明日でいっか

大山です、

少し考えてもらいたいのですが、
1日にどのくらいの時間を確保できますか?

多くの人は、1~2時間と答えるはずです。

総務省の社会生活基本調査(平成23年度)
によると、人が1日のうち自由に使える時間は
平均で6時間というデータが出ています。

要するに、、
仕事、家事、睡眠、お風呂、食事以外の
自由時間が1日に6時間もあるということです。

1日6時間あれば、、
たくさんの事ができますね。

仕事での6時間と自由な時間の6時間では
感じ方や早さも変わります。

しかし、多くの人は自由な6時間を


・好きなテレビゲームをしたい
・人生の悩みや疑問に苛まされている
・彼氏、彼女とイチャイチャしたい

など自分がしたいことに使っています。

「大山さん!自由な時間なので
何に使おうといいじゃないですか!」

はい。もちろんです。
そうかっかしないでください。

何も自由な時間を未来を変える時間に
使えと自己啓発の決まり文句をいっている
訳ではありません。

そうではなく、セールスコピーライターとして
読み手目線で考えて欲しいだけ。

1日自由な時間が6時間あっても、
やりたいことにほぼ消えていく。

ということは、、そう。

========================
多くの人は忙しいんです。
========================

自分がしたいことをわざわざ我慢し
自由な時間を使って、、

チラシ・セールスレターをみて
購買・申込などの最終的に欲しい行動をとってくれるか?

これは非常に難しいことになります。

そして、、多くの人の口癖である、

「忙しい」「明日でいっか」

と時間がある時にとやろうと
先延ばしにします。

ただし、セールスコピーライターは
最終的に行動をさせなければいけません。

読んでもらい・信じてもらったとしても、
最終的に欲しい行動である、

・お問合わせ
・申込み
・購入

に繋がらなければ意味がありません。

これができるかできないかで
大きく売上が変わるからです。

ではどうすればいいのか?ということに
なりますが、、

1番大切なことは、

読み手は100%行動しないと
常に危機感をもつこと。

そうすることで、

どうすればいいのか?という
具体的な答えを見つけることができます。

次回のメールでは
先人が考え抜き導き出した
人間の行動心理を突いた答えをお伝えします。

必ず確認してください。

あなたのビジネスが大きく飛躍する
キッカケを与えられると確信しています。

いつも最後までお読み頂き
ありがとうございます。

セールスコピーライター
大山祐矢

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。