吉本“新”奇劇で使われた心理テクニックとは?

大山です、

世間は、、吉本興業の話で、、
もちきりですね。

僕も、、めっちゃ気になるけど
意識的に見ないふりして、、

こうしてメール書いています。

でも、、気になるねー。

ってことですべてではないけど
それぞれの会見ちょろっと見ました。

で、、、今日は
話題の吉本“新”奇劇について
僕が思ったことを書いていきます。

構図は

「表(タレント)」VS「裏(吉本)」

僕らセールスコピーライターも
クライアントさんは表、
裏は僕らって立ち位置が決まっている。

どっちが上なのか?って
パワーバランスとかはないけど、、
同じ仲間としてやっていくだけ。

だから、折れる時は
簡単にポキっと折れるし

これだけは、、譲れないものは
大木のようにドシッと構える。

このバランスが大事なんだけど、
竹のようにしなやかな心をもってないと
すべて意味をなさなくなる。

舐められなくない。
負けたくない。俺のいうことを聞け。

いろいろ、、な感情が渦巻き、、
人と世間と会社とやっていくのは
難しいんだなー。っと素直に思いました。

一言でまとめると、
「人間関係の崩壊」だよね。

ビジネス=人間関係。

もう何度もメールで伝えてきたし
耳にタコが3つできているだろうけど、、

やっぱりこれなんだよね。

一度、崩壊したら
二度と戻れないのがビジネス。

お金、権力、圧力、陰口、、、

そういったものが蔓延る社会で
生きていくのは大変です。

んで、宮迫さんとロンブー亮さんの
会見で感じたことは、、

秀悦な台本+しゃべりの達人
という技術が融合した見事なものだった。

これに+感情も入っていたから
一気に形勢逆転したよね。

一番思ったのは、、
コピー業界で使う絶対テクニックである、

「共通の敵」

を上手く暗示させたこと。

直接的に批判するのではなく
暗示させて、観衆に判断してもらう。

ってのがポイントね。

二人は吉本が悪いなんて
一言もいっていないはず。

でも今、世間は、、

吉本興業=ブラック企業(パワハラ社長)

誰もがそういっている。

吉本に所属している
タレントですらね。。

共通の敵のパワーを
改めて感じたね。

やっぱ、このテクニックは凄いわ。

僕も感情を揺さぶられ
思わず涙しちゃったもんね。。

先輩との絆。。
後輩想いの兄貴肌。。
真実を伝えたいだけの素直さ。。

思わず、宮迫さん、亮さんを
応援したくなっちゃった。

まぁ、思わずってだけで
一般人の僕は静観するだけなんだけど、、
心がざわついたのは確か。

共通の敵を
わかりやすく伝えると、

なぜ?

あなたはビジネスで
成功できないのか?

なぜ?

セールスコピーが上手くかけないのか?
上達しないのか?

なぜ?

クライアント獲得ができないのか?

これを誰か他の何かの“せい”に
するってこと。

例えば、最近販売した
ゼロメルというプログラムで
いうと、

メルマガ読者を獲得できない

それは、“濃い”メルマガ読者の
獲得法を教えてくれる人がいない。

自分にあった獲得の仕方を
していない。知らない。
(多くの人はブログ書け、FBやれと
書けしかいわない)

など。

こういった上手くいかない
原因に対して納得できる敵を伝え
解決策を提示してあげると、、

そっぽを向いていた、見込み客が
いっせいに振り返りはじめます。

「共通の敵」をしっかり
伝えることができるか?

で大きな売上に関わってくるので
ぜひ覚えておいてください。

とにかくみんな仲良く。

それが一番だから、

松本さんがいってた、、
乳首相撲してもらいたいな(笑
(乳首相撲自体がわからないけど、、)

とにかく仲良く。

対立してもいいことなんてない。
悲しみと後悔と苦しみしか生まないから。

それでは、また、メールします。

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

追伸:

ファミマに売ってる

『こだわりビーフカレー
(税込450円)』

って食べたことあります?

最近、、

これにめっちゃハマってて
毎日のように食べてる(笑

これはスマッシュヒットだわー!

カレー好きでなくても
ぜひ一度ご賞味あれ。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。