コピーライティングの書き方(文章術)

コピーライティングの練習方法:上達するには?独学は難しい?

「セールスコピーライターになりたい!でも、どうやって勉強すればいいの?」、「やっぱり独学は難しいのかなぁ」と疑問に感じるのではないでしょうか?できるなら、何事も効率的に学びたいですよね。

本記事では、セールスコピーライティングが上達する具体的な練習方法についてご紹介します。

この記事を読めば、あなたはセールスコピーライティングのスキルを最短で身につける練習方法がわかるようになります。ぜひ最後まで目を通してくださいね。

セールスコピーライティングが上手になる練習方法

セールスコピーライティングが上手になる練習方法は、大きく分けて3つあります。

これからセールスコピーライティングを勉強するあなたのために、具体的な練習方法を順番にご紹介します。

1. インプット:勉強する

まず初めにやるべきことは、セールスコピーライティングについての原理原則・基礎知識を学ぶことです。

そもそも、勉強もせずにやみくもに文章を書いたとしても、セールスコピーなんて書けませんよね?

たとえば、あなたが英語を話せるようになりたいとします。あなたはどんな行動をしますか?

  • 英語を学ぶための本を買う
  • 英会話スクールに通う

といった行動をとるはずです。セールスコピーライティングも同じです。まずは、専門書を読み、セールスコピーライティングについての原理原則・基礎知識を学ぶことから始めましょう!

2. 結果が出ているレターを写経する

次に、セールスコピーライティングの練習方法として有名なのが、「写経(しゃきょう)」です。写経とは、売れている広告やセールスコピーをそっくりそのまま書き写すことです。

写経で得られる効果は2つあります。

  1. 言葉の使い方がわかる(語彙力があがる)
  2. どのような順番で書けばよいかわかる

では、この2つを具体的に説明します。

言葉の使い方がわかる(語彙力があがる)

語彙力(ごいりょく)とは、「ある言葉に対し、どれだけ多くの種類の単語で表現できるか」という力のことです。

たとえば、「わたし」という言葉は、「わたし」以外にも「小生」、「自分」、「僕」、「ウチ」などたくさんの言い方があります。

写経をすることで、「結果の出ているレターではどのような単語が使われているのか」を知ることができます。よって、語彙力を上げるには、写経をするのが一番早い方法です。

どのような順番で書けばよいかわかる

セールスコピーライティングはある程度、型が決まっています。人を行動させる文章を書くには、読み手にとって適切なタイミングで最適な言葉を使い、感情を動かすことが重要です。

この一連の流れを写経することで、少しずつセールスコピーの書き方がわかるようになってくるのです。

あなたは子供の頃、” 何度も繰り返しノートに漢字を書く練習 ”をした経験はないでしょうか? これは、繰り返し書くことで、身体に書くことを覚えさせるという効果があります。

コピーライティングもこれと同じで、繰り返し書くことで身体が覚えるため、自然とセールスコピーが書けるようになります。

ただ、ここで注意しなければいけないことが1つあります。それは、必ず結果が出ているレターを写経することです。

「なんとなくこのセールスレターが気に入っているから」いう理由で、反応がいまいちなレターを写経しても時間の無駄になります。

なぜなら、セールスコピーライターで一番大事なのは売上を上げることだからです。必ず反応の良いレターを写経するようにしてくださいね。

3. アウトプット:実践する

「基礎知識を得る・写経をする」といったインプットをした後は、必ず ” 実際に自分で文章を書く ” という実践をしてください。インプット(勉強)してばかりでは、セールスコピーライターとは言えません。

たとえば、知識ばかりが先行して結果を出せない人のことを「ノウハウコレクター」と言います。

本を読んだり写経をしたりしているだけでは、セールスコピーライターとしての経験を積み、実績を得ることなんてできません。

実際に書くことができて初めてセールスコピーライターとしての実績を積むことができるのです。アウトプット(実践)するまでが、本当の意味でのインプットだと思ってください。

コピーライティングは独学では難しい

コピーライティングは、独学でも学ぶことはできるのでしょうか。結論から言うと、「独学では難しい」です。

では、なぜコピーライティングは独学では難しいのでしょうか。この項では、その理由と解決策について詳しくお伝えします。

独学では正解がわからない

「セールスコピーライティングを独学で学んでいても何が正解かわからない」というのが本音です。

なぜなら、独学だとセールスコピーライターとしての経験がないので、自分の書いた文章に自信を持つことができないからです。「本当にこのやり方であっているのか?」と常に不安がつきまといます。

たとえば、ピアノを習う人達は、曲を弾く練習をしたあと必ず先生に聞いてもらいます。

先生に聞いてもらうことで、曲を弾くうえで重要な「音の強弱、指の使い方、ペダルの踏み方」などを客観的にみてもらうことができるからです。また、自分では気づけなかった至らない点を的確に教えてもらうこともできます。

コピーライティングも同じです。自分の書いた文章を第三者にみてもらい、意見やアドバイスをもらいます。そこで初めて、自分の上達具合が客観的にわかり自信がつくのです。

遠回りをして挫折してしまう

また、独学だとスキル上達に非常に時間がかかります。その結果、セールスコピーライターになること自体諦めてしまう可能性があります。

自分では正しいと思って勉強していても、実際には、それが間違っている恐れがあります。最初の方向性を間違えてしまうと、その後どれだけ頑張っても結果につながりません。つまりボタンを掛け間違えるとムダな努力になってしまいます。

絶対にそうはなりたくないですよね。

何を学ぶにも先生・コーチが必要

途中で挫折しないためにも、何かを学ぶときは必ず先生やコーチに学ぶのが一番の近道です。

先生やコーチから学ぶということは、すでに持っている専門知識やノウハウをそのまま教えてもらうことができます。また、自分の文章を客観的にみてもらい、的確なアドバイスをもらうこともできます。

プロゴルファー石川遼さん、プロ野球のイチロー選手など、プロとよばれるスポーツ選手には、必ずコーチが存在します。

一流のプロスポーツ選手でさえ、コーチが必要です。第三者の意見がなければ、一流の方でも間違えてしまうことがあります。

もしあなたが、一流のセールスコピーライターになりたいのなら、その道のプロに教えてもらうことが一番の近道なのです。

コピーライティングの上達の最大のコツは

コピーライティング上達の最大のコツをご紹介します。

ご紹介するコツを忠実に続けられる人は必ず「一流のセールスコピーライター」になることができます。ただ、ほとんどの人はできません。だからこそ、できる人だけが成功するのです。

とにかく書く

コピーライティング上達の最大のコツは、「とにかく書く」ことです。これに尽きます。実践に勝る上達法などありません。

自分が得た知識を実際に書いてみる。つまり、「インプット ⇒ アウトプット」を何度も繰り返し、文章を自力で完成させることで上達していくのです。

絵が上手になりたければ、たくさん絵を描く練習をしますよね? コピーライティングも同じで、たくさん書かなければ上達しません。

書くことでさらに知識が深まり、コピーライティングのスキルが上がります

成果が出るまで諦めない

成功するまで絶対に諦めてはいけません。結果が出るまで努力し続けた人だけが成功できるのです。

発明王エジソンは、電球を作るために失敗した数はなんと2万回になります。2万回という気の遠くなる実験を続けることができたからこそ、電球を発明することができたのです。

成功するためには失敗はつきものです。何度も失敗を繰り返すことによって成功に近づけると考えるようにしましょう。

数千万円を稼げるビジネスなためそう簡単ではない

セールスコピーライターは、数千万円というお金を稼ぐことができる職業です。ただし、そうなるためには地道な努力が必要になります。

なぜなら、ビジネスで成功してお金を稼ぐためには、スキルを身につける必要があるからです。

たとえば、医者や大学教授といった、一般的に高収入と言われる職業は、就くまでに資格を取得する必要がありますよね? 誰でもなれるわけではなく、努力してスキルを身に付けた人だけがなれるのです。

なにもせずに大金を稼げる、ということはまずあり得ません。そういう言葉の裏には必ず落とし穴があります。もし、あなたが「たくさん稼ぎたい!」と思っているのなら努力をして、スキルを磨きましょう。

コピーライティングを効率良く上達するためには

コピーライティングスキルを効率良く身につけるにはどうすればいいのでしょうか?

この記事を読んでくれているあなたには、スキル習得までに遠回りをしてほしくありません。効率よく学ぶ方法は必ず知っておきましょう。

スクールや通信講座を受ける

コピーライティングスキルを効率良く身につけるためには、スクールや通信講座を受講することをおすすめします。

スクールや通信講座は、すでにスキルを習得するための教材がそろっているうえに、適切な順番で学ぶことができるからです。

また、前述したように、スキル習得までに遠回りをすることもありません。

そして、通信講座のメリットとして、「自宅で受講できる」ということが挙げられます。日中忙しい会社員や主婦の方でも好きな時間に勉強できるため、簡単に始めることができます。

効率的に学びたいのなら、お金をかけてスクールや通信講座を受講しましょう。早く成長したければ、自己投資は必須です。

セールスコピーライターの無料メルマガを読む

結果を出し続けているセールスコピーライターの無料メルマガを登録してください。

メルマガを読むことで、どのように文章を書いているか学べるうえに、スキル上達に役立つ情報が無料で手に入れることができます

そして、メルマガを登録したら是非やっていただきたいことがあります。

  • 何度も読み返すこと
  • メルマガを写経すること

メルマガは、内容も大事ですが、コピーライティングのテクニックを無料で学ぶことができます。前述した写経の効果は、メルマガからも得ることができます。

ぜひ、お気に入りのコピーライターを探してメルマガを登録してみてください。あなたもいつか、メルマガを発行することがあるかもしれません。その際には、必ず役に立つでしょう。

コンサルティングを受ける

コンサルティングを受けるという方法もあります。コンサルティングは、その道の専門家・プロから直接指導を受けることができます

無料や独学で学ぶ場合、3年かかるかもしれません。しかし、コンサルティングを受けることで正しい方向に導いてもらえます。そのため、独学では3年かかるものが1年でできる可能性があります

コンサルティングは高額ではありますが、それ以上に得られるものがあります。

まとめ

セールスコピーラィティングの練習方法についてお伝えしました。

セールスコピーライティングは立派なスキルであるため、だれでも簡単に習得できるものではありません。コツコツ努力を積み重ねることができる人だけが習得できるものです。

しかし、一度このスキルを身につければ、一生ものになります。さらに、スキルを磨き続ければ、年収1000万円も夢ではありません

もし、あなたが「人生を変えたい!」と強く思うのなら、セールスコピーライティングのスキルを身につけてみてはいかがでしょうか。

絶対に損はしないと思いますよ ^ ^

執筆者
小谷 美佳
小谷 美佳
サイト運営者である大山さんの著書「セールスコピーライター成功戦略」を読んだことをきっかけに、セールスコピーライターという職業を知る。「働く場所・時間に縛られない。さらには人の役に立てるセールスコピーライターになりたい」という強い思いを抱く。文章のわかりやすさに感銘を受け、大山さんの指導のもとセールスコピーライターになることを決意。現在は、数少ない女性セールスコピーライターとして活動中。女性目線の言葉・言い回しでセールスコピーを書けるよう、日々精進している。2児の母親であり、子育てにも奮闘中。

今すぐ無料で受講する

トップへ戻る