【あと12時間】“新メルマガ術”は本日まで

=========================
“新メルマガ術”速習2dayセミナー
オンラインプログラム

完全終了まで【あと12時間】
10月27日(火)23時59分まで:
https://cf.zeroichi-01.com/1634970005057
=========================

大山です、

本日23時59分をもって、
完全終了といたします。。。

“新メルマガ術”速習2dayセミナー
オンラインプログラム。

破格の値段で
手に入れることができるのは、、、

今日まで。

この機会を
逃さないようにしてくださいね。

 

これまでお伝えしてきた通り、
メルマガ術は、

全てのライティングの
基礎となります。

その証拠に、、、

ゼロイチ株式会に
新しく加わった
チームメンバーには、、

まず、メルマガを
書いてもらっています。

そこで、ライティングの実力や
どんな目線を持っているか?

が判断できるんですよね。

「全ての基礎と言われても、、、
あまりイメージできません…。」

わかりました。

では、、、
その具体的な話を
していきますね。

==========================
ポイント1:
相手目線でものを言う
==========================

多くの人は、何かを
伝えるときに、、、

『自分目線』に
なってしまいがち。

  • この情報を知ってほしい
  • この商品を買ってほしい

でも、、、
その言い方では、独りよがりの

わがままライティングに
なってしまいます。

大切なのは、、、
相手(読者)の目線を持つこと。

・どんな情報を
喉から手が出るほど
欲しているのか?

・どんな商品だったら、
思わず購入してしまうのか?

そういった目線を持って
伝えなければいけません。

“たった1人の読者”をイメージして
とことん向き合う。。。

それをしなければいけないのが
メルマガライティングです。

 

==========================
ポイント2:
上から目線にならない
==========================

メールで何かを”伝える”
となると、、、

人にものを教える
“先生”のポジションに
ならなければいけません。

だから、、、

『上から目線』に
なってしまいがち。

自分が偉そうにする
つもりはなくても、、、

相手からすると
不快な言い方・高圧的な言い方を
してしまっているかもしれません。

読者は「偉そうな人」から
何かを教えてもらいたい

なんて思いません。

「上から目線になっていないか?」

常に自分自身の言動を
見直していく必要があります。

==========================
ポイント3:
メルマガ読者の属性を考えて発信
==========================

メルマガ読者は、
何かの情報を知りたくて、

メルマガを見ています。

それとは、
全く関係のない情報を
伝えられると、、、

「えっ!?
いきなり何??」

っと混乱してしまいます。。

例えば、
ダイエット情報を知りたくて
集まっているメルマガリストに、、、

いきなり株式投資の話を
しだしたら?

誰もついてこない
ことでしょう。。。

メルマガ解除する人が
続出するはずです。

どんな情報を知りたくて
集まっている人たちなのか?

そこをきちんと
知っておく必要があります。

==========================

これらの話は結局、、、

セールスレターや
ランディングページでも

同じことが
言えるんですよね。。

  1. 相手目線で考えて、
  2. 上から目線にならずに
  3. 属性(ターゲット)のことを考える

それを意識することで、、

売れるレターや
成約率の高いLPを
書けるようになっていきます。

僕はそうやって、、、
メルマガからライティングの基礎を
学びとりました。

「セールスコピーの
腕を磨きたい!」

そう思っているのであれば、、、

メルマガ術を身につけておいて
間違いないでしょう。

“新メルマガ術”を手に入れる:
https://cf.zeroichi-01.com/1634970005057
(残り12時間ほどで完全終了)

いつもメールを読んでいただき
ありがとうございます。

ゼロイチ株式会社
大山祐矢
(沖縄・一棟貸しVillaより)

ABOUTこの記事をかいた人

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。