お返しします。

大山です、

ルッルールルルルル♪
ルルルールルルルルルー♪

繊細で耳に残るメロディの
「すずめの戸締まり」を鑑賞してきました。
https://suzume-tojimari-movie.jp/

あの、新海誠監督
約3年ぶりとなる新作アニメです。

大山の率直な感想は、

「これまでの新海誠作品とは、
180度違うものを描いているな、、」

でした。

あくまで、個人的な感想ですが
これまでの新海誠監督は

=============
災害に抗う物語
=============

を、描いてきたと思うんです。

『君の名は。』では、

隕石が落下し死亡してしまう
ヒロインを救うために、

時を越えて災害を未然に
防ごうとする少年の奮闘。

天気の子』では、
豪雨災害を防ぐために
人柱となったヒロインを救う
少年の決意。

新海誠監督の作品は、

「時間」「自然」「社会」
「死」「現実」など、、

個人ではどうすることもできない
“不条理”に抵抗する少年少女を
主人公とした物語が多かった。

ですが、今回の
すずめの戸締まり
で描かれていたのは、

“不条理”を受けいれ、
どう向き合っていくのか

という、物語でした。

ネタバレになるので
多くは語りませんが、、

すずめの戸締りでは、
「地震」という災害がテーマです。

名指しではないものの、
12年前に起きた東日本大震災
と分かる描写も多数ありました。

つまり、、本作では、

===================
すでに起きてしまった災害
===================

を、描いています。

それによって心に傷を負ったり、
大切な人を亡くした人々が、

どのようにその現実を受けいれ、
向き合っていけばいいのかが
語られていました。

新海誠監督も
とある雑誌のインタビューで
こう答えています↓

===================
3年後では遅い!
今でないと手遅れになる
===================

「震災は、全ての日本人にとって
自分や世界が書き換わってしまう巨大な経験だった。

今でも、鈴芽(ヒロイン)のように
胸の中で町が燃え続けている人もいるだろうし、

まだ生々しいものとして
内側にある人も少なくないと思う。

それほどの経験を
観客と共有できなくなってしまうかもしれない。

でも今ならまだ
ギリギリ共有できると思ったのです。

高校生の鈴芽は、
僕の観客とほとんど同じ世代。

彼女の胸の中に
まだ燃えているのであれば、
それを知らない世代でも
想像が及ぶのではないか。

3年後では遅い。
今でないと手遅れになってしまうし、

今なら自分たちにも
作ることができる、と考えました。

その上で、震災孤児としての
ヒロインをどう描くかは、想像を尽くすしかなくて。

自分自身ならどうなっていただろう。
そう考えて、、、作りました。

==========================

「すずめの戸締り」:
https://suzume-tojimari-movie.jp/

年末年始に観る映画として
イチオシです。

ぜひ、観てみてください。
もの凄く、考えさせられます。

なーんか、、聞き覚えのある
イントネーションだなと思っていたら、、
僕の地元の宮崎弁でした(笑

地元、宮崎にスポットライトが
当たるのはとっても嬉しいですね。

いつもありがとうございます。

追伸:

件名の「お返しします」の意味は
映画館で確認してください。

この一言にたくさんの想いが
込められています。

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。