副業ライターで月に20万円稼ぐために必要な3つのスキル

「副業ライターで生活できるレベルで稼ぎたい…」
「どうやって最初のゼロイチを突破できるんだろう?」

そのような疑問がある人は副業ライターで稼ぐための“3つのスキル”を知らないからかもしれません。

この3つのスキルさえ持っていれば、月に1万円、5万円、20万円だって稼ぐことが可能となります。副業ライターで稼ぐなら、以下の3つのスキルが必要です。

  • 文字単価1.5円を獲得するライティング能力
  • 毎日文字を書く持久力
  • 案件を獲得するアピール力

これら3つを1つずつ解説していきます。

副業で稼げるライターになりたい人はぜひ読み進めてみて下さい。

【スキル1】1文字高単価を獲得するライティング能力

副業ライターで稼ぐなら、1文字高単価の案件を受注しなくてはいけません。なぜなら、副業でライターをするのであれば使える時間が限られています。本業を疎かにしては副業でも上手くいきません。

たとえば、月に20万円を目指す場合、どの程度の単価が必要になるか計算してみましょう。

文字単価1円であれば200,000文字、単価2円であれば100,000文字を書く必要があります。単価2円の場合は、1日に換算すると3,333文字です。1時間で1000文字書けるとすると1日3時間ちょっとの計算です。1文字高単価の案件を獲得できるライティングスキルがあれば副業ライターでも稼ぐことができます。

1文字高単価を獲得するために必要なライティングスキルとは?

1文字高単価の案件を獲得するためには、以下のライティングスキルが求められます。

  • I–PREP
  • SEOライティング
  • 構成力

どのスキルもライティングには欠かせないスキルになります。それぞれの項目について解説していきます。

I-PREP

I-PREPを使用してライティングすることで読みやすい文章を書くことができます。実際にI-PREPを使って書くようにと依頼するクライアントさんもいます。知らないと、そもそもその案件を受けることができなくなってしまいます。

I-PREPは5つで構成されています。

I:興味(Interest)
P:結論(Point)
R:理由(Reason)
E:具体例(Example)
P:結論・まとめ(Point)

I-PREPを利用した実際の文章がこちらです。

I:文章を書くにはI-PREPを使って書くことが重要です。

P:I-PREPを使うことでわかりやすい文章を書くことができます。

R:なぜなら伝上手くえることができなければ、読み手は言いたいことがわからずに最後まで読むことはありません。

E:たとえば文章を上手く書くためのことを調べたのに、全く関係ないページが出て来たらどうしますか?
ページを閉じて読み進めることをやめて違うページに移るはずです

P:そういったことが無いように読者が求める「答え」が書いていると判断し、最後までページを読んでもらえるようにします。

上記のようにI–PREPでライティングすると読者にわかりやすい文章が書けるようになります。

SEOライティング

SEOライティングとはGoogleやYahooで検索した時に上位表示させるためのライティング方法です。

たとえば以下のようなことをSEOライティングで行います。

  • キーワードをタイトルや見出しに入れる
  • パーマリンク設定
  • キーワードから読者の悩みを抽出して記事を作る

構成力

構成とは本でたとえると目次のようなものです。どの目次にどんな内容を書くのかを1から考えられるかどうかが求められます。クライアントの立場からすると、キーワードから読まれる記事を書いてくれるライターはとても貴重です。

【スキル2】毎日文字を書き続ける持久力

ライターであれば毎日文字を書き続けられる持久力がかなり重要となります。

これは本業・副業と関係なく文字を書かなければいけません。副業でライターをやるのであれば、本業後の疲労がありながらでも書き続けなければなりません。心も体も疲れている状態でライティングを続けるためには持久力が必要です。どんなにライティングスキルがあっても文字を書かなければ稼ぐことはできません。

毎日文字を書き続ける持久力を獲得しましょう。「書き続ける持久力を磨くためにはどうしたら良いの?」と疑問もあるでしょう。

持久力を身につけるオススメの方法は強制的に書く環境を作ることです。強制的に書く環境を作るための具体的な1つの方法は仕事を受注し納期を守ることです。自分のブログを更新するでも良いのですが、それでは自分自身との心次第になってしまい「本業で疲れたから明日以降でやろう」と思ってしまい、それが続くとやらなくなってしまいます。

しかし、仕事を受注するとなると責任が発生します。納期は今日までなのに「今日は疲れたから明日でいいっか」とはなりません。そんな無責任な行動をとっていてはあなたの信頼が血の底まで下がってしまい、最終的には仕事を受注することができなくなってしまいます。

始めたばかりの頃は、時間に追われてかなり大変ですが続けていくと1日に3000文字以上を無理なく書けるようになるでしょう。もしこれからライティングで稼ぎたいという人は、とにかくクライアントから仕事をもらい多くの量を書くことを意識してみてください。

【スキル3】案件を獲得するアピール力

ライティング力や持久力以外にも案件を獲得するアピール力も求められます。これまで1文字高単価の案件を獲得したことがない人は、かなりハードルがあると感じてしまう人もいるでしょう。しかし文字単価1円と3円で求められているライティング力には変わりがありません。

必要なのは案件に対するアピール力です。仕事を依頼しているクライアントに対して、あなたがどのようなライターなのかアピールしましょう!

クライアントにあなたが必要だと思ってもらえれば1文字高単価は獲得できます。アピールの仕方に関しては「クラウドソーソングで仕事がとれる自己紹介文の作成方法」という記事があります。こちらで詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

クラウドソーシングで仕事が取れる自己紹介文の作成方法

仕事が途切れないライターの特徴

副業ライターは継続的にクライアントさんから仕事がもらえるかがとても大事です。仕事が途切れないライターにはいくつか特徴があります。

  • 連絡はこまめにとる
  • 修正は早めに対応する
  • 質問ができる

どれも大切なことです。これを守ることでクライアントとの信頼関係を築いていきましょう。

連絡はこまめにとる

当たり前ですがクライアントとこまめに連絡を取ることが大切となります。特に大事なのが納品する記事の進捗状況。もし約束の日に納品できなければ、事前に納品できない旨を伝えておきましょう。納品が遅れてしまった場合、信頼を失ってしまいます。

修正は早めに対応する

ライターが納品した記事をクライアントが確認し、修正依頼されることがあります。修正はすぐに取り掛かりましょう。すぐに納品できないのであればどのくらいの期間で対応できるのかを伝えることが大切です。

質問ができる

クライアントの依頼内容に疑問が出ることがあります。疑問を曖昧にするとあとでトラブルにつながる原因となります。クライアントの依頼をしっかりと理解するためにも、臆せず質問する必要があります。

しかし、質問をするにしても「〇〇がわかりません」というだけではなく「〇〇についてわからないことがあります。自分は〇〇と理解しています。その認識でよろしいでしょうか?」といったように自分の考えを言うことが大切です。

副業ライターが月20万円を稼ぐためのアクションプランを紹介!

ここで具体的に副業ライターで月20万円を稼ぐためのアクションプランを紹介します。

Step1:クライアントを獲得する

Step2:クライアントの修正から学ぶ

Step3:1日3000文字以上を書き上げる

Step4:書きやすいジャンルを見つける

Step5:1文字高単価の仕事を獲得する

これからライターを始める人に向けて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Step1:まずはクライアントを獲得する

これからライターを始めるなら、まずはクライアントを獲得しましょう。初めは書籍やネットから勉強を始めようとしがちです。しかしライターとして成長するには実際に仕事をすることで学ぶことで多くのことが学べます

 Step2:クライアントの修正から学ぶ

クライアントに記事を納品すると修正を依頼されることがあります。この依頼された修正からしっかりと学びましょう。修正はとても貴重といえます。なぜなら修正はあなたが記事をうまく書けるようになるためのコツが書かれているからです。修正から学べばあなたのライティング力を上げることができます。

Step3:1日3000文字以上を書き上げる

1日3000文字以上を書くようにしましょう。なぜならライターとして稼ぐためには毎日文字を書く必要があるからです。毎日3000文字以上を書けるようになれば書くスピードも上がり、より多くの案件を獲得できるようになります。

Step4:書きやすいジャンルを見つける

自分に合ったジャンルを見つけましょう。好きなこと。得意なこと。本業と関わりがあること何でもいいです。書きやすいジャンルが見つかれば、書くこと自体に苦しくなくまります。それに専門性を上げていくことで1文字高単価の案件も獲得しやすくなります。

Step5:1文字高単価の仕事を獲得する

得意なジャンルを見つけたら専門性を磨いて1文字高単価の仕事を獲得しましょう。高単価の募集を見つけたら臆さずどんどん応募していきしょう。

まとめ

副業ライターで月に20万円稼ぐために必要な3つのスキルを紹介いたしました。

ここで紹介した“3つのスキル”はとても重要であり、副業でも本業で関係なく知っておくべきことです。これらを身につけることでライターとして活動していくことができるようになります。

今回は、ネット上の記事などを納品するライターを想定してお伝えしてきました。しかし、ライターにもたくさんの種類があります。中でもオススメのライターは『セールスコピーライター』です。セールスコピーライターはクライアントの商品・サービスの販売に貢献する職業です。商品・サービスの販売に関わるため1件数十万円という高額報酬をもらえることもあります。

このサイトでは、セールスコピーライターになるための無料8ステップ動画を公開しています。

興味がある方は、下のバナーからチェックしてみてください。

今回、この記事を動画にしました。ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。