人を動かす原理原則

大山です、

世界的名著である「人を動かす」の
著者であるデール・カーネギーは、

「人を動かす秘訣は、自ら動きたくなる気持ちを
  起こすことーこれが秘訣だ」

と言っています。
僕もその通りだと思います。

誰かに強制されたり、
押し付けられたりするのは大嫌いです。

あなたも嫌いですよね?

そもそも、
即決で物事を決めることが
できる人はなかなかいません。

例えば、、

あなたが30万円の高額ビジネススクール
の案内を聞き終わった後。

30万は高額なので
スクールに入学するかを悩みますよね?

悩むのが当たり前です。

ここでちょっと考えてもらいたのですが、
「どうしようかな?」と悩んでいる時に

A.訪問セールスのように
 ガミガミ高圧的にまくしたてられる

B.現状を伺い、スクールに入ったあとの
 未来をイメージさせてあげる

あなたはAとB、
どちらが前向きに考えられますか?

多くの人は「B」だと思います。

では、カーネギーが伝えている
自ら動きたくなる気持ちにさせるには?
どうすれば良いのか。

それは、、

「 スクールに入ったらこういう未来が待っています。
 ですので、一緒にやりましょう。
 全力でサポートしますから。」

というようなことを
誠心誠意伝えてあげるのです。

つまり、、
自ら行動を起こしてもらうために、

==================
 未来を描いてあげる
==================

最終的に申し込みやお問い合わせをすると、
どんな未来が待っているのか?

ということを具体的にわかりやすく
イメージさせてあげるのです。

ただし、、、

このようなことは、

すでに知っていることかもしれません。

僕がお客様に行動してもらうために
最も大切にしていることは、

【お客様の背中を押してあげる】

不安な気持ちを理解してあげ
一歩踏み出す勇気をサポートしてあげるのです。

これは、文体(セールスコピー)でも同じです。

「一緒にやりましょう。」
「不安なのは分かります。」
「私を信じてください。」

という不安を払拭し
安心させられることを伝えるのです。

===========================
相手の気持ちを理解した上で
そっと背中をしてあげる
===========================

これが最終的に行動してもらう秘訣です。

一流セールスコピーライターのマインドは、
読み手の気持ちにフォーカスしてみること。

常に読み手の目線でライティングしています。

なぜなら、、
たった一文で、読み手が感じる感情が180度
変わるのを知っているからです。

まずは、読み手が知りたいこと、聞きたいこと、
言って欲しいことをベースにライティングしてみてください。

それだけでも
反応が劇的に変わるでしょう。

いつも最後までお読み頂き
ありがとうございます。

セールスコピーライター
大山祐矢

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。