ステップメール成功のシナリオ作り! 例文を交えて3パターン紹介!

ステップメールのシナリオを作るとき、「どのような内容にしたら効果的か?」と悩んでいる人もいるはずです。また、ゼロからシナリオを作るのは、大変だと感じる人も多いでしょう。

このとき、自分の商品・サービスに適した「参考シナリオ」があれば、ステップメールのシナリオ作りの時間を大幅に短縮することができます。

そこでこのページでは、商品やサービスごとに、「3パターンのシナリオ」を作りましたので例文付きでお伝えします。

シナリオを作るときの注意点:ステップメール送付後のゴールを決めよう

ステップメールを作る前に、どのようなゴールを目指すかを決めておきましょう。つまり、「最後は、読者になにをしてもらいたいのか?」を考えておく必要があります。

なぜなら、読者にしてもらいたいことによって、ステップメールの「シナリオ」が変わってくるからです。

例えば、ステップメールを送るにしても、以下の2つのケースが考えられます。

  1. ステップメール送付後に、商品の購入やサービスの申し込みをしてほしい。
  2. セミナーに来てもらうために、ステップメールで信頼関係を作っておきたい。セミナー募集は、後でメルマガで行う。

 

①の場合、ステップメールの途中から、セールスを開始しなければなりません。

一方、②の場合、ステップメールでは、セールスの必要がありません。読者に有益な情報だけを提供していれば良いのです。なぜなら、メルマガでセミナーの募集(セールス)をするからです。

補足ですが、ステップメールでは、登録した内容を1通目から順番に送ることができます。一方、メルマガは、最新の情報を伝えるのに向いています。両方を組み合わせて使い、信頼関係構築とセールスを上手に行いましょう。

このように、読者にしてもらいたい行動によって、ステップメールの作り方も変わってくるのです。

以下、ステップメールのシナリオを3パターンお伝えします。自分に合うパターンを見つけて、シナリオ作りの参考にしてください。

1.【基本のシナリオ】7回や10回で送る内容を考えてセールスをする

ステップメールは、7回や10回かけてメールを順番に送り、セールスをするのが一般的です。

もちろん、もう少し長い期間をかけても良いですが、基本的にはこの回数で読者と信頼関係を築くようにしましょう。

ステップメールは、毎日1通送る設定でも良いですし、2日に1回のペースで送るのでも良いです。

以下に、ステップメールのシナリオをもう少し具体的にしていますので、良ければ参考にしてください。

ステップメール「基本のシナリオ」の具体例

  • 0通目の内容:ステップメールを送るために、読者にメールアドレスを登録してもらう
  • 1通目の内容:ステップメール登録のお礼、簡単に自己紹介、無料プレゼントの配布など
  • 2通目の内容:読者にとって価値のある内容を発信
  • 3通目の内容:詳しい自己紹介なども盛り込む、ビジネスをやっている理由など
  • 4通目の内容:読者に悩みや問題を再認識してもらう
  • 5通目の内容:読者に悩みや問題が解決した未来を見せてあげる
  • 6通目の内容:問題解決をするための具体的な方法を提案する、セールスの告知もしておく
  • 7通目の内容:メインの読者に向けてセールスをする
  • 8通目の内容:別の角度でメインの読者にセールス、お客様の声などを伝える
  • 9通目の内容:読者に有益な情報を再度配信する(購入者がいることも意識する)
  • 10通目の内容:別の角度でセールス、メイン以外の読者に向けてもセールス
  • 11通目以降の内容:有益な情報を発信しつつ、悩みや問題を気づかせてあげて、時々セールス

 

基本的なパターンは、上記のようになることが多いです。

最初はセールスをせず、読者との信頼関係構築に努めましょう。途中からセールスをする準備を始めて、最後の方でセールスをするのが良いです。

もう少しわかりやすくお伝えするために、以下にステップメールのシナリオに合わせて、メールタイトルの例文を作ってみました。

【ステップメールの例文】英語塾で「TOEIC対策」のコースを販売の場合

  • 0通目の内容:メルマガ登録で、TOEICで高得点を取る秘訣を伝授!(無料プレゼント付き)
  • 1通目の内容:「TOEIC勉強法のメール購読のお礼(豪華無料プレゼント配布)」
  • 2通目の内容:「TOEICの効果的な勉強方法とは? 本番では時間配分がカギ」
  • 3通目の内容:「私がTOEICを勉強し始めたきっかけ、勉強法を人に教えようと思った理由」
  • 4通目の内容:「TOEICの点数が取れないとマズイ3つの理由。会社で昇進できない!?」
  • 5通目の内容:「TOEICで高得点だと優遇される3つのこと。出世でも有利!」
  • 6通目の内容:「TOEICで高得点を取るためには、効率的な勉強が重要」
  • 7通目の内容:「TOEIC対策のコースに参加するメンバーを募集します!」
  • 8通目の内容:「過去の参加者がTOEICで高得点の結果を残してくれました!」
  • 9通目の内容:「TOEIC本番の2週間前に行うべき3つのこと」
  • 10通目の内容:「学生がTOEICで高得点だと就活でも有利! メンバー募集中です!」
  • 11通目以降の内容:「TOEICの試験は、毎回受験するようにしよう!」

 

ステップメールのシナリオを作るとき、参考になる部分があったら幸いです。

2.【セールスをしないシナリオ】読者に有益な情報のみを伝え、メルマガでセールスをする

ステップメールでは、セールスをしないパターンです。セールスは、メルマガで一斉にします。

例えば、「ブログやサイトで集客・販売方法」のセミナーをするときは、半年に一度程度、メルマガでセミナーの募集をします。

ここで、セミナーは低価格にしておき、プログラムの募集をするときに高額販売のセールスをしましょう。低価格で有益なセミナーを開催しておけば、プログラム募集のセールスも比較的簡単にできます。

このように、半年ごとにプログラムがある場合、ステップメールでセールスをするのは難しいと言えます。なぜなら、ステップメールを読み始める時期は、読者によってバラバラだからです。ステップメールの終わりにセールスをしても、セミナーの募集がまだ行えないこともあります。

つまり、ステップメールでは、読者との信頼関係構築だけに努めるのが良いでしょう。読者と信頼関係を築いておけば、半年に一度のセミナー募集でも来てもらうことができます。

このとき、ステップメールの回数は、多めにしておくことが重要です。最低でも、半年分くらいは用意しておきましょう。そうすれば、ステップメールが続いている途中で、セミナーの募集をすることができます。

もちろん、メールは毎日送る必要はありません。最初の方はメール多く送り、途中から週に1、2回程度の配信でも良いです。セミナー募集まで途切れることなく、ステップメールで読者と関係を深めておきましょう。

【ステップメールの例文】ブログやサイトで集客・販売する方法の情報発信

0通目の内容:ステップメールを送るために、読者にメールアドレスを登録してもらう
1通目の内容:ステップメール登録のお礼、簡単に自己紹介、無料プレゼントの配布など
2通目の内容:なぜ、ブログやサイトで集客・販売が可能なのか?
3通目の内容:どのような分野が、ブログやサイトで稼ぐことができるのか?
4通目の内容:無料のブログを使うべきではない。独自ドメインとサーバーを契約しよう!
5通目以降の内容:ブログやサイトで集客・販売するための有益な情報発信

このように、セールスすることなく、ひたすら有益な情報発信を続けるのです。時期が来たら、メルマガで一斉にセミナーの募集(セールス)をしましょう。

3.【時々セールスのシナリオ】ステップメールのストーリーをあまり考えなくても良いとき

ステップメールのシナリオをあまり考えなくても、セールスができる場合もあります。例えば、自分のサイトでFXのアフィリエイトをするときが考えられます。

補足ですが、FX(エフエックス)とは、外国為替(がいこくかわせ)証拠金取引のことです。ドルやユーロなどの外国通貨を交換・売買し、その差益を目的としています。

また、アフィリエイトは、成功報酬型の広告のことです。例えば、自分のサイトやブログを経由して、提携している商品やサービスの申し込みがあったときに、成果報酬をいただけます。

つまり、ステップメールを使って、自分のサイトに読者を誘導するのです。自分のサイトから、FX証券会社の口座開設の申し込みがあれば、成果報酬で収益を出すことができます。

以下に、ステップメールで「時々セールスのシナリオ」の具体例をお伝えします。

【ステップメールの例文】自分のサイトでFX証券会社のアフィリエイトをするとき

0通目の内容:ステップメールを送るために、読者にメールアドレスを登録してもらう
1通目の内容:ステップメール登録のお礼、簡単に自己紹介、無料プレゼントの配布など
2通目の内容:FXのメリット・デメリットは?
3通目の内容:FXで使うべき証券会社の紹介!(メールから、サイトへ誘導・セールス)
4通目の内容:FXで勝つために必要な3つのこと(メールの文末に、サイトのリンクを貼る)
5通目の内容:初心者は、少額取引で慣れよう!(メールの文末に、サイトのリンクを貼る)
6通目以降の内容:FXで役立つコンテンツの配信(メールの文末に、サイトのリンクを貼る)

このパターンだと、ステップメールの3通目以降、ずっとセールスをすることができます。つまり、FXをやるのに必要な知識を提供しながら、オススメのFX証券会社を紹介するのです。これなら、読者に有益な情報を提供しつつ、セールスも一緒に行うことができます。

ここで、アフィリエイトだと報酬単価が低いので、ステップメールは向かないと思う人もいるかもしれません。

一般的に、ステップメールの運営費用だけで、月に数千円かかることを考えると、単価(利益)の低い商品やサービスを売るのは向いていないからです。

しかし、FXのアフィリエイトは、1件の成約で報酬が1万円を超えることもあります。

また、サイトの運営費用だけなら、サーバー代が月に1,000円程度です。そのため、アフィリエイトの売上報酬 = ほぼ利益となります。

つまり、アフィリエイトで報酬単価が高ければ、利益額も大きくなるのです。ここで、ステップメールを導入すれば、売上報酬をさらに伸ばすことができるかもしれません。

たしかに、ステップメールを使わなくても、「グーグル検索から集客をして、商品やサービスの紹介をすれば良い」と言う意見もあります。

しかし、ステップメールを導入したとき、サイトの運営費用と合わせても、月に1万円はかかりません。そのため、アフィリエイトでも、月に10万円程度稼げていれば、ステップメールを検討しても良いでしょう。

仮に最初の数ヶ月、ステップメールを導入して売上が増えなくても、サイト運営で赤字になることはありません。

まとめ

このページでは、ステップメールのシナリオを3パターンお伝えしました。

ステップメールを上手に利用すれば、「顧客との信頼関係の構築」や「セールスの自動化」もでき、あなたの収入を増やす手助けになります。

ステップメールのシナリオを作るのは、少し大変ですが、このページを参考にして良い物を作ってください。1つの商品・サービスを売るにしても、複数のシナリオを作り、反応を見て改善していきましょう。

また、ステップメール同様、「文章だけで人に行動してもらうスキル」のセールスコピーライティングについて、当サイトでは無料でいろいろな情報を提供しています。コピーライティングの知識やスキルが、ステップメールのシナリオを作るときにも役立ちます。

セールスコピーライティングに興味がある人は、ページの下をクリックしてから、「無料の動画セミナー」をご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

木村隆文

セールスコピーライター、コンテンツライター。システムエンジニアとして、約3年半の会社員経験を経て2016年に独立。大学院のときに得た知識を武器にして、自分の「金融系サイト」を運営する中で、読者の悩みに答えて解決策を提案する面白さに気づく。また、大山さんの電子書籍「セールスコピーライター成功戦略」を読んだことをきっかけに、セールスコピーライターも目指すようになる。現在、大山さんの元でコピーライティングの指導を受け、一流のセールスコピーライターになるよう日々奮闘中。