セールスコピーライター起業・独立

コピーライティングを上達させるためにはブログで情報発信をする

コピーライティングを上達させるためには、インプットだけではなくアウトプット(情報発信)をしなければいけません。

ただ、どうやって情報発信すればいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。

そこでお勧めな方法はブログを書くことです。ブログを書くことでアウトプットもできる上に、セールスコピーライターとしてさまざまなメリットがあるからです。

ブログを書くことで、コピーライティングを上達させてセールスコピーライターとしてもクライアントなどを獲得しましょう。

セールスコピーライターはブログを書いたほうが良い理由

セールスコピーライターとして活動する方は、ブログを書くようにしましょう。情報発信ができるため、いろいろなメリットがあります。

アウトプットできる

ブログを書くとアウトプットできます。何か学んだことを情報発信できるので、覚えが早くなります。何かを覚えるためには、勉強だけではなく情報発信しなければ覚えが悪いです。

実は、アウトプットするためには、理解しなければいけません。つまり、アウトプットすることで、人間は学んだことを覚えるようになります。

過去に学校で勉強した際に、必ずアウトプットしますよね。インプットだけでは忘れてしまうからです。そこで、「書く」ことでアウトプットして覚えるようになるのです。

セールスコピーライターは、マーケティングの手法などさまざまなことを勉強しますので、効率良く勉強しアウトプットするためにもブログを書くことをおすすめします。

ブランディングになる

ブログを書くとブランディングになります。ブランディングとは、権威性(けんいせい)のことです。ブログを運営していると、ものすごい濃い情報発信をしているブログを運営している方だと相手方にもわかりますよね。

また、ブログを見た方からもお問い合わせなどが生まれるので、セールスコピーライターとして活動するのであれば、ブログを書くようにしてください。

実際に、メディア(新聞・雑誌社)などからの取材のお問い合わせなどもあるためビジネスが加速します。

クライアントの獲得ができる

ブログで情報発信をするとそこからクライアントを獲得できます。ブログを書くとアクセスが集まり、そこから集客できるからです。

セールスコピーライターを探しているクライアントがあなたのブログを発見し、それがとても素晴らしい内容であれば、依頼したくなるはずですよね。

ブログを書くことは、情報発信ができる上に権威性まで高められ、クライアントまで獲得できるのです。セールスコピーライターとしてこれから成果を出したいのであれば、ブログを開設しましょう。

ライティング初心者のための記事の書き方のコツ

ブログを「いざ書こう」と思ってもどのように書けばいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。文章はわかりやすく書く方法があり、むやみやたら書いても意味がありません。

せっかくブログライティングするのであれば、正しい書き方で良質な記事を作成したいですよね。

本や雑誌、ネットなどでリサーチする

まずはインプットです。たくさんの情報を得なければいけません。勉強してそこで学んだことをブログにアウトプットする必要があるからです。

セールスコピーライターの本は数多く存在するので、まずはそういった本を勉強したり雑誌などを読んだりしましょう。また、インターネット上にも当サイト「ビジネス成功脳」のようなセールスコピーライター向けに情報発信している媒体がありますので、そういったものからインプットしましょう。

セールスコピーライター向けの本については、「セールスコピーライター必見!コピーライティング勉強の必須本まとめ」の記事でおすすめの本をご紹介しています。どの本を読めばいいのかわからない方は、ぜひ読むようにしてください。

web記事の構成案を考える

インプットしたのであれば、いよいよブログの記事を書きましょう。このとき、そのまま勉強した内容を書いてはいけません。必ず、あなたのフィルターを通して情報発信をするようにしてください。

そうしなければ、似たような内容のコンテンツになり、あなたが書いた良さが出ないからです。

そこでポイントが、まず構成案を考えることです。構成案とは、見出しのことです。どのような記事を書けばいいのかあらかじめ考えることで、わかりやすくなります。また、構成案に従って書けばいいので、ライティングも簡単になります。

方法としては、書きたいテーマが決まり、それについて勉強したのであれば情報を精査しましょう。あなたなりに考えたコンテンツこそ、唯一無二のものであり価値があります。

他人では書けない内容を考えて構成案を作るように心がけましょう。

PREP法を使う

わかりやすいコンテンツライティングの方法に「PREP法」というものがあります。これは、以下の順番で書くことで、誰でも簡単に文章が書けてしまう魔法の文章術です。

  1. P(結論)
  2. R(理由)
  3. E(具体例)
  4. P(結論)

特に初心者の方は、文章の内容がハチャメチャになり、何が言いたいかわからないことが多く見られます。

しかし、この方法を使うことで誰でも伝わりやすい文章を書くことができるのです。それでは、実際にPREP法を使って文章を作成していきます。

P(結論)

ブログはコピーライティングが上達できる上に、クライアント獲得につながります。

R(理由)

アウトプットすることで理解力が深まる上に、情報発信することでブランディングにもなるからです。

E(具体例)

たとえば、ブログを作成すればアクセスが集まります。「コピーライティングの上達方法」というコンテンツを作成すれば、その記事を見てくれる人がいます。

つまり、それがアクセスになり集客していることになるのです。たくさんのアクセスが集まれば、クライアントからのお問い合わせも生まれます。

P(結論)

このように、ブログを書くとコピーライティングが上達する上に、ブランディングにもなりクライアントも獲得できます。セールスコピーライターにはメリットばかりなので、ぜひブログを書いていない方はブログを書くようにしてください。

PREP法を使うとわかりやすく伝わりやすい文章になります。文章が苦手の方は、ぜひこの魔法の文章術を使いブログライティングしてみましょう。

ライティングスキルを上達させる見直しのコツ

ブログのライディングスキルを上達させるためには、必ず見直しが必要です。誤字脱字のチェックはもちろんのこと、文章の表現がおかしいケースがあるからです。

慣れている方であったとしてもミスはするので、必ず見直すようにしましょう。

1日置いてから推敲する

文章を見直すことを推敲(すいこう)というのですが、必ず文章を書いてから1日置いて行いましょう。

文章を書いてすぐに行っても冷静さを欠くからです。文章を書いた直後は、文章を書いてことに満足して頭に熱がある状態です。

実際に文章を書いてみるとわかりますが、文章を書いた後は相当なエネルギーを使いますので、頭の中がオーバーヒートしたような状態になります。この状態では、客観的に文章を見れませんし、誤字脱字などを発見しにくいのです。

したがって必ず推敲する際は、1日経ってから行うようにしましょう。そして、客観的に自分の文章を見直してください。

妥協していないか確認する

推敲する際に、「妥協していないか」という部分を突き詰めてください。文章は誰かに直してもらうことはありませんので、自分との闘いになります。良い文章を書くのも悪い文章を書くのもすべて自分次第です。

手を抜こうと思えば、いくらでも妥協できてしまいます。そこで妥協しないために、以下のポイントを確認してください。

  • 120%で記事を書いたか
  • ライバルに劣っていないか
  • 自身を持って大勢の人に見せることができるか

記事を推敲する際は、これらのポイントに注意して記事を書くようにしてください。記事を公開すると何万という方が目にします。恥ずかしい内容は公開できませんよね。その自覚を持ってコンテンツを作成しましょう。

わかりやすい文章か確認する

文章を書く上でわかりやすい文章を心がけましょう。中学生でもわかるような文章を書かなければ、読み進んでくれません。

たとえば、以下のように専門用語ばかりではわかりにくく、初心者の方には伝わりません。

コピーライティングは、ダイレクトレスポンスマーケティングとの相性が良いです。

インターネットを活用するため、コンバージョン率なども図れるので効率よくリストを集めてセールスすることが可能です。

また、リスティング広告などを行うと効率よくリストが集められます。リストが集まったのであれば、プロダクトローンチで商品をセールスしてください。

「ダイレクトレスポンスマーケティング」「コンバージョン率」「リスト」といった文章は、セールスコピーライターの初心者の方や「コピーライティングって何?」という方では理解できません。

そこで以下のようにフリガナを振りましょう。

コピーライティングは、ダイレクトレスポンスマーケティング(反応があったお客様にセールスを行う手法)との相性が良いです。

インターネットを活用するため、コンバージョン率(インターネット上の成約率)なども図れるので効率よくリスト(見込み客:お客様のアドレス)を集めてセールスすることが可能です。

また、リスティング広告(WEB広告)などを行うと効率よくリストが集められます。リストが集まったのであれば、プロダクトローンチ(メルマガで商品を販売する手法)で商品をセールスしてください。

このように、コピーライティングを行う上で当たり前に使っているような言葉でも初心者の方では、理解できない場合は、フリガナを振るようにしてください。そうすればわかりやすい文章になります。

ポイントとしては、中学生でも理解できるような文章を心がけましょう。そうすれば、あなたのブログは人気ブログになること間違いありません。

まとめ

セールスコピーライターとして成功するためには、ブログを書くのが近道です。アウトプットする場所にもなりますし、ブランディングにもなります。また、有名になればクライアントも自動で獲得できてしまいます。

セールスコピーライターとして活動する上で、ブログという媒体を利用しない手はありませんよね。メリットばかりなので、ぜひここでご紹介した内容を参考にしてブログを書きましょう。

また、ビジネス成功脳ではメルマガでセールスコピーライターとしてスキルを無料で学べるため、良かったら購読してみてください。

ABOUT ME
中島嘉哉
中島嘉哉
WEB集客コンサルタント、コンテンツライター 2016年に住宅、リフォーム関係のサイトを運営。 わずか2年の運営で月間PV数が20万を超える。毎月14万人が利用するサイトに成長させる。現在は、コンテンツライディングだけではなく、サイト運営の大山さんから指導を受けセールスコピーライターとしても活躍中。予算2万円でFAXDMを送り、クライアントに150万円の工事を受注させたこともある。

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

登録フォーム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
【無料】この世で最お金を生むスキル メールマガジン講座