発信者側の盲点…

大山です、
 
先週末に自宅で
セールスコピーライター
最速デビュー合宿ってのを開催しました。
(限定3名満員御礼ありがたや〜)
 
はじめての挑戦で
ドキドキだったのですが無事に
終了できたことに
 
まずはほっとしています。
 
お忙しい中、参加していただき
ありがとうございました!
 
 
んで、開催して思ったことですが、
単にネットで情報発信しているだけでは
ダメなんだなと改めて思いました。
 
僕は主に、
 
メルマガ、サイト、Facebook
書籍などで発信しています。
 
ただ、発信しているだけで
その後の不安や恐怖なんて全然解消できていない。
 
頭では分かっていたつもりですが
こういったリアルの場では、、、
 
そのことをガツンっと感じました。
(不甲斐ないなと…)
 
 
ハウツーとかステップとか
伝えても最終的に行動するのは難しいなと。
 
だから、実際にあってみて
感じてる不安や恐怖の解決策を
示してあげないといけない。
 
そう、改めて思ったんですよね。
 
 
セールスコピー業界で
よく言われている、
 
1:100%読まない
2:100%信じない
3:100%行動しない
 
これら3つの壁を超えられないなと。
 
いろいろ学びになった合宿でした。
 
しっかり行動まで導くために
どんなことをしなければいけないのか?
 
これを今一度、
見つめ直し伝えていかないといけませんね。
 
やっぱり、伝える側が一番の学びになります。
 
参加してくださった方に
心から感謝です。
 
本当にありがとうございました。
 
それにしても
笑いの絶えない合宿だったなぁ。
 
素晴らしいお客さんに
恵まれている僕は幸せものです。
 
セールスコピーライター
大山祐矢
 
追伸:
 
記念の写真撮影、、、
 
自宅で自撮り棒(笑
 
なんかシュールで笑いでましたが、
最後までやりきりましたよ^^

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。