大山祐矢 個人ブログ

他人の人生を生きる無意味さ

大山です、

「人は自分のことしか考えられない」

最近読んだ本の中での一文。

この言葉を聞き、
あなたはどう感じましたか?

僕にはスーッと心の中に
入ってきました。

ここでいう、
自分のことしか考えないというのは、

なにも自己中心的、利己的に生きろ
という意味ではありません。

そもそも、、
人は自分のことだけ考えて生きている。

自分のことだけに集中して
生きるしかないということ。

なぜなら、、未来なんて誰にも
わからないから。

だったら、、、

・自分が「正しい」と信じること
・自分が「後悔しない」好きな道
・自分が「必要だ」と感じるもの
・自分が「こうだ!」と決めたこと

をやるしかありません。

その結果がどうであれ
すべては自分が責任を負うことになる。

つまり、

===========================
他人やほかのことなど
言い訳することができない
===========================

『あなたは自分のためだけに生きている』

こんなことを言われたら
当然、、、『反論』もあると思います。

僕も人間です。

「誰からも反論されたくない。」
「多くの人に理解されたい。」

そう思うこともあります。

しかし、、それでは
生きている意味がない。

せっかくこの世に生まれてきて
“いち個人”が自由に発信できる時代。

その理を活かさないのは
僕は死んだも同然だ!

だから、僕は自分が感じたこと
腑に落ちたことを本音で伝えます。

ベストセラー本「嫌われる勇気」で
承認欲求を否定するという話があります。

まさにこれかなと思いました。

============================
誰かの期待を満たすために生きるのは
他人の人生を生きること
============================

なので僕はあえていう。

「もっとわがままに自分の人生を生きろ」

それは自然な形であり、
恥じることはないこと。

なぜなら、人は自分のために
生きているのだから。

自分だって自分が満足するために生きている。
他人だってそれは同じ。

だから、自分の思った通りに
他人が動いてくれることなんてない。

それに対する対処法もない。
諦めるしかないんです。

他人に期待することは無意味。
だったら自分ですべての責任をもち
自分の生きたい人生を生きた方が良い。

その方がよっぽど
人生は上手くいくのではないか?

僕はそう思っています。

========================
成功はいつも逆境からはじまる
========================

「あなたの次の一歩は」なんですか?

セールスコピーライター
大山祐矢

執筆者
大山祐矢
大山祐矢
セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。

今すぐ無料で受講する

トップへ戻る