コピーライティングの仕事:セールスコピーライターの仕事の取り方

セールスコピーライターは、「言葉の力で興味を喚起し行動を促す職業」です。しかし、ただ単に文章を書くだけではお金を稼ぐことができません。

当たり前ですが、どれほど反応が良い文章が書けるセールスコピーライターでも、仕事が取れなければ、お金を稼ぐことはできないのです。

では、どのように仕事を取れば良いのか? どうやって探せば良いのか? というあなたの疑問を解決していきます。

このページでは主に以下のことについて解説していきます。

  • 2種類のクライアントとは?
  • コピーライティングの募集の探し方
  • セールスコピーライターの仕事の取り方のコツ

特に、実績・結果がなく初めてのクライアント探しでつまずいているセールスコピーライターの方は、最後まで必見です。

クライアントの2つの種類

ここで言うクライアントとは、売上・集客アップを望んでいる社長(企業)です。クライアントは、大きく2つに分けることができます。1つずつ詳しくお伝えします。

レターを書いてほしい社長

セールスコピーライティングを知っていて、セールスレターやランディングページを書いてほしい社長(企業)がクライアントの場合は、比較的仕事が取りやすいです。「セールスコピーライターをしています」というだけで、仕事が取れるケースもあります。

どの社長(企業)も「どのように売上・集客アップをすれば良いか?」を常に考えています。そこで、セールスレターやランディングページ、DM(ダイレクトメール)などを書き、売上・集客アップに貢献するのです。

このように、全ての社長(企業)の「売上・集客をあげるためにはどのようにすれば良いのか?」という悩みを手助けし解決してあげることができます。

コピーライティングを知らない社長

その一方で、コピーライティングを知らない社長(企業)もいます。

ほとんどが、コピーライティングを知らない社長(企業)です。なぜなら、セールスコピーライティングという職業は、日本ではまだまだ知られていないからです。

「セールスコピーライティング」と聞いても、頭の中に??(ハテナマーク)が出てくる社長(企業)がおそらく8割以上です。

このように、コピーライティングを知らない社長(企業)には、次のことを説明してください。

  • どのようなことをするのか?
  • どのような職業なのか?
  • どのようなことに貢献することができるのか?
  • どれほどの結果をもたらすのか?

など、セールスコピーライティングの全てを暴露し、どれほどの威力があるのか? を知ってもらう必要があります。

セールスコピーライティングを知らない社長(企業)に対しては、これらのことを伝えれば、自ずと重要視されます。

コピーライティングの募集の探し方

インターネット社会の今、グーグルで検索すると分からないことがあってもすぐに解決できる非常に便利な時代です。

コピーライティングの仕事を取る際もこのインターネットを使わない手はありません。つまり、家にいながらでも仕事を取ることができます。

では、どのように探せば良いのか? 解説していきます。

求人広告から企業を探す

あなたもネット上で求人広告を見たことがあると思います。ネット上だけでなく、いろんな所で目にする求人広告。その求人広告から企業を探し、仕事を取ることができます。

ただ、「セールスコピーライター募集しています」という求人広告はあまり見かけません。というか、ほぼほぼ無いです。

先述にもありますが、「セールスコピーライター」「セールスコピーライティング」という名前(名称)を知らない企業がほとんどだから。

  • メルマガを代わりに書いてください
  • コンテンツ(記事)を書いてください
  • LP(ランディングページ)を書いてください

という募集をしている企業に対して自分から営業をかけると、比較的仕事が取りやすいです。

他には、「ライター募集」「Web上の文章を考えてください」といった求人広告を出している企業にアプローチメールを送り、仕事を取る方法もあります。

クラウドワークスで探す

クラウドソーシングで有名な「クラウドワークス」で仕事を取るのも一つの手です。

クラウドソーシングという言葉を初めて耳にする方もいるでしょう。クラウドソーシングとは、「ネット上で企業が不特定多数に作業をしてくれる人を募集する場所」になります。

クラウドワークスの他にも「ランサーズ」「クラウディア」などの代表的なクラウドソーシングサイトでも可能です。

なぜ、クラウドソーシングサイトが良いのか? というと、様々な仕事の案件があり、しかも、多数の企業が募集をかけているからです。

厚生労働省が行った調査(平成27年度)によると、クラウドソーシングサイトに登録している企業数は「数十万社」もあります。これほど多数の企業が仕事の募集をかけているサイトは、唯一クラウドソーシングサイトだけでしょう。

クラウドソーシングでは「セールスコピーライター募集しています」という募集はありますが、ごくごく稀です。もちろん、無いときもあります。

なので、クラウドワークスで探す場合「記事作成」というカテゴリーで募集している企業に営業かけると良いです。

記事作成を言い換えると、「文章を書いて欲しい」ということです。そのような企業に対して「文章・文字に強い、セールスコピーライティング」の職業はもちろん、どれほどの売上・集客アップに貢献できるのか、を知ってもらうことで、仕事を受けることができます。

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで仕事を探す際は、「文章・文字関連」の仕事を募集している企業にアプローチしてみてください。

代表的なソーシングサイトは以下をご確認ください。

クラウドワークス:https://crowdworks.jp/

ランサーズ:https://www.lancers.jp/

クラウディア:https://www.craudia.com/

コピーライターの仕事の取り方のコツ

ここまで読んでいるあなたは「仕事を取りたい」「早くクライアントを見つけたい」と強く思っている方でしょう。

そんなあなたに、セールスコピーライターの仕事を取る時のコツをお伝えします。仕事を取る際に活用・実践してみてください。

最初は無料で受ける

一つ目のコツは、まだ実績・結果がないセールスコピーライター向けになりますが、「最初は無料で仕事を受ける」。

まだ実績・結果がないセールスコピーライターにお金を払うのに抵抗がある企業があります。

あなたの所にいきなり占い師と名乗る方が来て、占いをされたとしても信じれますか? お金を払おうと思いますか? それと同じです。お金を払うには、リスクが高いと思われてしまいます。

そのような企業に対して、最初は全て無料でしてあげるのです。そこで実績・結果を残し、信頼を得て次回からお金をいただくことができます。

しかし、中には「無料ではやる気が出ない」「お金をいただけないと自分の中で強制力が働かない」という方もいるでしょう。

そのような方は、無料でセールスコピーを書き、成果報酬として実際に上がった分のパーセンテージ(相場は約10%〜20%)をいただくことも交渉次第では可能です。

ですが、まだ実績・結果がないセールスコピーライターの方は、無料で受けることで確実に仕事が取りやすくなります。

セミナーなどで人脈を作る

ほとんどの方が、会社と家の往復で「会社の人か家族だけ」と会う人が限られていますよね。

仕事をとる際のコツになるのが、人脈作りです。ビジネスでは、人脈はかなり大事な部分です。人脈がない人よりある人の方が、間違いなく仕事を取れます。

人脈がない方でも簡単に作ることができるのが、セミナーや異業種交流会です。これらに参加することで普段出会わない方(社長)と出会えます。

そこで出会った方(社長)と名刺交換をし、自分が「セールスコピーライター」であることをアピールしてください。このような場所では、名刺は必須です。

そこで、興味を持った方に対して、セールスコピーによって売上・集客がアップするのかを伝えるのです。後日、相手側から「うちのセールスコピーを書いてくれないか」と依頼をされる場合もありますし、自分から営業をすることで仕事が取れることもあります。

このように、セミナーや異業種交流会に行き、新しい人脈を作ることで仕事を取れる可能性がグッと上がります。

「セミナーや交流会はどこで募集してるの?」という方は、気になる方のメルマガを購読し、セミナーの案内から行くことができます。

ブログなどのメディア・媒体を作る

そして、最後のコツが「ブログなどのメディア・媒体を作る」ことです。

YouTube(ユーチューブ)をはじめ、ブログ、サイト、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)などあげればキリがありません。

自分自身のメディア・媒体を作ることで、社長(企業)に「セールスコピーライター」という職業を知ってもらえます。さらに、自分の存在をアピールすることもできます。

誰もがSNS(ソーシャルネットワークサービス)を使っている現在、情報発信をするのも仕事をとる上で1つのコツです。

社長(企業)の目に止まり、仕事の依頼を直接受けることがあります。

メディア・媒体を作り、情報発信をするのには、少なからず時間・労力がかかります。ですが、地道にコツコツとすることで何もしなくても企業側から仕事の依頼がくる、というメリットがあります。

まだ何も作っていない方は、今すぐに作ることを強くおすすめします。そして、情報発信をしてください。自分のブランディングにも繋がります。ブランディングができれば、企業の目にも止まりやすくなります。

無料で作れるオススメの媒体は以下をご覧ください。

Facebookページ:フェイスブックナビ(公式サイト)https://f-navigation.jp/manual/pages/126/

無料サイト、Jimdo(ジムドゥー):https://jp.jimdo.com/

無料ブログ、Amebaブログ:https://ameblo.jp/

まとめ

セールスコピーライターの仕事の取り方についてお伝えしました。ほとんどがスグに実践できる内容のモノです。

誰もが初めは、実績・結果がない状態から仕事をとっています。あなたも仕事が取れないはずはありません。ここに記載していることを実行すれば、必ず仕事は取れます。

ぜひ、実践してみてください。少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。