厳禁!3大用語とは?

大山です、

インターネット上で、、、

「2か月で10キロ痩せることは簡単です。」
「最新の手法をあなたに!これで経済的自由を得れます」
「スマホで簡単ワンクリック月収30万円」

このような文章を見たことは
ありませんか?

一言でいうと、、

胡散臭いので、、
多くの人は「本当かよ?」と疑問に思います。

そんな簡単に痩せたり稼げたりしたら苦労しないよ!と(笑

それらが本当に素晴らしいノウハウや
メソッド(方法)だとしても、、

そんなに簡単に信じることは難しいのです。
それが正常な反応です。

僕はすぐに稼げるなんてことは
恐れ多くて言葉にできません。

多くの人はすぐに結果が欲しいことも
理解していますが、、、

・簡単に(すぐに)
・誰でも
・稼げる

というような言葉は、、
怪しいと思われ、、、THE ENDです。

僕がお伝えしているセールスコピーライターも
すぐに稼げるというとそうでもありません。

必要なスキル、テクニック、マインド(考え方)
を身につけないといけません。

私は、縁があって日本でもトップに入る
セールスコピーライターの方から直に教わることが
できました。

そして今、セールスコピーライターとして
活動しております。

そんな0からセールスコピーライターになれた
僕が思うこと、、

それは、本気で努力し行動すれば
誰でも一流のセールスコピーライターになれる。

そう思っています。

ですが、、このようにお伝えしても、
信じられない人もいますよね。

「大山さん、、本当ですか?
やっぱりまだ、、、怪しく感じます。」

と疑心暗鬼になってしまうかもしれません。

もちろんそれも理解しています。

なぜなら、

人は、自分の決断に
失敗したくないので、疑いの目から入る

「簡単に好きって言うけど…
どうせ他の女性にも言っているんでしょ!」

と反発する女性のように信じてくれないのです。

セールスコピーライターの3つの壁の中の1つ。

『読み手は100%信じない』

例え、、読んでもらえたとしても
次は、、、書いていることを信じてもらえないのです。。

信じてもらうためにも、

=====================
読み手は100%信じない
=====================

ということを常に頭に入れて書いてください。

真実を伝えているけど、、
なかなか信用してもらえない。

なぜなんだ?と悩んだ経験はあると思います。

信じてもらうために、強い口調で、、

「マジだから!」「僕を信じて欲しい」
「本当なんです!「なんで信じてくれないんですか?」

と感情的になってしまいます。

感情的になったとしても、、
尚更信じて貰えず、、終いには、、

信じてくれない相手に怒りを覚えてしまうのです。

セールスコピー(ビジネス)で
怒りの感情を持ってしまっては上手くいきません。

読み手に信じてもらうために、

・何を伝えれば良いのか?
・どんな順番で?
・その瞬間の適切な言葉とは?

などのルールがあります。

次回は、100%信じない人に
どうすれば?信じてもらえるのかの
ルールについて具体的にお伝えしますね。

まずは今日お伝えしたこと。

======================
読み手は100%信じない
======================

ということを頭にいれ
どうすれば信じてもらえるのか?

ということを考えてみてください。

次回、お伝えするルールも
すべて考え抜いた答えですから。

いつも最後までお読み頂き
ありがとうございます。

セールスコピーライター
大山祐矢

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。