「大山祐矢は詐欺」「怪しい」という評判・口コミの真実

「大山祐矢は詐欺」「評判は?怪しいって本当?」

Googleで検索すると、そんな記事がたくさんヒットします。これをみているあなたも、もしかするとそんな疑問を抱えて検索したかもしれません。

申し遅れました、ゼロイチ株式会社の山崎と申します。僕は大山さんの一番近くで活動している人間です。大山さんのメンバーで近くにいる身として、、、見過ごせません。なぜなら、事実と異なる部分が多すぎるから。。(この記事は僕の独断で書いています)

でも、実はそんな記事がアップされているのには、“とあるカラクリ”があるんです。この記事では、「大山祐矢は詐欺」「怪しい」という評判・口コミの真実を暴露していきます。

大山祐矢は「詐欺」「怪しい」口コミがある理由

まず大前提として、大山祐矢さんは、詐欺もやっていませんし、怪しいこともしていません。至極当たり前のことですが、改めてお伝えしておきますね(笑)

「でも、、、火のないところに煙は立ちませんよね?」

そう疑惑の目を向ける人もいることでしょう。まずは、「詐欺」や「怪しい」といった記事が上がっている理由についてお伝えしていきます。

理由①:有名どころを叩いて注目を集める

「大山祐矢は詐欺」「ゼロイチ株式会社は怪しい」そんな口コミがアップされる理由はこれに尽きます。有名どころを叩いて、注目を集める戦法だから。

なぜそんなことをするのか?それは、、、注目を集めるのに“手っ取り早いから”。

無名の人間が影響力を持つ、多くの人の注目を集めるのは大変です。本来であれば、コツコツと有益な情報を発信して、読者・視聴者の信頼を少しずつ得ていく。そして、影響力を持っていくのが王道です。

それは、、、

  • ブログ
  • YouTube
  • Twitter
  • インスタグラム
  • Facebook
  • Voicy

なんでもそうです。

ただ、コツコツ情報発信したとしても、それでうまくいくかどうかは別の話。試行錯誤しながら、多くの人が興味を持つようなことを発信し続けなければいけません。

そこで、「すでに有名な人につっかかることで、いち早く注目を集めよう!」っと考える人間が出てくるわけです。。。

だから、大山祐矢を詐欺呼ばわりしているサイトを見つけたら、他の記事を見てみてください。大山さん以外にも、影響力のある人を片っ端から叩いています。そこに正義はありません。自分が注目を集めるために他人を平気で蹴落とすことしか考えていないからです。

「でも、、、それなら、きちんとした形で有名人と絡めば良いのでは?」

たしかに、それが一番です。でも、彼らがあえて有名人を”叩く”のには、理由があります。それが、、、

理由②:逆張り

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57418690Q0A330C2CC1000/

『逆張り』という戦法。大多数が持っている意見や考えとは逆をつくことで、注目される手法です。(元は株の投資方法で使われていた用語です。)

ある程度影響力を持っている人は、それなりに多くの人から支持を得ています(じゃないと有名にはなれない)。だからこそ、「叩く」「蹴落とす」「酷評する」といった手法を取って、注目を集めます。

「イチロー選手は野球が上手いです。」と言われても、当たり前のことなので、誰も見向きもしません。でも、、、「イチロー選手は、実は野球が下手なんです。」と言われると「えっ!?」っと興味をそそられますよね。

これが逆張りの効果です。

かつて、世界中で新型コロナウイルスが大流行し始めた頃、コメディアンの志村けんさんが亡くなりました。その際に、多くの日本人は悲しみに暮れました。ただ、そんな中、、、

「志村けんさん死亡。おめでとうございます」

そんな不謹慎なタイトルで動画をアップするものがいました。当然、非難轟々。動画は削除されました。でも、、、皮肉なことに、結果として注目を集めることはできています。

これも逆張りの一種です。

倫理に反するやり方で注目を集める。それを平気でする人がいる。そんな仕組みだと言うことを知っておいてください。

「いや、大山祐矢さんに関するサイトを見ましたが、信憑性のある情報がありましたよ?」

そう思う方もいるかもしれません。これに関しては、次のような手法が使われています。

理由③:声の切り取り

詐欺サイトがよく使う手法として「声の切り取り」があります。声の切り取りとは、『ごく一部の少数意見を、さも大多数のことかのように言うこと』

例えば、99人満足して1人不満を抱えていたとします。もちろん99人が、、、

「大変勉強になりました!」
「こんな有益な情報は初めてです!」

という意見だったとしても

「大山祐矢なんて詐欺だ!全然良くない!」

という1の意見を、取り出して誇張するやり方です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
大山祐矢の情報を取った人からは、こんな意見が出ています。
「大山祐矢なんて詐欺だ!全然良くない!」
みなさんいかがでしょうか?
こんな人間信用できないですよね?
・・・・・・・・・・・・・・・・・

っといった具合です。

これは、、、古くからメディアでもよく使われる手法。悪しき習慣とも言えます。
メディアの切り取りに関して、こんな有名な画像があります。

きちんと、全体を把握できている人はいるものの、どうしても騙されてしまう人が一定数います。そこをつけ狙ってこんな情報を発信するのです。

ただ、ここでの問題は、少数とは言え酷評の声があるのも事実ということ。

ゼロイチ株式会社は、2021年時点で、メルマガ読者が1万5千人、YouTubeチャンネル登録者が3万人以上を抱えています。当然、マイナスな意見も出てくることでしょう。

そのマイナスな意見をかき集めて誇張する、、、それが“声の切り取り”の手法です。

大山祐矢の悪い評判・口コミを解説

では、実際に書かれているものを参考に、解説していきます。

見方によっては、悪い評判に対する言い訳に聞こえてしまうかもしれません。カッコ悪く見えてしまうこともあるでしょう。

でも、他人を批判して注目を集める・アクセス数を増やす様なものは、ほとんどが“詐欺サイト”です。まともな商売をしていません。騙される人を少しでも減らすために、真実を伝えます。

大山祐矢の電子書籍・本

「大山祐矢がアマゾンで売っている本が怪しい。書籍が無料~99円で売るなんてあり得ない!」

そんな意見を見かけました。まず、電子書籍を買った人は分かりますが、怪しい要素は一切ありません。ちょっとだけ深い目的を言うと、書籍販売による印税も目的ではありません

「大山さんの本、ためになりました!」
「これを元に活動したいと思います!」

っという“信頼”が目的です。

情報の伝達が早い時代で、真っ当なビジネスをしなければ生き残れません。確かな情報を提供しないと意味がありません。

そのため、99円キャンペーンなどを行いできるだけ多くの人に手に取ってもらう。そこで、「大山祐矢に対する信頼」を持ってもらうことを目的としています。

ちなみに、「電子書籍がAmazon1位を取れたのは、仲間に頼んだからだ。金額が安いからだ」という意見もありました。これに関しては、ちょっと惜しいです(笑)

まず、金額を安く設定しても、仲間に頼んでも、Amazonランキングで簡単に1位が取れるわけではありません。それで取れるなら、出版する人全員が行っています。

ただ、、、大山祐矢さん(ゼロイチ株式会社)に関しては、1万5千人のメルマガ読者と3万人以上のYouTubeチャンネル登録者がいます(2021年10月時点)。そのため、、全くの無名の人が出版するよりも、購入してくれる人が多いというのは事実としてあります。

でも、それだけの読者・登録者を集めるためには、コツコツと有益な情報を発信し続けなければいけません。他人を批判して注目を集める詐欺サイトとは大違いです。人から得ている信頼がまるで違います。

大山祐矢のセミナー

「セミナーに行くと、煽りに煽ってさらに高額セミナーを売るアフィリエイターだ」という文言がありました。

アフィリエイト:他社の商品を紹介して、その売り上げの数%をフィーとしてもらうこと

セミナーでアフィリエイトなんて行なったら、信用ガタ落ちです。せっかくゼロイチから学びたくて集まっている人に対して、別の人を紹介するなんて失礼極まりないですよね。。。

ビジネスの流れも用語もよく分かっていない人が書いているのかもしれません。

ゼロイチ株式会社の住所

「大山祐矢のゼロイチ株式会社は、存在するのか?住所の実態が怪しい!」なんて意見もありました。

ゼロイチ株式会社の住所はこちらです。

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前3丁目7番35号 博多ハイテックビル505

これに関しては、バーチャルオフィスです。大山祐矢さんは、会社として経費を抑えるために“自宅兼オフィス”といった形で家で、仕事をしています。住んでいる家に関しても赤裸々に公開しています。

ただ、、、現在のこの家が法人登記できません。そのため、バーチャルオフィスを借りて、そちらにて登記しています。現在は娘さんも生まれたので、自宅ではなく事務所を探しているそうで。。。もしかすると、今後バーチャルオフィスから実際の事務所へ会社住所が変更になるかもしれません。

叩く材料として、住所の口コミを集めている悪質サイトもありましたが(笑)、当の本家がお伝えします。これはバーチャルオフィスです。

特商法

ゼロイチとは違う特商法を載せていたり、、電話番号の記載がないと言い張ったり、、、悪質なサイトは、とにかくありとあらゆる方向で批判しようとします。

ゼロイチ株式会社は逃げも隠れもしません。電話番号記載していますし住所も載せています(2021年10月時点ではバーチャルオフィスの住所)。こちら公式サイトになります。すべての会社情報はこちらに記載してあります。

ゼロイチ株式会社の「会社概要」

ゼロイチ株式会社の「特定商取引法に基づく表記」

Twitterの酷評アカウント

「大山祐矢は詐欺師だ!」と言い張るTwitterアカウントも発見しました。

そして、そのツイートを引用して「ほら、こんな意見もあるでしょ?」と言わんばかりに掲載している詐欺サイトもあります。(声の切り取り)

ひどいアカウントは一例だけでした。それも、短期間に大山祐矢の酷評だけを呟いているアカウントでした。おそらく、批判をするためだけに作られたアカウントです。その証拠に、それ以降パッタリと更新していません(2021年10月現在)。この記事を見て慌てて更新しだすかもしれませんが、、、笑

↓↓↓↓例のTwitterアカウント↓↓↓↓

おそらく、詐欺サイトを作っている人の自作自演アカウントかと思われます。大山さんが発信していた情報をかき集めて、あることないことを呟いているからです。

その証拠に、ツイートされているのが、2019年6月11日〜2019年6月25日の間だけ。大山祐矢さんを批評する内容しか書いていません。そのためにアカウントを作成したようなものです。

そうやって、「あっ!ツイートされてるからやっぱり大山祐矢は怪しいんだ!」という刷り込みをしていきます。

大山祐矢の悪い評判・口コミまとめ

これらのものは、すべて説明できるものばかりです。

ただ、自作自演とは言え“大山批判アカウント”が存在するのは事実です。そして、ゼロイチの住所がバーチャルオフィスであることも事実です。そんな細かい部分を突いて、読者を信頼させます。

では、あなたがもう騙されないように、詐欺サイトの手口を公開します。

詐欺サイトの手口

それでは、他人を批判してアクセスを集める詐欺サイトの手口を紹介していきます。

詐欺サイトの特徴1:他の有名どころも酷評している

「大山祐矢は怪しい」「大山は詐欺という評判が…」

そんなことを言っているサイトで、他の記事を見てみてください。ありとあらゆる人を批判していることでしょう。SEO的に多くの人に検索されるために、名前が売れている人をたくさん批判しています。

無名の人は一切叩いていません。それは、アクセスが集まらないからです。

たしかに、インターネット上の付き合いだけでは「この人、怪しいんじゃないかな?」と思う気持ちもわかります。ただ、そんな心に漬け込んで、かたっぱしから「怪しい」や「詐欺」というキーワードを使って記事を作成しています。

詐欺サイトの特徴2:自社商品に誘導

他者を批評し、自分は「3ヶ月で100万円」という甘い言葉で誘い出す手口

他人を批判してアクセスを集めるような詐欺サイトは、結局自社商品に持ち込むパターンが多いです。

一見すると、「悪徳商材に騙されそうな人を助けます!」「副業詐欺のおまわりさん」なんて正義の味方のようなことを言っています。だからこそ、こんな言葉は使いたくありませんが『情弱』(情報弱者:情報リテラシーやメディアリテラシーに関する知識や能力が十分でない人)な人が騙されてしまいます。

「〇〇な人は怪しい!詐欺だ!気をつけろ」
↓↓↓↓
「的確な情報を掴むことが大切!」
↓↓↓↓
「僕はこんな的確な情報を掴んで稼げました」

ただ、、、ここからは特大ブーメランです。

それを紹介している詐欺サイトは、きちんと顔を出していますか?本名を出していますか?会社名は?特商法は?会社の住所は?電話番号は?散々、他人を叩いているのに、人に言っていることが自分ができていません。

仮にできていたとして、その怪しい商材できちんと結果を出していますか?お客様の声は真実でしょうか?正直、捏造なんていくらでもできます。

「それを言ったら大山祐矢のお客様の声もそうではないか?」

なんて声が聞こえそうですが、ゼロイチ株式会社は絶対に捏造なんてしません。もし信じられないのであれば、ゼロイチ株式会社にお客様の声として出している人の名前をGoogleやFacebookで検索してみてください。

全員実在している人で、実際に結果を出していることも分かります。

詐欺サイトの特徴3:自社のLINEに誘導

「あんな詐欺のところはやめとけ!うちのほうがいいよ!LINEはこちら!」

詐欺サイトの常套手段です。笑ってしまうほど雑な流れですが、、、情報に疎い人は、カンタンに騙されてしまいます。そもそも、根拠もなく他人を批判するような人間が、まともな情報発信をしているとは思えません。

ただ、、、気をつけなければいけないのが、詐欺サイトを運営する人もビジネス知識を持っている、ということです。

  • どうすれば簡単に騙されるか?
  • どうすればコロッと信用するか?

を常に研究しています。それに騙されないためには、僕らが騙されない目を持つことが大切。少なくとも、、、『人を叩いて、自分のビジネスに取り込むビジネスモデル』が、まともではないことは知っておきましょう。

Google検索して出てくる詐欺サイト

検索して幾つか出てくる詐欺サイトをピックアップしました。

NEWS MAGAZINE

セールスコピーライターの大山祐矢は怪しいという口コミ

「大山祐矢 詐欺」で検索するとヒットするサイトです。いろんな他社を攻撃しており、怪しげな商材につなげています。もちろんどの会社の誰がやっているのか、実態は見えないサイトです。

SNSをたくさん行っているプラットフォームのようなサイトに見せていますが、これらのリンクは全て死んでいて、実在しません。

また、「管理人について」っというページがありますが、どこの誰がやっているのか分かりません。顔はおろか名前もわかりません。会社も電話番号も特商法のページもありません。

さんざん他人を攻撃しておいて、「自分だけを信じろ」っという文言まで書いてありました。

図々しさに呆れますが、、、最終的に「3ヶ月で100万円の副業」「4000万円商材」など、怪しさ全開のものに繋げています。まともな仕事をしないので、アイキャッチ画像(記事のトップに表示される画像)すら設定していませんね。

「そんなバカな話に引っかかるわけないだろ…」

と思うかもしれませんが、騙される人がいるからこそこう言った迷惑サイトが生き残り続けています。

副業詐欺110番

https://hukugyo110.com/uncategorized/business-youtuber/


「正義の味方」のような雰囲気を出しつつも、、、


結局、自分へのLINE誘導

「ペイポくん」「れる男くん」というキャッチーなキャラクターを使って、解説しています。「れる男くん」の方に感情移入しやすいように構成されています。110番という名前を使って、さも警察のような権威のある雰囲気を出しています。

ただ、、、結局のところ、検索キーワードが取れそうな他社を叩きまくっています。

そうして、上記のように自社のLINEに誘導しています。当然ながら真っ当なビジネスをしていません。

その証拠に、『副業詐欺110番』は、運営者が顔を出していません。どこの誰がやっているのかもわからないし、そもそもサイトに特商法のページがありません

情報に疎い人を狙った手口ですので、十分に注意してください。

hukugyomatomeのブログ

https://ameblo.jp/hukugyomatome/entry-12658494326.html

こちらも「大山祐矢 詐欺」でヒットしたものです。

ページを見てみると、「何か見たことある内容だな。。。」っと思いましたが、副業詐欺110番のページをほぼコピペしたものでした

どちらが先かは分かりませんが、そもそも真っ当なビジネスをしていません。だからこそコピペという絶対NGな行為を平気で行ないます。

まとめ

大山祐矢さんを、ゼロイチ株式会社を信じる信じないは、あなたにお任せします。

ただ、、、他者を叩いて自社の悪徳商品へつなげる「ハイエナ」のような手口があることを知っておいてください。

彼らは真っ当なビジネスはしません。自分の利益のためなら平気でウソをつくし、甘い言葉もささやきます。(完全自動化で簡単に稼げます、ラクラク月収100万円になりました等…)

「大山祐矢」の名前を使って、悪徳な手法を行っている人が増えてきたので、今回は我慢できずにこの記事を作成しました。被害者が一人でも少なくなることを祈っています。