上手くいかない方が『人生』上手くいく

大山です、

ご存知の通り、

『生きていれば上手くいかないこと』

は多々あります。

例えば、、

商品・サービスが売れなかったり、、
家族との関係性が良くなかったり、、
異性から相手にされなかったり、、

………… 、、、、

僕も、、思い返すと、、

たくさん、本当にたくさん
上手くいかない現実と向き合ってきました。

人生スムーズにいっていると
言われますが、そうでもありません。

離婚して、子供と離れて
暮らしていますし、、

どちらかというと、
上手くいかないことの方が多いです。

もちろん、、誰もが
人生において上手くいって欲しいと
願っているものです。

しかし、全てがそう上手くいかないのが
人生というものでもあります。

自分より上手くやっている人や、
自分より優れた部分を持っている人を見ては、

「自分はなんで、、、
こんなにダメなんだろう…」

と、、、

気分が沈んでしまうことも
あるでしょう。

しかし、、

すべてがうまくいっている人
なんているわけがないし、

どんな人にも他人には分からない
悩みがあるものです。

そういった意味で、

どんな人でも多かれ少なかれ
うまくいかない人生を
歩んでいると言えると思います。

では、上手くいかない人生を
上手くいかせるにはどうすればいいか?

僕は、

==========================
上手くいかないことを楽しむ
==========================

これを常に意識しています。

人生はもちろん、
ビジネス、人間関係など、、
ありとあらゆることに意識しています。

なぜなら、上手くいかないことを
楽しめることができる人だけが、
充実した人生を送れると思うからです。

つまり、、

上手くいかない方が「人生」上手くいく 

そう思っているんです。

「大山さん、、、ちょっと
何いっているかわかりません。。」

「とうとう頭おかしくなってしまったんですか?」

「言っていることが、、
ヒッチャカメッチャカ過ぎです、、」

すいません。ちょっと分かりづらい
ですよね。。

もうちょっと、わかりやすく
掘り下げて説明すると、、

『上手くいかない=成長のキッカケ』

そう、捉えているんです。

まず、上手くいかないことがあると、
どうやったらそれを解決できるか?
考えなくてはいけない状況に放り込まれます。

どうすれば?上手くいくか?
この状況を脱することができるか?

といった新たな視点で
物事を見ることができるんです。

そもそも、成功した人は
何事も問題なくうまくいった人では
ありません。

いろいろな問題に直面する度、
自分で考え、それを解決してきた人。

つまり、、上手くいかないことは、

『自己解決できる能力』

を養うことができる。ってこと。

また、問題を解決するのに1つの
アイデアだけでは解決できない場合もあります。

そういった時に
必要になってくるのは、、

『自分自身を変える勇気』

新しいスキルや知識を習得したり
これまでとは違った思考で
物事を考えていくこと。

例えば、、、

子供が生まれたとして
時間がなかなか取れなくなった場合、

これまでの生活習慣を見直し、
仕事のスタイルを一変させたり、、

時と場合によっては、、、、

仕事を変える必要に
迫られるかもしれません。

上手くいかないことで、

1:自己解決能力を養える
2:自分自身を変える勇気を持てる

人生を上手くいかせるために
必要な、これら2つを手に入れられる
ってことです。

もし、あなたが、

上手くいかない=成長のキッカケ

だと、

ポジティブに捉えることができれば、
これまでと180度違う、
まったく新しい人生を歩めます。

逆に、上手くいかないことを
嘆いてばかりいる人は、

いつまで経っても、
問題解決できないので、
人生の成功は手にできません。

問題から目をそらさずに
直視し、どうすれば?その問題を
解決できるだろうか?

この繰り返しをすることで
大きな成長を遂げられるのです。

だからこと、

上手くいかない方が
『人生』上手くいく

そう理解し、

上手くいかない現実を
楽しむことを意識してみてください。

最期にもう一度、伝えます。

上手くいかない方が「人生」上手くいく。

あなたの人生に幸あれ!

いつも最期までお読み頂き、
ありがとうございます。

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。