『集客』『売上』が安定しない人へ

大山です、

今年の僕のテーマは、
YouTubeの自動化。

とにかく、自分が動かなくても
YouTubeの動画を投稿し続けるために
仕組みを構築しています。

YouTube動画をアップする際に
絶対に僕がやらなきゃいけないことは、
1つだけです。

それは、話してしゃべること。
撮影です。

ですが、撮影だけしても
YouTubeアップの自動化はできません。

なぜなら、YouTubeを
アップするには、

・YouTube動画リサーチ
・SEO検索キーワード検索
・YouTube台本作成

・目を惹くサムネイル制作
・飽きさせない編集技術

・思わずクリックしてしまうタイトル考案
・YouTubeアップ設定(タグ)

など、、

やるべきことが
めちゃくちゃあるんです。

なので、これをすべて
やっていたら、、正直しんどい。

You Tubeは継続できなければ
苦労はすべて水の泡なので、

『継続するための仕組み』

が必須になってきます。

最初から経費を
かけれない人は、辛抱強く
1人でやるしかないんですけど、、

ビジネス系YouTuberはね、、
みんな優秀な人が多い。

細かいところまで
手を抜かずにしっかりやっている。

そして、現状に満足せず
上昇志向をもっている人ばかり。

だから、クオリティも
必要になってくると考えています。

ってことで、最近は
しっかりと投資しています。

すでにメルマガでお伝えした通り、

・テレプロンプターの導入
(カメラ目線で原稿読める優れもの)

・照明セットを購入
(照明からレフ板、照明専用三脚とか)

機材だけでなく、

・動画編集に1本8000円から1万円

かけています。

そして、最近サムネイル制作も
外注しました。

1枚1000円でお願いしているので
YouTube動画1本あげるのに、
およそ1万円もかかっているんです。

ここまで投資しなくても
良いかもしれませんが、

僕は妥協したくない。

クオリティを上げつつ、
YouTubeの自動化に取り組んでいます。

なぜ?僕がここまで
自動化にこだわるのか?というと、

安定・継続するから。
これに尽きます。

もう少しわかりやすくいうと
“何もしなくても”、、

毎日メルマガリストが
10名以上増えていったり、

セールス自動化で
毎月の収入が安定してくる。

だから、インターネットを使って
ビジネスをする人は必ず

『自動化する』

意識をもっておいた方がいいです。

そうじゃないと

「今月はあまり売上がなかった…」
「最近、、集客できなくなった…」
「頑張っても頑張っても報われない…」

このように、心も身体も
かなり疲弊していきます。

一度やって、稼げるだけじゃなく、
一度やったもので何度もお金を生み出す
仕組みを構築する。

この意識をもつだけで
毎日、あなたの銀行残高が増え続けます。

毎日、見込み客リストが
ナチュラルに集まり続けます。

これは、断言できます。

「なぜ?そこまで断言できるんですか?」

それは、僕のメンターや
周りの上手くいっている起業家は
みんな自動化を徹底しているからです。

そして、今日は自動化の達人と
いわれる船ヶ山さんを紹介させてください。

船ヶ山さんに直接お会いしたことは
ないのですが、

僕のメンターである、
伊勢さん、村上さんとの
繋がりも深い方で、

・ファッション雑誌LEONでの連載
・テレビ神奈川でメインキャスター
・FM横浜ラジオでメインパーソナリティー

でメディア露出多数で、
著書もたくさんだしている、
かなり凄い方です。

現在はお子さんの教育を考え
カナダのバーナビーに在住しています。

そんな船ヶ山さんが

集客・セールス、販売の流れを
全自動化させる

『5つの自動化ビジネス』

について初公開しています。

=======================
自動化できなければ死ぬ
=======================

とまで思っている、
僕にとってはこれ以上ない
情報なので、

僕も全力で学ばせてもらいます。

自動化の方法が解らない。

そう思っている方は
今すぐに下記ページをご覧ください。

メンターの伊勢さんが
激推している方法なので、
絶対に間違いありません。

集客・セールスを自動化し
お金と時間の自由を手に入れる:
http://k2-rise.com/lp/33596/1022126

大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。