危険な小遣いアプリの見分け方6選【騙されたくない人だけ見てください】

インターネットが普及した今、僕らは小遣いアプリでお金を稼げるようになりました。
「でも、大山さん、、稼げると言っても、子供のお小遣い程度でしょ?」そう思っている方もいるかもしれません。

しかし、小遣いアプリには想像以上に夢があります。驚くべきことに、スマホ1つで数百万やそれ以上を稼ぐ人もいるんです。あなたは、イチナナライブというアプリをご存知でしょうか。

CMも放映されている、あの有名なライブ配信アプリですね。イチナナでトップに立つライバーの方々は、なんと数千万や数億円を稼いでいます。月収や年収じゃないですよ。

なんと、1回のライブ配信で、です。凄すぎて想像もつかない話ですよね。
このように、小遣いアプリには果てしない可能性が広がっています。「スマホのアプリ」という参入のしやすさ。

そしてそのアプリが持つ、果てしない可能性。そういったものに惹かれて、お小遣いアプリを始めた方も少なくないでしょう。たしかに、お小遣いアプリに夢があるのは事実です。

しかし、ここで残念なニュース。すべてのお小遣いアプリが必ずしも安全とは言えないんです。
昨日まで普通に運営されていたアプリが、ある日突然消える。個人情報を盗まれる。そのような、危険なアプリも存在します。

「頑張ってお金を貯めたのに、換金する前にアプリが消えてしまった…」
「詐欺に引っかかった…」

こういったことに巻き込まれても、誰もあなたを助けてくれません。最悪、泣き寝入りするしかなくなってしまうのです。
お金を稼ぐために始めたのに、逆にお金を取られてしまった。貯めていたお金が突然ゼロになり、大切な時間だけを無駄に消費してしまった。

そんな結末は、誰もが避けたいはずです。でも、ご安心ください。今回の記事を読めば、そういった危険なアプリに手を出す確率がぐんと減ります。
この記事では、危険性がある小遣いアプリの見分け方を6個解説します。

スマホでお金を稼いでみたい。でも、怪しいアプリに引っかかりたくない。
そんな方は、ぜひ最後までご覧ください。

危険性がある小遣いアプリの見分け方

それではさっそく、危険性があるお小遣いアプリの見分け方を解説します。

  • 詐欺に合いたくない方。
  • お金を持ち逃げされて、泣き寝入りしたくない方。

ぜひ、メモを片手にご覧ください。

見分け方1:会社情報やアプリ情報が怪しくないかどうか

見分け方の1つ目は、「会社情報やアプリ情報が怪しくないかどうか」です。

当然ながら、運営会社が怪しいアプリは危険性が高いです。

  • いつ倒産するかわからない。
  • 公開している情報が少なすぎる。

そのような会社のアプリは使わないようにしましょう。アプリを運営する会社の情報。
こちらはアップルストア、グーグルプレイのダウンロード画面で見ることができます。

まずは、きちんと情報を公開している会社かチェックすること。
資本金や住所がしっかりと書かれているかチェックしましょう。

情報が少ない会社は、何かトラブルがあった際すぐに逃げられてしまいます。また、誕生から極端に日が浅い会社も危険です。

最低でも3〜5年は運営されているものの方が良いでしょう。こちらは会社だけでなく、サービスそのものにも言えます。
長く続いているサービスは、それほど多くの人に利用されている証拠。

比較的安心できるものだと言えるでしょう。そのほか、会社やサービスに悪い噂が流れている場合も注意が必要です。

  • サービスに欠陥がある。
  • 会社が、過去に問題を起こしたことがある。

問い合わせた際、ずさんな対応をされた。
そのような口コミや情報が多く流れている場合は、利用しない方がよいでしょう。運営会社の名前やアプリの名前で、一度はグーグル検索してみることをおすすめします。

見分け方2:換金のハードルが高くないかどうか

見分け方の2つ目は、「換金のハードルが高くないかどうか」です。

お小遣いアプリは、アプリ内で貯めたお金を口座などに振り込むことでお金がもらえるのですが…
この換金のハードルが高いと、いくらやってもお金にならないという事態につながるんです。

この「換金までのハードルが高い」という特徴は、主にポイントサイトのアプリでよく見かけます。

例えば、あるポイントサイトでは…換金額が5,000円以上。抽選に当たらないと、換金ができない。そういったシステムのものもありました。

これらはかなり悪質で、換金までに果てしない労力を費やすことになります。

ポイントサイトは、お小遣いアプリの代表格です。
その手軽さから、多くの人が利用しています。ゲームをしたり、動画を見たり、リンクをクリックしたり…

このような簡単な行為だけでお金がもらえるのが魅力です。「リンクをクリックするだけで、お金がもらえる。」このように言うと、夢のような話に思えるかもしれません。

しかし、ここには大きな罠があるんです。
それこそが、「換金額が高い」という点です。いくら簡単にポイントが稼げても、換金額まで続けられなければ意味はありません。

お金になるまで、「ポイント」というものはスマホに映る文字でしかないからです。一度やめてしまえば、今までに消費した時間はすべて水の泡になってしまいます。

ポイントサイトの広告で、このようなものを見たことがないでしょうか。
「登録だけで5,000ポイントプレゼント!」
1ポイントが1円だった場合かなり惹かれる情報ですよね。

ちょっと登録するだけで5,000円がもらえるなんて、こんなに美味しい話はありません。
しかし、ここにはある策略が隠れている場合がほとんどです。

このようなお小遣いアプリは、換金額が15,000ポイントなどに設定されていたりします。
つまりあと10,000ポイント稼がないと、初めにもらえた5,000ポイントは消えてしまうのです。

「やめずに続ければいいじゃないですか!」そう言われるかもしれません。しかし、それは簡単ではないんです。
ポイントサイトには、一つの行動で0.5ポイントや1ポイントしか貯まらないものもザラにあります。

たとえば、ワンクリックで0.5から1ポイント貯まるシステムがあるとしましょう。このアプリの最低換金額は、10,000ポイント。
この場合…10,000回から20,000回クリックしなければただの時間の無駄になってしまいます。
もちろんこれは極端な例ですが、そのくらいのリスクがあることは知っておいてください。

また、どんなに根気強くても換金できないときがあります。それは、運営会社が潰れてしまったときです。会社が潰れてしまえば、今までに貯めたポイントはどこにも残りません。

高い換金額を目指して続けることには、大きなリスクがあると覚えておいてください。

見分け方3:今でも公式に動きがあるかどうか

見分け方の3つ目は、「今でも公式に動きがあるかどうか」です。

アプリの公式サイトやSNSで、今でも運営に動きがあるかチェックしてみてください。
運営側に新たな動きが見られない。このような場合は、経営が停滞している可能性が高いのでご注意ください。突然つぶれる危険性もかなり高いです。

定期的なアップデートや、公式からのアナウンスがあるアプリの方が安心できるでしょう。

見分け方4:今でも多くの利用者がいるかどうか

見分け方の4つ目は、「今でも多くの利用者がいるかどうか」です。

多くの利用者がいるアプリは、それほどまでに多くの人から愛されているという証拠です。
もちろん、「利用者が多ければ必ず安全」とは言い切れません。

しかし、それでも信頼度は高めだといえるでしょう。
目安としては、50万人から100万人ほどの利用者がいると安心ですね。また、「昔は人気だったけど今はそうでもない」
このようなアプリも注意が必要。サービスが終了する危険性があります。

よって、現在進行形で多くの利用者がいそうなアプリをおすすめします。

見分け方5:プライバシーマークがついているかどうか

見分け方の5つ目は、「プライバシーマークがついているかどうか」です。

プライバシーマーク。

こちらは、個人情報を適切に扱っている会社に与えられるマークです。これが見られる会社やサービスは、比較的安全であると言えるでしょう。

お小遣いアプリではお金が発生する以上、さまざまな個人情報を登録する必要があります。
個人情報の扱いが粗末なアプリに登録すると、最悪情報漏洩につながるリスクも。
当然ですが、個人情報の扱いがしっかりしていないアプリは絶対に避けるべきです。

見分け方6:有効期限が短すぎないかどうか

見分け方の6つ目は、「有効期限が短すぎないかどうか」です。

多くのお小遣いアプリには、有効期限が存在します。
ここでの有効期限とは…「決められた期限までに換金しないと、今まで貯めたお金が失われてしまう」というシステムを指します。

有効期限があること自体はそこまで珍しくありません。

しかし、悪質なアプリだとその期限があまりにも短すぎるんです。
相当必死でやらないと、期限内に換金額まで貯めることができない。
毎回期限を過ぎてしまうため、何度やってもゼロに戻ってしまうシステム。

そんなのは無賃で労働をしているのと同じで、時間の無駄です。
「こんな有効期限じゃとても貯められない!」一度でもそう感じたら、潔く切り捨てることをおすすめします。

まとめ

では、今回のまとめです。
危険性のあるお小遣いアプリの見分け方は、全部で6つ。

1つ目:会社情報やアプリ情報が怪しくないか

公開している情報が少ない。このような会社は、怪しいですよね。トラブルにきちんと対応せず逃げられてしまう可能性が高いです。

また、誕生からいくらも立っていない会社やアプリも危険です。逆に、長く続いている会社やアプリはそれほど多くの信頼を得ているとも言えます。できる限り、長く続いている会社のアプリを選ぶようにしましょう。

そのほか、ネット上で悪い噂や口コミが出回っていないかもチェックしてください。

2つ目:換金のハードルが高くないか

換金までに5,000円以上かかるもの。抽選で当選しないと換金できないもの。
そんな悪質とも呼べる換金システムも存在します。
換金ができなければ、どんなに稼いでもそれはただの数字にしかなりません。

換金までのハードルは、始める前に必ずチェックしましょう。

3つ目:今でも公式に動きがあるか

SNSや公式サイトのお知らせなどを見て、今でも動きがあるか必ずチェックしてください。
公式が放置しているアプリは、終了する可能性が高いからです。

また、終了はしなくてもサポートがずさんになっている可能性もあります。
トラブルがあった際まともに対応してもらえないことも考えられますよね。

4つ目:今でも多くの利用者がいるかどうか

多くの利用者に愛されているアプリは、それほど多くの信頼を得ています。

「利用者が少ないアプリ」イコール「危ない」ということではありませんが、少ないよりは多い方を選ぶのが無難です。
50万人から100万人程度の利用者がいるアプリを選びましょう。

5つ目:プライバシーマークがついているか

プライバシーマークは、個人情報を正しく扱っている会社に与えられるマーク。
金銭のやり取りが発生するお小遣いアプリでは、個人情報の登録が必須です。
このマークがあるところを選び、個人情報の漏洩を防ぎましょう。

6つ目:有効期限が短すぎないかどうか

簡単に稼げる代わりに、ポイントの有効期限が短すぎるアプリがあります。
有効期限がすぎてしまえば、今まで苦労して稼いだお金は0円になってしまいます。本当に期限内にお金が稼げるのか。

それを早めに見極めることが重要です。

今や、スマホ一つでお金が稼げる時代。しかし、そのすべてが安全でないのは確かです。
今回の記事をしっかりと見返して、安全にお小遣い稼ぎをしていきましょう。

お小遣いアプリを上手く利用すれば、大きなお金を稼ぐのも夢ではありません。
あなたのお小遣い稼ぎが上手く行くことを祈っています!

今回のこの記事を動画にしました。ぜひ、チェックしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。