サイトからダウンロードされた)

急に気分が変わったようで、、

「コンサル費用払いません!
今すぐ分割払いをストップしてください。

本物の成功者はそういう対応しますよ!
大山さんは成功者ですよね??」

そんなメッセージをもらったことも、、、(苦笑い

凄いよ。本当凄いよ。
こんなん普通にやっちゃうことが、、。

だって、、

無銭飲食と一緒だから
犯罪レベルだもん。

iPhone買って、
使わなくなったら返金してなんて
言えないじゃん?

そんなん僕にはできないよ。
絶対無理。

ビジネスは信用第一だからね。

というか、、そもそも、、

こんな人達がセールスコピーライターとして
上手くいくはずがない(笑

本当、、ビジネスというか
世の中を舐めてるよね。

だから僕は、、
こういった経験から、

============================
お客さんを選ばなきゃ、自分が死ぬ
============================

と痛感したんですよ。

こんな悪魔のような人達を相手に
商売は成り立たせることはできない。

僕だって人生があるし
食っていかなければいけない。

もっともっと、
やりたいことだってある。

こっちだって
選ぶ権利はあるってこと。

すでに存在している
大好きな僕のお客さんのためにも
慎重に選ばなきゃいけないですよね。

一人の悪からコミュニティが
潰されることは良く聞く話だしね、、

あなたもお客さんは
慎重に慎重に選ぶべき。

安いサービスを求めているなら
それを提供している人がいるので
そっちにいってもらえばいい。

それは“僕”のお客さんではない。

だから、あなたも
どんな人が理想のお客さんなのか?

をハッキリと決めてください。

そして、それ以外のお客さんは
排除すること。

これが理想のお客さんを
獲得する第一歩だと思います。

・・・・

こういったメッセージ発信は
正直、、かなり苦手だし好きじゃない。

だって、、、愚痴っぽいし、、
何よりかっこ悪いじゃん。

でも、、発信している立場なら
絶対にやらなきゃいけないんだよね。

そうすることで、
僕のお客さんではない人を排除できるし
理想のお客さんが集まってくれる。

今日も最後まで読んでくれて
ありがとうございます。

あなたの成功を
楽しみにしていますね。

セールスコピーライター
大山祐矢

追伸:

今日のメールを読んで、、

「大山ってクソ野郎だなっ!
こんなやつから学びたくない!」

って思うなら、
僕からの情報をとるのは辞めてくださいね。

あなたの時間も限られているように
僕の時間も限られています。

だから、僕の理想とするお客さんではない人を
相手にしている暇はないんです。
(上から目線で、すいません)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。