上手いコピー(文章)の定義

大山です、

一昨日から、
先輩の結婚式で地元宮崎に
帰っていましたが、

今日、福岡に帰ってきました。

「起業して、、
社長しているんでしょ?」

「太ったね、、(笑」

と久しく会った人に
いろいろ言われたのですが、、

========================
今どんなことしているの?
========================

って一番聞かれたのですが、

ズバッと答えられない自分がいて、、
ちょっとモヤモヤしちゃっています。

コピーっていっても
分からないだろうし、、

Web系とかいっても、、、
曖昧で余計、、
混乱させるだろうし、、

など、、考えていると、、

「俺って何してるんだっけ?」

っと自分でも
わからなくなったり、、(笑

端的にわかりやすくいえば、

売上・集客アップを支援する
Webコンサルタントやマーケッター、
セールスコピーライター

なんだろうけど、
これ、、いっても分からないよなぁ、、
と思いながら、、

まぁいろいろやっています。
と濁してしまいました。

7年前の僕が、、
Web系とかコンサル系と言われても
「?」きょとんとしてただろうし、、

Web系とかコンサル系を
まったく知らない方に
ズバッと伝えるのって難しいなぁ、、と。。。

コピーと一緒で、言葉も
相手に伝わらないと意味がない。

僕的には良いコピーとは
伝わるコピーだと思っています。

何をいっているか?
分からないものではなく、、

発信側が伝えるだけの
一方的なコピーではなく、、

相手の頭に入り
相手目線で相手がわかる言葉と
言いまわしで、、

一発でストンっと腑に落ちるコピー。

これが良いコピーなんですよね。

最近は、、みんな、、
強い単語を使ったり、、
珍しい言いまわしを使うなどの

語彙力が高い=良いコピー

って風潮があるけど、、
伝わらなかったら、、無意味。

自己満足ではなく、、
他者満足。

僕も、、まだまだだけど、
これを意識するだけで、、

頭一つ抜き出る文章を書くことが
できるでしょう。

ポイントはそんな肩肘はらずに
自分の言葉と相手の言葉を融合し

目の前の人に話すように
書いていくこと。

そんなニュアンスを大切にしながら、
僕もメルマガ書いています。

伝わるコピーが良いコピー。

これぜひ、覚えておいて
くださいね。

さて、、、ちょっと
仕事が溜まっているので、

ちゃっちゃとやれること
やっていきますかー!

頭切り替えてやっていきます。

来週はパートナー生との
卒業旅行で北海道ですからね。

それまで、自宅にこもり
ガリガリくんになりまっせ!

それでは、またメールしますね。

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

追伸:

今回の帰郷、、

僕のFB投稿をすべてみてくれたり
活動を応援してくれる方もいて、、

大きなパワーをもらえ
MAX充電することができました^^

みんな良い意味で
変わってなくて、、、

結婚したり、、
新たな仕事に挑戦したり、、
同じ仕事を突き詰めてやってたり、、

様々な人生を歩んでてて、、
かなり良い刺激をもらったなぁ。

僕も、もっと
自分がやっていることや
やってきたことを答えられる人間に
ならなきゃって思いましたよね。

素晴らしい機会を作ってくれた
大先輩のTさんには、感謝しかありません。

ご結婚おめでとうございます^^
そしてこれからもよろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。