起業・副業

あなたは大丈夫?副業を始める前に知るべきこと・始め方のコツ

海外では、当たり前にセカンドワークが行われています。セカンドワークとは日本で言う「副業」のこと。

今では、日本にも広まってきており会社員(サラリーマン)や主婦、OLや学生までも始めています。このように近年、副業はとても身近なものになってきています。

「僕(私)も早く副業したい!」「おすすめの副業教えて!」と言う気持ちはわかります。しかし、、無知の状態で副業を始めるのにはいろいろとリスクがあります。

あなたがリスクを背負わないためにも副業について事細かく正直に書いていきます。

それに加えて「副業の始め方・探し方」「副業ってどんなもの?」「副業は誰でもできるの?」などあなたの疑問も一つずつ解説していきます。

副業を考えている方は、必ず最後まで目を通して「副業をやるのか?やらないのか?」決断してください。

1、副業とは?

副業とは、本業とは別に何か労働をし所得を得ることです。副業と一言で言っても多岐にわたりあります。アルバイトの掛け持ち、ネットでできるネット副業、家にいながらできる在宅ワークなど。これはごく一部ですが、ネットで調べればたくさんの副業が出てきます。

また、安倍首相(2017年7月現在)は「副業など柔軟な働き方を普及することが重要だ」と副業を後押ししています。このように、今までは企業に勤めていたら安泰だった時代ですが、少しずつ働き方が変わりつつあります。つまり、、副業を始めたいと思っている方は、今が副業を始める時期でもあるのです。

2、副業を始める前に知っておくべき事

何も知らずに副業を始めるのは、何も持たず無人島に行くのと同じようなことです。最悪の場合、捕まることもありますし、会社をクビになる可能性もあります。

後に引けない状態になってしまいます。実際、そうなったケースもあります。

そうならないために知っておくべきことが3つあるので、始める前に必ず確認してください。

2-1、あなたの会社は、副業OK or NG?

まず、副業を始める前にあなたの会社の就業規則を確認してください。大企業では「副業OK」の会社が多くなってきていますが、まだまだ「副業禁止」の会社が多いです。

なので、必ず副業がOKになっているか?を必ず確認してください。もし、副業禁止なのにバレてクビになることもあります。本職が無くなったら元も子もありません。

また、副業OKとなっていても同僚に副業をしていることを話さない方が無難です。ちょっとしたミスから「あいつは副業しているから本業に支障が出ている」など陰口を言われ、悪評が出ることがあります。

副業していることは、仕事関係者そして、友達にも極力言わないようにした方が良いです。せめて、身内だけにとどめておきましょう。

中には、副業禁止の会社員の方もいると思います。そんな方に「会社にバレない対処法」がこちらに書いてありますので、確認してください。→https://sales-copywriting.com/sideline(タイトル:サラリーマンにおすすめの副業から会社にバレない対処法)

2-2、いくらを目標にするか?

副業をしている方は、月にどのくらい稼いでいるの?と気になりますよね。

ある会社が調査した結果によると、副業の平均月収は、約3万円です。ですが、副業をしている約半分の方が月収1万円以下。ごく一部の人は、月収10万円、100万円以上、中には数千万も稼いでいる人もいます。

この結果を見てあなたはどう思いましたか?この結果を含めてあなたが幾ら稼ぎたいかを考えてください。いきなり、月に10万円を稼ぐのは無理ではないですが非常に難しいです。ですから、最初は月に1万円~3万円を目安に始めるのが良いでしょう。

2-3、どのぐらい時間を使えますか?

副業を始めるとなった場合、今までよりも多少なり時間が必要になります。会社員の方であれば、休みが週1、週2ですよね。空いた時間をどのくらい副業に使えるのか?を考えてください。

仕事前の時間、帰宅してからの時間、休みの日の時間の使い方を見直す必要があります。

もちろん、、今までより労働する時間が増えるので疲労も溜まります。なので、本業に支障が出ないようにしてください。何事もバランスが大事です。

副業=片手間というイメージの方もいると思いますが、決してそうではありません。そのようなイメージのまま始めるとギャップがありすぎて微々たる金額しか稼ぐことができず、スグにやめてしまうのがオチです。

そうならないために、今までの時間の使い方を見直し、しっかり副業に使える時間を備えましょう。

3、副業に向いている人

副業に向いている人は「収入を増やしたい人」「つながりが欲しい人」「今の本職では不安な人」「もっとお小遣いが欲しい人」「独立したい人」などなど。

最終的には、「もっとお金が欲しい人」が向いています。そもそも、人はお金を稼ぐために働いています。お金はいらないけど働くという方は滅多にいませんし、「お金はいらないけど、副業をしたい」という方に会ったことがありません。

また、女性であれば出産後、ずっと子供に付きっきりになるので産後鬱(さんごうつ)になりやすいと言われています。産後の女性の方も空いた時間に副業をすることで人との繋がりができ産後鬱を防ぐこともできます。

そして、副業で収入が入れば、今よりも財布が潤いお金で悩むことが少なくなります。今まで以上に好きなことが出来るようになります。

つまり、、ちょっと空いた時間にお金を稼ぎたい人が向いています。

4、始めやすいあなたに最適な副業

お待たせしました。初めて副業をする方におすすめしたい副業を紹介していきます。

、、とその前に。多くの方が「副業は楽(カンタン)にお金を稼ぐことができる」と勘違いしています。先に言いますが、「お金を稼ぐことは楽なことではありません」ここは勘違いしないでください。

そして、人により向き不向きはあります。自分に合った副業を選ぶことが、楽しく続けられる秘訣です。それぞれの副業のメリット・デメリットもお伝えしていきます。

  • すぐに確実にお金を稼ぎたい人
  • すぐには稼げないが、先を見てコツコツ頑張れる人
  • 何もせずにお金を稼ぎたい人

大きく分けると、この3つのタイプに分けることができます。一つずつ解説していきます。

これを見れば、ある程度自分に合った副業を絞れることができます。

4-1、すぐに確実にお金が稼ぎたい人

「すぐに、そして確実に稼ぎたい!」という方は、掛け持ちのアルバイト、日雇いのバイトをおすすめします。

アルバイトのメリットとしては、働いた分のお給料は確実に稼げます。尚且つ、一ヶ月に稼ぎたい分だけ働けば良いので自分で「時給×時間」で給料の計算もできます。

例えば、時給1000円で1日5時間で週に3日入ったとします。これを計算すると、1日5000円。1週間で15000円。一ヶ月に6万円稼ぐことができます。働く時間などによって前後しますが、このように、月に3~5万円ほど確実に稼ぎたい人には最適と言えます。

空いた時間にちょっと働きたいという方には良いです。夜中でもコンビニや24時間営業のスーパーやファミレスなど探せばたくさんあります。

ただ、、デメリットとしては稼げる金額に限度があり体にも疲労が溜まります。

アルバイトは、時給制です。みんな1日24時間しかありません。つまり、、稼げる金額に限度があるということです。しかも、当然ですが体に負担もかかります。僕も掛け持ちしていた時期がありますが、思っている以上にハードです。。

掛け持ちでアルバイトをする際は、シフトの入れすぎに注意してくださいね。

4-2、先を見て、コツコツ頑張れる人

コツコツ頑張れる人には、ネット副業をおすすめします。ネット副業とは、ネットを使った副業でパソコンかスマホがあれば誰にでもできます。

そんなネット副業の中でも初めてする人に最適なのが「アフィリエイト」。お小遣い稼ぎで有名で「ネット副業の代名詞」と言っても過言ではありません。

アフィリエイトとは、あなたの媒体(ブログなど)で商品・サービスを紹介して見てくれた人が買ってくれたらあなたに紹介料が入る、という感じです。

アフィリエイトのメリットとしては、誰でも簡単に始められます。そのような理由もあり、アフィリエイトをしている人は、日本だけで400万人以上もいます。(2016年末の時点)

そして、アルバイトと違い稼げる金額は、やり方次第では青天井です。実際に知り合いの方でアフィリエイトだけで年収1億円以上の方もいます。

ただし、すぐすぐには稼げません。そもそも、あなたの媒体にアクセスがないと1円も稼げません。そのためには毎日のように更新し続けアクセスがある媒体を作ることが必須です。安定して稼げるようになるためには早くても半年~1年と言われています。

このように、すぐには稼げない。半年~1年の間は、収入がない可能性もある。というデメリットもあります。

あなたは、半年~1年の間毎日のように更新し続けれますか?もし、できるのであればおすすめします。アクセスがある媒体を作ることができれば、それなりのお金が安定して入ってきます。

4-3、何もせずにお金を稼ぎたい人

誰しも「何もせずにお金を稼ぎたい」そう思っています。それに近いのが、不労所得と言います。

そんな不労所得でもメジャーなのが、「不動産投資」。あなたが買った物件(一軒家、アパート、マンション)に誰かが住むことで家賃収入という不労所得が得られます。

ただし、それなりの資金が必要になります。しかも、誰も借りる人がいない場合、あなたの収入は0円ですし、メンテナンス費用もかかるので赤字です。こういったことからも不動産に詳しい人、土地勘がある人が良いでしょう。

逆にうまくいけば、何もせずにお金があなたの懐に入ってきます。それだけで十分に生活できるようにもなります。

不労所得は、不動産投資だけでなく、他にもあります。興味がある方はこちらをご覧ください。→https://sales-copywriting.com/unearned-income(タイトル:不労所得はハードルが低い!?副業、スキル、投資での不労所得の作り方を全て公開!)

4-4、他のおすすめしたい副業

あなたは、どのタイプですか?ここでは書けなかったおすすめの副業はこちらに書いてあります。ぜひ、目を通してみてください。

厳選したオススメの副業とそれぞれのメリット・デメリットを書いています。→https://sales-copywriting.com/employee-sideline(タイトル:確実に稼げる副業を厳選して紹介)

5、副業の落とし穴

例えば、、アフィリエイトなどの「ネット副業」と聞くと「怪しい・・」と思う方も少なくありません。その理由の一つが、よく目にする「誰でも簡単に高収入」と言った広告。

明らかに怪しいですよね。全てではないですが、中には悪徳業者でお金をだまし取ろうとする輩もいます。このように、謳い文句に乗せられて高い商材などを買わないようにしてください。

これらは、あまり知らない人たちをターゲットにしています。そして、人の心理をうまくついているので、騙される人も多いです。

「自分は騙されないから大丈夫」と安心しないでください。そして極力、先にお金を払うことはしない方が良いです。

もし、「どうしても、、」という方は、「その会社は本当に信頼できるのか?」「ちゃんとした実績はあるのか?」などしっかりリサーチしてからにしてください。

そもそも、初めはリスクが低い副業から始めてください。いきなり、リスクが高いものから始めてしまうと多額の借金だけが残ることにもなり兼ねます。「お金を稼ぐために始めたのに、借金だけが残った」となれば、本末転倒です。

だから、極力、先にお金を払うことはしない。リスクの低い(アフィリエイトなど)副業から始めてください。

6、まとめ

少しでも副業についてイメージ出来ましたか?副業をしてみるか、決断出来ましたか?する場合、まずは、会社がOKなのか?をちゃんと確認してから始めてくださいね。

理想は、あなたの好きな副業をしてお金を稼ぐ。好きなことであれば苦にならず、楽しみながらお金を稼ぐことができるので長く続けられます。

そのためには、どのような副業があるのか?を知らないといけません。このサイトでは、セールスコピーライティングでの起業・副業だけでなく、その他の副業についても幅広く書いていますので、他の記事もチェックしてみてください。

あなたに合った副業で副収入をもらい今よりも贅沢な生活を過ごしましょう。

執筆者
大山祐矢
大山祐矢
セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。

今すぐ無料で受講する

トップへ戻る