コピーライターとライターの違い

大山です、

質問をいただきました。

「コピーライターと
ライターとの違いってなにですか?」

ライティングというのは
一言でいえば、文章術です。

「文章を書く人」

がコピーライターや
ライターと呼ばれています。

雑誌などの特集記事を書くのは
ライターとか呼ばれています。

僕がお伝えするコピーライターとは、

===========
セールス
===========

のスキルになります。

概念は人によって変わるのですが、
僕はセールスのスキルだと捉えています。

コピーライターとも言われていますが
僕はセールスコピーライター、
もしくはセールスライターと呼んでます。

雑誌のライターなどは
文章術になると思います。

ただ単に上手い文章が書けるのではなく
なんらかの反応(レスポンス)をもらう
ライティングになります。

お客さまからの問い合わせ・申し込み
資料請求やメールアドレスの登録などを
促す文章スキルになります。

つまり、、

売上に直結しているということです。

だからこそ、大きな金額を稼ぐことが
できるスキルでもあります。

では、セールスとは?
というと、、、

============
売るスキル
============

です。

営業(セールスマン)です。

ただ、対面ではなく
文章ということになります。

ですので、対面販売よりも
難しいです。

だからこそ、社長さんに
重宝されます。

僕がお伝えするコピーライティングとは
商品・サービスが売れる文章スキルのことです。

どんなことに活用できるか?
ということはあげればキリがありません。

チラシ・DM(ダイレクトメール)
ホームページ・広告コピー・セールスレター
などなど、、

様々な媒体で活用できます。

セールスコピーを学ぶことにより、

=============================

●起業して自分の商品を
売ることができます。

●自分の商品がなくても、
他人の商品を売り高い報酬を貰えます。

●パソコン一台で時間・場所に縛られず
仕事に取り組めます。

=============================

親に言われた人もいるでしょう?

「手に職をつけたほうがいい」

と。

それがセールスコピーのスキルです。

しかも、今もっとも価値あるスキルで
最も不足しているスキルでもあります。

現在、インターネットなしで、
ビジネスの成長はないと言われています。

インターネットでは文字が主体です。

文字?そうです。
あなたの出番です。

セールスコピーの需要は高まるばかりです。
しっかり学び、人生を好転しましょう。

今日、伝えたかったことはただ一つ。

セールスコピーは売るスキル
だということ。

1記事800円でちまちま稼ぐ
ライターとは違います。

ワクワクしてきませんか?

セールスコピーライター
大山祐矢

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。