僕は、今はこうしなくちゃいけないじゃなくて、こうしたいを選びたい。

大山です、

「判断基準って何かありますか?」

っと、最近言われたのですが、、

「うーん、、、なんだろう?」

っと、ちょっと
考えてしまいました。

一言で、判断基準といっても
少し広い言葉なのですが、、

ビジネスやタスク、日常などの
最終的な『GOサイン』は何か?

ということをテーマにします。

例えば、

新しいビジネスを始めるとき、
この判断が正しいのか?

もっと他に良い方法が
あるかもしれない、、

そう迷ったり、、不安になり、
一歩踏み出せなくなることありません?

新しいことを始める時って
ワクワクする分、迷いや不安も
同じぐらい大きくなります。

そして、人間の根源的欲求には

・失敗したくない
・恥ずかしい思いはゴメンだ!

という欲があるので、、
かなり慎重になってしまいます。

そして、判断する際、
周りの環境にも大きく左右されます。

例えば、父親なら、
休日は子供や家族と遊びにいったり
しないといけなかったりします。

未来のために時間を使いたくても
子供や家族のためには、、
仕方ないと諦めてしまっているんです。

なぜなら、

「休みの時しか子供の面倒をみれないんだから、、
遊びぐらい連れてってよ!」

と奥様や家族から、
ガミガミいわれるので、、

仕方ないということになるのでしょう。

そして、良い父親として
それが正しい在り方だと定義して
自分を納得するしか道がなくなります。

子供から好かれる父親は
世間が作り出した偶像ですから、
自分自身を誇り高く感じるでしょう。

でも、僕は、、
ちょっと考えが違ってて、、
(うん、、だいぶ変な奴だ。)

子供に好かれなくても
素晴らしい父親って存在すると
思っているんです。

・・・・・・・

厳格な父で、
子供の頃は大嫌いだったけど、、

大人になってからは
父の有り難みを感じます。

・・・・・・・

みたいな有名人のインタビューを
一度は聞いたことありますよね?

単純に子供と遊んだり、
どうでも良いようなことをして
時間をつぶすぐらいなら、

違うことに使っても
いいのではないか?

とも、思っているんです。

分かりやすくいうと、
背中で見せるってやつです。

だから、僕は、

10人中9人が
正解、理想、凄い、素敵。

だと思うことは、

実は真逆かもしれないと
屈折した考えを持つようにしているです。

とはいっても、
自ら子供や家族に嫌われにいくのも
しんどいですから、、

今のままでいいのだと思います。

ただ、一つ言えることは、

子供や家族を優先するのか?
世間体を気にするのか?
我道を進んでいくのか?

どちらにしても、僕は、

=============================
今はこうしなくちゃいけないじゃなくて
こうしたいを選びたい。
=============================

と考えています。

もちろん、そう思っていても
難しい時もあるかもしれません。

それでも、

ちょっとわがままになり

「俺はこうしたい!」

という欲に、
許可を与えることが

・新たな一歩踏み出す
・何かを劇的に変える
・新しい自分を手に入れる

“大きなきっかけ”になると思います。

つまり、僕の判断基準は
『我道を行く』です。

誰になんと言われようと
やりたいと思ったらやる。

絶対ムリだと反対されても
やりたいならやる。

そして、

自分だけは自分を
思いっきり信じる。

僕は今、彼女と一緒に住んでいますが、
仕事をする時は、

「絶対に話かけないで!」

と、けっこう強めに伝えています。

その代わり、ご飯時は
思いっきり話を聞いてあげる。

そして、定期的に、
まだみたこともない景色に
サプライズで連れて行ってあげる。

美味しいものを食べに
最低でも月に2回はおしゃれして外食する。

そんな、傍から見たら、、

「ちょっとそれひどくない??」

と思われる関係性でも
仲良く過ごせているので、いいのかなと。

家族や恋人との在り方に
僕は口出しできませんが、、

それでも、

あまり世間体に左右されずに
我道をいくことを意識してみるのもアリです。

いや、、そうしないと
たぶん変わるものも変わらないです。

それぐらい、僕らの中に、
常識という悪魔は蔓延っていますから。

『疑う力』

2020年鍛えていきましょう。

良い人と思われる行動をするほど、
自分を苦しめていることに気づいていきましょう!

いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

追伸:

年末に購入していた、
ウッドの世界地図を壁に貼りました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.instagram.com/p/B7RLBIIA9Bd/

こんなん見ると、、
海外行きたくなります、、。
(もうすぐ南米ツアーだぁー!)

それにしても、
部屋がいっきに華やかになりました。

毎日仕事をしている自宅は
できる限り、素敵な空間にしたい。

自分の大好きな空間での
仕事は確実に成果に繋がります。

部屋が汚いなんてもってほかです。。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。