動画編集、、実は稼げません。

今日は『動画編集』の実態についてお伝えしていきます。

動画編集は稼げるのか?

現在、YouTubeの発展により、、様々な動画をアップする人が増えています。もしかしたら、あなたも

  • 『飼っているペットの日常』
  • 『キャンプにいってみた!』
  • 『〇〇やってみた』

といった動画をYouTubeにアップしたことがあるかもしれません。

『ユーチューバー』という職業は、小学生のなりたい職業に選ばれるくらい知名度が高くなっています。また、ユーチューバーとまで言わなくても、自分の日常を動画で記録して、ネット上に残しておく人も増えています。

この動画の記録は、ビデオ(Video)+ ブログ(Blog)で『ブイログ』と呼ばれていて、ブイログをしている人を『ブイロガー』とも言います。

「ユーチューバーと何が違うの?」と思うかもしれませんが、ユーチューバーは他の人に動画を見せることを目的にしています。一方、ブイロガーは自分の生活の記録を中心にしていることが大きな違いです。

こういった状況からも、『今は、動画の時代だ』誰もが口を揃えていっています。その影響で、副業の世界では、
「動画編集は稼げる」と断言されています。You Tubeをみてみても、「かなり儲かる。」「月50万から100万稼げる。」みたいな動画がたくさん溢れかえっています。

そういった情報をみると、本当に動画編集ってそんなに稼げるんだろうか?と思いますよね。今日の動画はその結論を僕的意見で360度の角度から吸い上げてお伝えします。

動画編集の実態

まず最初にお伝えしておきますが、副業で3万円から5万円ぐらいを稼ぐことに関しては動画編集は最適です。動画編集業界はかなりホットですし、YouTubeには多くの有名人が参入してきています。そういった流れはこれからも続いていくでしょう。

ただ、本業として、動画編集で年収1000万円を達成するのはかなりハードルが高いです。稼げる・稼げないというのは
いくら稼ぎたいのか?によると思います。これは人によって考え方がさまざまで、ある人は「今の給料以上」かもしれないし、別の人は「月に数万円」で良いのかもしれません。

ただ、僕自身の稼げるラインとしては、年収1000万円は超えないと、稼げるとは言えません。年収1000万というのは
一つの目標ラインですし、やっぱりビジネスする以上超えなければいけないラインだと思っています。

そこで、今回は年収1000万円を『稼げる』ラインとします。それを踏まえ、今回の記事では、

  • 動画編集では稼げない3つの理由
  • 動画編集で稼げるようになる方法

について詳しくお伝えしていきます。

動画編集者としての年収1000万円の具体的な道を知りたい方は、最後までご覧ください。

動画編集では【稼げない3つの理由】

まず、これについてお伝えします。

稼げない理由1:労働収入だから

1つめの理由は『労働収入』だということです。『労働収入』は自分の時間を使って稼いでいく方法なので、言ってしまえば、アルバイトの時給と一緒です。つまり、稼げる天井が見えているということです。

実際はアルバイトとは違って、契約までの営業活動や発注者さんと編集内容についての打合せなどがあるので、動画編集だけをやっていればいいという訳でもありません

これは多くの人が見逃している事実なのでぜひ覚えておいてください。

稼げない原因2:単価が低い

かつて、動画編集するには、高価な機材を必要としていました。高性能のパソコン+編集ソフトで40~50万円かかっていた時代もあったんです。ですが今は、そこそこのパソコンと動画編集ソフトがあれば誰もが簡単にスタートできるようになりました

ですが、、初期投資が安くなった代わりに、仕事の単価も安くなってきています。経験が無いときに仕事を取るには、1本2,000円くらいにしないと仕事が取れません。

もちろんスキルアップしたら単価 1万円以上もらえることは可能ですが、それまでには時間がかかります。そもそも年収1000万円いくには単価1万円でも果てしない道のりです。

稼げない原因3:誰でもできるから

実は、僕もYouTubeを始めてすぐ自分で動画編集をしていました。ネットや本で勉強し、一人である程度のスキルを身につけることができました。

そういった経験則から判断すると、、動画編集を覚えるのは、案外簡単です。なぜ?簡単なのか?と言い切れるのか?というと、すべてコンピューターがやってくれるからです。エフェクトなども演出もドラッグ&ドロップで一発でできます。

何ができる?どこにある?どう使う?が分かれば誰もが驚くような動画を作れます。結婚式のムービーを動画好きな友人に頼んだら、、ある程度良いものができた。そんな話聞いたことあると思います。それが答えです。

趣味の延長線上である程度の動画はつくれちゃいます。ただ、本当に好きでないと継続できないです。ここが肝になってくると思います。

これからも動画編集者としてスタートする人はどんどん増えるでしょう。そうするとライバルが多くなってくるので、同じ編集内容なら単価を安くしないと仕事が取れなくなってゆきます。

突き抜けた動画編集者になるためには

これら3つの原因を聞くと、ちょっとガッカリしてしまった人もいるかもしれません。ですが、動画編集の仕事を入り口にして、『年収1000万稼げる』ようになるのは可能です。ここからは年収2000万以上の僕が考える突き抜けた動画編集者になる方法をお伝えします。

もし仮に、僕が動画編集者として年収1000万円を稼ぐなら、今からあげる3つの方法をつかって稼ぎます。

ヒント1:誰を顧客にするか?

稼げない原因の1つが『単価が低い』なので、単価を高くしなければいけません。そのために、意識して欲しいのは、誰を顧客にするか?です。

単純にクラウドワークスで仕事を探すとかTwitterでアプローチするような、誰もが考えつくようなことではありません。高単価で受注できる人・業界はどこにいるか?を考えるのです。

たとえば個人ではなく、企業を相手にするとかはいいでしょう。個人での受注は、YouTubeの動画投稿、ブイログの編集止まりですが、企業になるだけで、全く別の市場に生まれ変わります。

企業が必要としている動画は求人の際の社長や社員のインタビュー動画がいいでしょう。またセミナー・講演などをやっている方を相手にするのも良いです。

編集だけではなく、撮影込みにはなりますが、それだけで年収1000万円を軽く超えている人なんてゴロゴロいます

コンビニで水は100円でしか売れませんが、砂漠で水を売ったら10倍の1000円でも売れます。どんな市場・分野・人を顧客にするか?これは忘れないでください。

ポイントは仕事をとるのではなく、誰と繋がるか?これを意識してみてください。すべてのビジネスは何をやるか?ではなく誰とやるか?で成功が決まってきます。

これを腹の底から落としこめた時に年収1000万円の道が見えてきます。

ヒント2:仕事をしない

年収1000万円を稼ぐには、仕事をしない選択が必要になってきます。これは、稼げない原因の労働収入問題を解決するものです。

もうお分かりだと思いますが、世の中で稼いでいる動画編集者は自分で編集をやらない選択をあえてしています。会社・チームとして仕事を受注し多くの案件をまわしています。

最初からやらない選択をするのは難しいかもしれませんが、、自分がやらなくても仕事がまわる状況を作るのは必須です。そのために、動画編集スキルを身につけるのではなく仕事をとれる人になる必要があります。仕事が取れれば、自ずと
スキルをもっている動画編集者が集まります。

スキルを覚えれば、仕事がとれると勘違いしていますが、仕事がとれるからスキルがあがるんです。自分で編集をやらない
仕組みを構築し集客だけに特化していってください。

ヒント3:スキルを売る

ある程度スキルがあり、受注の実績もあがってきたら、そのスキルを売ることをしていきましょう。つまり、動画編集で身につけたスキルや仕事受注のノウハウを販売します。

最近は動画編集スキルを学べるオンラインサロンをみかけますが、、これでは、稼ぐことはできません。オンラインサロンはほぼボランティアといっていいでしょう。

ちょっと厳しい意見をいうと、打ち出し方、売り方が下手くそです。世の中がオンラインサロンで溢れかえっているのに、やるなんて言語道断

どういった目的をもってやっているのかはわかりませんが、、スキルの限界があるのに、月額のサブスクリプションで売ってしまうのはとてももったいないです。

3ヶ月などの講座スタイルで蜜に関係をもちながら伝える方がよいです。密な関係性になるので自ずと高額を取らざるえなくなります。コンセプトをしっかり練れば1回のプロモーションだけで数千万は余裕でいきます

まとめ

いかがだったでしょうか?

「年収1000万円は稼げない」とは言いましたが、月に数万円程度は余裕で得られるので、副業やフリーランスのスタートアップには激推しです。

みんなが使っている動画編集ソフト、Adobe Premiere Proなら、3万円払えば1年間使えます。パソコンや動画編集に苦手意識がなければ、副業としてはじめてみてもいいんじゃないでしょうか。

ただ、先々のことも含め、年収1000万円達成できる道を歩んでいってください。目先の月3万円よりも1年後の年収1000万をとるかですね。

どちらにしても、あなたが自分の力で稼ぐための1歩踏み出すことを楽しみにしています。

今回の記事を動画にしていますので、こちらも見てみてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。