文章を書くのが苦手な人へ

大山です、

最近、、ちょくちょく、、

「文章を書くのが苦手です…、、
どうすれば上手く書けますか??」

っと、、

質問を頂くことが増えてきました。

(わざわざ質問送って頂き、
ありがとうございます!)

ってことで、今日のメールでは、
文章への苦手意識を取り除くには?

について、書いていこうと思います。

まず、、先に伝えておきたいのですが、、、

僕、、大山祐矢は、、
文章書くの、、、めっちゃ苦手です!

苦手だし、嫌いだし、
できればやりたくない!(笑
(ちょっと言い過ぎかな、、)

良く、、

好きで
得意で、、
もともと才能があったから、、

みたいな言い方をされますが、
これらは微塵もありません。

でも、今はこうして
何とか形になっています。

そう、、だからまずは
苦手でも嫌いでも才能なくても
ある程度は書けるようになるよ。

っということを伝えたい。

『書けるようになる』

ってことを自分で
信じていないと、、いつまで経っても、、

「私は、、文章書くの苦手だから…」

という人生で終わっちゃう。

鼻っから諦めている人と
やればできる、いつか書けるようになる。

っと思っている人では
進化のスピードが段違いだから、、
この前提マインドは必須です。

あと、、意識して欲しいのは、、

話し言葉と書き言葉って
あるけど、、

書き言葉は無視し、、
話し言葉を優先して欲しいことかな、、。

国語の勉強では、
書き言葉を重要視するけど、、
古文みたいな気持ち悪い表現に
なっちゃうから、、

どちらかというと、
国語のルールはすべて捨て去り、、

パソコンの奥にいる読者に語りかけている
みたいなイメージで書いています。

「ねぇーねぇー、、
今日はこういうことあったんだよ。」

みたいな感じ^^

書くってよりも、
話すイメージを持つと、、

案外スラスラって書けるように
なると思います。

もちろん、これは、、
個人のイロもあるから、、
一概に正しいとは言えないけど、、

文章が苦手とか、書けないことって
自分ルールに縛られているだけだと
思うんです。

「こうしなければいけない…」

みたいな。。

ご存知の通り、僕は中卒で
最終底辺学歴だから、、
あまり、、ルールすら知らない、、(苦笑
(ってか、、ほぼ覚えていない、、)

だから、自由奔放に書けているけど、、
多くの人はルールに縛られすぎ。

そもそも、
メルマガやブログ、Facebookなどの
個人の情報発信媒体は、、

ルール無用の無法地帯。

だから、好きに書いちゃえばいいし、
逆に自分のイロを出しちゃう方が光輝ける。

カッコつけなくてもいいし、
背伸びしてスゲーことなんていわなくていいし、
ありのままのナチュラルボーンでOK!

最初は素敵だなっと思う
文章を真似てみてもOK!

とにかく、、

「こうしなければいけない…」

みたいなルールを取り除いて
あげることが第一です。

んで、、何書けばいいか分からない、
思いつかない、、、、

って人は、そのコト自体を
テーマにするのもあり。

例えば、、、

=================

大山です、

「うーん、、、何書こう??」

今日の僕は、、
絶賛、、迷走中です。。。

もうお分かりですよね??

そう、、、メルマガで、、
何書こうか??まったく出てこないんです。。。

みなさん、、
そういう時ってありません??

メルマガじゃなくても、、
文章書こうと思っても、、、

何も思い浮かばない時っ!!

そういう時って
どうすればいいんでしょう?

・パソコンの前で考える?
・本などからインスピレーションを受ける?
・話題のニュースを覗く?

など、、いろいろ
対策はできるけど、、、

僕は、、、そのまま思ったことを
書いちゃう(笑

とにかく、手を止めない。

頭に浮かんだ言葉をそのまま
つらつらと書いていく。。
(これでいいのかは不明だけど、、(笑)

でも、、思ったんです。。

手を止めずに、、とりあえず
タイピングし続けることの素晴らしさを。

みんな、、止まるでしょう。

もしくは、書いたものを

「あーこんなんじゃダメだ!」
っと消したり、、

パソコンの前で頭を抱える。

昔の僕がまさにこれ(笑

そんなしている内に、、
メール1通書き上げるのに、、
12時間経っていたことも、、、。





みたいな。

===================

こんな感じで、、書いていけば
なにかしらテーマが見つかったり、、

いつの間にか、、
メール書けてんじゃんっ!

って、なったりします^^

あんまり考えないで、、
とりあえず書こう♪みたいな、、
気楽なノリになっちゃうけど、、

文章が苦手とか書けない人は、
自分ルールを取り除くことだけは
ぜひ、やってみてください。

いつもありがとうございます。
それでは、また、メールしますね。

大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。