【完全初心者OK!】クラウドワークスで稼げるジャンル4選

「クラウドワークスを始めてみたけれど、自分にできる仕事が分からない…」「初心者だと報酬が安くてまったく稼げないんじゃないの?」そういったお声をたくさんいただきます。

クラウドワークスには200種類を超えた様々なカテゴリの案件があります。そして、案件数は常に8000件以上も募集されています。圧倒的な案件数があるので初心者でも挑戦しやすいのですが、選び放題すぎて、どこから手をつけて良いのか
分からなくなる。。応募したけど、、、なかなか受からない。

そんな悪魔のループに陥ってしまう初心者の方が多いです。そもそも、あなたは知っていますか?クラウドワークスで稼げるか?稼げないかはジャンル選ぶで決まっているということを。初心者がジャンル選びを間違えてしまうと、全く稼げない。そんな恐ろしい現実が待っています。

そこで、今回の記事では、多くのカテゴリから初心者でも比較的稼ぎやすいジャンルを4つ厳選しました。テーマは、「完全未経験の初心者」でもクラウドワークスで稼げるジャンル4選今回紹介するジャンルは、

  • 自分の好きなこと
  • 得意なこと

を生かしてお金を稼ぐこともできます。また、あなた自身のスキルアップにも繋がり長期的な成功も手に入れられます。「大山さん、、そんな都合のいい話なんてあるのでしょうか?」という声が聞こえてきそうですが、、大丈夫です。安心してください。

この記事を最後までご覧いただければその不安をすべて払拭します。それでは、さっそくスタートします。

クラウドワークス稼げるジャンルその1

まず1つ目のジャンルは難易度が低い「タスク案件」クラウドワークスに登録してまず最初に取り組むべきなのが「タスク案件」です。クラウドワークスで募集されている案件は大きく「タスク」と「プロジェクト」の2種類に別れます。

タスク案件は応募してから契約という流れではありません。言ってしまえば「勝手に」作業をして完了すればお金がもらえます。

特徴は

  • 誰でも取り組める
  • 単発の仕事である
  • 決められたフォームに入力していく簡単な作業がほとんど
  • クライアントとの打ち合わせが必要ない

ということ。

具体的な作業内容は

  • アンケート
  • 体験談
  • 口コミ

など、取り組みやすいものばかりです。ですから、初心者はまず始めに「タスク案件」に挑戦しましょう。中には、「これでお金がもらえるの?!」と驚くほど楽しく取り組める内容も多いんです。「このドラマを見た感想」「この漫画を読んだ感想」「なんでもいいからあなたの髪の毛についてのエピソード」「おすすめの飲食店や旅行先」などなど、自分の趣味に合わせて楽しくできる案件もたくさんあります。

誰でも取り組めるという点から、単価は高くなく1件数百円の案件が多いです。しかし、空き時間にタスク案件をこなして1日500円でも稼げればどうでしょう?ついつい立ち寄るコンビニでの出費や日々のランチ代の足しになりますよね。タスク案件で着実に実績を増やしていく。そうすると、その後に応募する高単価な案件にも通りやすくなります。

続いてはある程度タスク案件に慣れたあと、「もう少し高単価な案件を目指したい」「せっかくやるならまとまった金額が欲しい」という方へ向けたジャンルを紹介します。高単価な案件に挑戦することで、「ハードルが上がるのかな…」と心配な方。お任せください。

ここからも”初心者、ノースキルでも十分に稼げるジャンル”だけを紹介していきますよ。

プロジェクト案件

高単価を目指す方は「プロジェクト案件」に応募していきましょう。プロジェクト案件はタスクと違って”契約”という段階があります。募集されている案件に応募して採用されたら契約成立。そこから作業をスタートするという順序です。

タスク案件との違いは

  • 応募をして契約を結ぶ
  • 報酬が高い
  • 成果によっては継続的に仕事を依頼される

といった点です。ここで一度クライアント側の立場になってみましょう。毎回、新しい人に一から説明するのは大変です。作業の要領が分かっている人に継続でお願いする方が説明の手間が省けますよね。ですから、実績が少なくても大丈夫。成果次第で継続で依頼がくることも多いです。

ここからはそんなプロジェクト案件の初心者でも稼げるジャンルをご紹介します。

クラウドワークス稼げるジャンル2

もっとも取り組みやすく、かつ高報酬を期待できるジャンル。それが「ライティング」です。ライティングはその名の通り、文字を「書く」仕事です。

  • 記事作成
  • データ入力
  • モニター

が代表的です。Webメディアが発達している現代。様々な企業サイトやブログ、SNSなどがビジネスに使われていますよね。そのため、ライティングの案件は無くなることはありません。むしろ、これから需要はさらに高まっていくでしょう。

ライティングのジャンル

将来性もあるライティング。ここからはライティングの中でもジャンルを3つに分けてご紹介します。

①:記事作成

まず1つ目に紹介するのが記事作成。ライティングの中でも多くの案件が募集されています。記事作成には説明しきれないほど幅広いジャンルがあります。

例えば

  • 漫画、ドラマ、アニメ、映画のあらすじや紹介文の作成
  • 転職について
  • ゲームの攻略法について
  • サービスや美容品、健康食品のモニター

そのほか

  • お酒
  • スポーツ
  • 旅行
  • 恋愛

に関する記事など、あらゆるジャンルのライティング案件があります。単価は1文字○○円と表記されることが多いです。初心者の場合、まずは1文字0.5円から挑戦していきましょう。0.5円から1円の間の案件はクライアント側の要求が少ないです。なので、初心者歓迎!と書かれている案件も多いです。

「文字単価ってイメージがつかない…」という方もいると思うので、軽くシミュレーションしてみます。文字単価0.5円で5000字の記事を書いたとします。すると、1記事で2500円の報酬がもらえる計算になります。例えば、2500円の案件を週1ペースでこなしていくと月に1万円は余裕で稼げますよね。

1件数百円のタスクで1万円を目指すのは遠い道のりですが、プロジェクトだと手が届きそうと思いませんか?記事作成の魅力は他にもあります。自分の趣味や興味があるジャンルの案件に応募すれば趣味の延長線上で作業ができます。

アルバイト・本業で得た知識や自分の好きなことを生かせるのは素晴らしいことです。この通り、資格や経験など特別なスキルがなくても問題ないです。そして記事作成は知識があるジャンルでなくても大丈夫なんです。”ネットで調べた情報をまとめる”それさえできれば、誰でも記事作成で稼げます。

  • 自分の興味のある案件を選べる
  • 需要が非常に高い
  • 継続で依頼される可能性が高い

ということから初心者が稼げるジャンルとして記事作成をおすすめします。

②:文字起こし

ライティングのおすすめジャンル。続いて2つ目は文字起こしです。「文字起こし」は録音された音声を文章に起こしてまとめる仕事です。

  • 会議の音声
  • インタビュー動画
  • Zoomの講義
  • Youtube動画

などを視聴し、文字にして提出します。タイピングが得意な方にはもってこいの案件です。文字起こしは自分で文章を考える訳ではありません。ですから、頭を使わずに作業ができるのも良いところです。お分かりの通り文字起こしも特別なスキルは必要ありません。タイピングができれば大丈夫です。

コツコツ淡々と作業することが得意な方にはとても向いている案件です。記事作成に自信がない方はデータ入力・文字起こしから初めてみるのも良いですよ。

③:モニター

ライティングのおすすめジャンル。3つ目は、サービスや商品のモニターです。モニターは、実際に無料でサービスや商品を試し、口コミの記事作成を行うという案件が多いです。

  • 動画配信サービス
  • ゲームアプリ
  • スキンケア商品
  • ダイエット用品

などなど・・・

無料で色んなものを試して感想を提出することでお金がもらえる。一石二鳥のジャンルとも言えるのではないでしょうか。

クラウドワークス稼げるジャンル3

3つ目は、デザインやイラスト作成。こちらは一見、「スキルが必要なんじゃないの?」と思いますよね。確かに、絵や美術が苦手な方にまでおすすめ!と言える訳ではありません。しかし、デザインに興味があったり絵を描くことが好きであれば初心者でも稼げる案件はたくさんあります。

例えば

  • 企業のロゴ作成
  • SNSのアイコンにする似顔絵作成
  • Youtubeのサムネイルで使用するイラスト作成

などは、初心者歓迎の案件として多く募集されています。「小さい頃から絵が得意で褒められてたなぁ」「本業はまったく違うことをしているけどデザインの道を考えたことがある」という方は楽しくやりがいを感じて稼げるのではないでしょうか。

記事作成と同じく、SNSやYoutubeのイラスト作成は需要が高いです。デザイン・イラスト作成もこの先長く稼いでいけるジャンルです。

クラウドワークス稼げるジャンル4

覆面調査です。こちらは”覆面”つまり、調査員として一般客に紛れて調査を行います。「一体どんな調査をするの?」「調査って難しそう」と感じる方もいるでしょう。具体的な作業内容は

  • 指定されたセミナーに参加する
  • 脱毛サロンのカウンセリングを受けに行く

などがあげられます。そのあとに

  • どのような流れだったか
  • 対応はどうだったか

について感想を提出します。中には「スーパーの売り場の調査」という簡単な調査もあります。「そんなことも仕事になるの?」とびっくりしますよね。簡単な調査は、単価が数十円から数百円と安めです。ですが、その分気軽に取り組める案件ですよね。

お店や会場へ直接足を運ぶ必要がある案件は単価も高くなります。お時間がある方にはおすすめです。覆面調査も感想や実際の流れを提出するだけです。なので、スキル不要で空き時間に稼ぐことができるジャンルと言えます。

悪質案件には注意

ここで一つ注意点。クラウドワークスは案件数が多い分、クライアントの見極めが大事です。ライティングのジャンルでは、「テストとして5000字を100円で書いてください」という、内容と報酬が見合っていない案件。モニターのジャンルでは、「よくわからないサイトへの登録が必要」という怪しい案件。こんな案件もあるのが実情なんです…

そんな時はまずクライアントのページに飛んでみましょう。クライアントの今までの評価や実績を確認することで悪質案件を避けることができます。そして何より、クラウドワークスには他にも何千という案件があります。納得して作業できる案件に応募していくようにしましょう。

まとめ

今回は、「完全初心者がクラウドワークスで稼げるジャンル」についてお話しました。自分に合うジャンルをつけ出すことで、

  • 本業には出来なかったけど本当はやりたかったことで稼げる
  • スキルアップし、転職や復職に向けた自信がつく
  • 時間の有効活用ができる
  • 生活費、娯楽費を増やせる
  • 貯金を増やせる

など様々なメリットに繋がります。自由に過ごしていた時間を少しずつクラウドワークスでの作業時間に充ててみてはいかがでしょうか?

まずは最初の一歩を踏み出すこと。恐怖や不安はあると思いますが、一歩を踏み出さなければ現実は変わりません。あなたのできることでいいので、最初の一歩を踏み出してみてくださいね。あなたのクラウドワークスでの成功を応援しています。

ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。