セールスコピーライターとして、さくっと クライアントを獲得できる3つの方法とは?

セールスコピライターとして独立し、具体的にどうやってクライアントを獲得していけば良いのか?という疑問を持っている方はとても多いです。

ここではセールスコピーライターとして、さくっとクライアントを獲得できる3つの方法についてお伝えします。独立したばかりのセールスコピーライターの多くは、これからお伝えする方法ではじめてのクライアントを獲得しています。

1、クライアントを獲得できる3つの方法

Computer keyboard with smile keys - technology concept

セールスコピーライターがクライアントを獲得できる方法は主に3つあります。

    • 1、クラウドソーシングサービスを利用する
    • 2、セミナーや異業種交流会にいく
    • 3、アプローチメールでの獲得

この3つがセールスコピーライターとして初めてクライアントを獲得する最も適した方法であり確率が高い方法になります。それでは、一つ一つ詳しくお伝えします。

1-1、クラウドソーシングサービスの利用

まず、最初にクラウドソーシングサービスを利用し獲得していく方法です。クラウドソーシングサービスとは、文章を書いて欲しい人(企業)とセールスコピーライターを繋いでくれるWebマッチングサービスになります。仕事を頼みたい人を集めてきくれているサイトですね。

代表的なクラウドソーシングサービス会社として2つご紹介します。

Lanceres(ランサーズ):
http://www.lancers.jp/

CrowdWorks(クラウドワークス):
https://crowdworks.jp/dashboard

これらのサイトは無料で登録できセールスコピーの依頼に対し、自ら応募することができます。または、依頼者がコンペ形式で募集している場合は、提案をすることができます。どのような案件があるかというと、

✅ 30代女性向け 冷え性、アンチエイジングのセールスコピーの依頼
✅ 減塩低カロリー高タンパクのかまぼこのセールスコピーの依頼
✅ ゴルフ商品のランディングページの依頼

など、、様々な業種や業態からの依頼があります。

クラウドソーシングサービスを利用し、セールスレター・ランディングページや記事作成などの依頼を受けることができます。

ただ、ライバルが数多く存在しています。セールスコピーライターではなく、どちらかというコンテンツコピーライターが多く、コンテンツコピーライターの方々がセールスレターのライティングを受注していることもあります。

依頼をする企業もコンテンツコピーとセールスコピーの違いを認識している企業は少ないので「文章術」として依頼を発注しているというのが現状です。

セールスレターを書いて欲しいという案件よりもコンテンツ記事やブログ記事の作成案件が圧倒的に多いので仕方ないのですが、、、とにかくライバルが多いのでコンペに勝ち抜くことが難しいかもしれません。

ですが、自分を売り込むことができなければ、案件を獲得しクライアントの商品・サービスを売り込むことは到底難しくなってくるので、それも含めチャレンジしてみてみる価値はあります。

ライバルが多く案件を獲得しづらい

1-2、セミナーや異業種交流会にいく

次にセミナーや異業種交流会に参加しリアルでクライアントを獲得していく方法です。

なぜ?セミナーや異業種交流会なのか?というと、単純に社長や個人ビジネスを行っている人が集まっているからです。クライアントを獲得するには企業の社長や個人ビジネスを行っている人と知り合わなければなりません。

異業種交流会やセミナーではクライアントになってくれそうな方が多数います。そこで知り合うことができるので、受注につながりやすいです。

ここでのポイントはただ一つ。あなたの名刺です。自分自身をどう売り込むのか?ということがクライアント獲得には必要になります。そこで口下手な人、コミュニケーションが苦手な人でも自分を売り込むことができるツールが名刺です。

隣に座った方や名刺交換の際に覚えてもらえるよう名刺には肩書きを書くようにしてください。

例)

売上を2倍・3倍!にするセールスコピーライター

売上・集客アップを保証!するセールスコピーライター

あなたの年収を2倍にするセールスコピーライター

(あくまで、一例としてあげています。)

ただし、、セールスコピーライターとだけ名乗っても十分食いついてくれます。なぜなら、セールスコピーライターとして活動している人がまだまだ少ないからです。

需要と供給のバランスが崩れており、セールスコピーライターを求めている社長は多くいますので、比較的簡単に依頼を受注することができるでしょう。

そして、多くの社長が頭を抱えることを解決できるスキルだということが大きいです。多くの社長は会社の売上・集客をUPしたい。そう思っています。

売上・集客アップをしてくれる営業マンをどの企業も欲しがるのと同じで、売れるセールスコピーを書くことができるセールスコピーライターという職業に必ず興味を示します。クライアントを獲得する確率は高いです。

ただし、自信を持ち、ハッキリとした口調で売上・集客アップが可能です!と言い切れることが大切。見る限り自信がなくモゴモゴと喋る方では任せて大丈夫なのか?と不安になってしまいます。

やってみなければ成果に繋がるかは分かりませんが、最初から大丈夫かなと不安を抱いてしまえばそれが現実になってしまいます。

成果を保証するのは難しいかもしれませんが、任せたいと思う人でいなければいけません。つまり、クライアント候補を安心させて上げるのです。そしてセールスコピーのスキルで売上・集客アップが可能だという未来をイメージさせて上げましょう。セールスコピーライティングのスキルを用いれば売上・集客アップは可能ですので自信をもち伝えてあげてください。

クライアントを獲得できる可能性が高い

1-3、アプローチメール

最後はアプローチメールを送り獲得する方法です。アプローチメールでは自分が好きな企業(商品・サービス)や個人ビジネスの方にダイレクトでアプローチできるという特徴があります。

クラウドソーシングサービスでは書いてくださいと企業が手をあげない限り依頼を受けることはできません。ですが、アプローチメールでは待ちの姿勢ではなく、自ら動いて案件を獲得していく攻めの姿勢を取れるということ。

パソコン1台で自宅でアプローチ先を探すことができるので、いつでも手軽にアプローチしていくことが可能です。アプローチメールの詳しい内容のコンテンツは別でまとめています。詳しいことはそちらでご確認してください。

アプローチメールの詳しい内容はこちらから:
反応率20%クライアント獲得アプローチメールの書き方

私のコンサル生はアプローチメールを25通送り5社から返信があり、その中の1社とクライアント契約を結ぶことができました。

自分が一緒に仕事したい企業や世の中に広めたい商品・サービスを取り扱っている企業に自らアプローチできます。これがアプローチメールの良い点でもあります。

今の時代、SNS(ソーシャルネットワークサービス)を使い個人が情報発信をできる時代になりました。これは大企業の社長などとコンタクトが取りやすくなったということでもあります。

Facebook・ツイッター・ブログなど、メッセージを送信する機能がありますので、そこからアプローチメールを送ることも可能です。そして手紙やチラシなどと違い本人に届きやすく、見てもらいやすいということも上げられます。

これらは大げさな話ではなく実際に好きな芸能人のPR活動などを手伝うことになったセールスコピーライターもいます。自分が手伝いと思う企業・人にアプローチできるのがアプローチメール獲得方法にしかない大きな特徴になります。

自分が好きな企業(人・商品・サービス)にアプローチできる

2、クライアント獲得3つの方法のメリット・デメリット

Fotolia_93896389_Subscription_Monthly_M

クライアントの獲得方法3つそれぞれのメリットデメリットを一覧表にしました。こちらを参考にし、自分にあったクライアント獲得方法を選択してください。

★3段階での評価

スクリーンショット 2016-08-24 18.29.42

クラウドソーシングサービスでの獲得:総合評価★7つ

スクリーンショット 2016-08-24 18.06.25

セミナー・異業種交流会での獲得:総合評価★10つ

スクリーンショット 2016-08-24 18.06.39

アプローチメールでの獲得:総合評価★11つ

総合評価だけを見ればアプローチメールが一番良いと感じると思います。ただクライアントを獲得する反応率や優良クライアントを獲得できる効率でいうと、やはり対面であるセミナーや異業種交流会で獲得するのが一番反応率は高いです。信頼もしれくれますし、食いつきもよいでしょう。

最終的に優良クライアントとなってもらうためには、会ったことがないというのは論外ですからやはり対面で顔を合わし直接、話ができるということはメールでは伝えきれないものがあります

ですが、最初はクラウドソーシングサービスを利用し低単価の依頼をこなし確実に実力・経験ををつけるステップから始めてください。そしてある程度実力や自信がついてくればアプローチメールでクライアントを獲得していく。

そして、最終的にセミナー・異業種交流会での獲得という流れが良いのかなと個人的には思っております。

まずはセールスコピーを書いて1円でも良いのでお金を頂くこと。それによりセールスコピーライターとしての自覚が芽生えます。まずは低単価でも良いので少しでもお金をいただくことにフォーカスし経験を積んでいってください。

3、クライアント獲得でライバルに勝つために

Glass glowing light bulb and business sketched ideas

3-1、名刺

セミナー・異業種交流会での獲得方法のところでお伝えしましたが、やはり対面での獲得方法では名刺は持っておいた方がいいでしょう。ただ、紙質やデザインなどに凝る必要はまったくありません。

それよりも言葉を仕事にしている者として名刺ほどの小さなスペースでセールスコピーライターとしてどう表現し売り込むのか?これを考えてみて作成することが大切です。

相手にとってどんなメリットがあるのか?

これが表現できればあなたに興味を示す確率は高いです。何度もお伝えしていますが、社長が叶えたいこととは売上・集客アップがほとんどです。あなたと繋がったり依頼を受けるとお手伝いできますよという暗示を含ませたものがベストです。

名刺は社長さんは自分(会社)にとってどんなメリットがあるのか?を考え作成する

3-2、HP(ホームページ)

セールスコピーライターとして独立したとしても、ホームページを持っていない人は多く感じます。僕はこのサイトをホームページ代わりとしてしていますが、あなたのことについて書かれているページがあるとクライアント獲得で有利に立つことができます。

クライアントがあなたに依頼をする前に、

    • あなたは今までどんな活動を行ってきたのか?
    • これまでどのような案件を担当したのか?実績・経験は?
    • どのような思い・理念で活動しているのか?

というようなことが気になります。

それらを口で説明するよりもホームページを持っているか?単純にこれをクライアント候補は見ています。

ホームページが1つもないから、、依頼がこない、、そんな風にはなりたくないですよね。ただ、クライアント候補の立場から考えるとどんな人なのか?ということが分かる情報があると嬉しいのです。

ページがない人とある人では、ある人の方がしっかりしている、会社に貢献してくれそう。そう思ってしまうのは必然なのです。そうならない為にもシンプルな無料で作れるホームページでも良いので1つ持っておくことをお勧めします。。それだけで獲得での反応率が変わってきます。

クライアントはあなたを知りたがっている。そして、世間体も気にする

3-3、お金ではない何か

最後にライバルと差をつけるために最も大切なこと(考え方)についてお伝えします。名刺・HPなどは持っていて当たり前であり少し考えれば誰もが分かることです。

多くの人は考え方などのマインドを軽視していますが僕はもっとも大切だなと常々思っています。考え方が変われば行動や発言が変わるからです。逆に言えば考え方を変えなければ行動や発言が変わることはありません。

クライアントの獲得でライバルに勝つために最も大切なことは、なぜ?セールスコピーライターとして活動しているのか?どのような想いで活動しているのか?ということを伝えること。

HPでの理念や想いをクライアントに対し、伝えることがとても大切なことなのです。

セールスコピーライターとして活動したキッカケやセールスライターとして活動しどのような未来にしたいのか?このようなことをはっきりと伝えられることがベストです。

例えば、セールスコピーライターとして1億円稼いでフェラーリを購入し助手席にいい女を乗せたい。これが目的で活動をスタートしても良いとは思いますが、それよりも、

セールスコピーライターとして売上・集客アップに悩む中小企業の力になりたい!それをすることが日本という国の未来、景気に関わってくると信じています。だからセールスライターとして活動しています。

そう言われたほうが応援したくなりますし、頼もしく感じるはずです。そしてこれらの想いは上辺だけだと様々な経験をしてきている人生の先輩である社長さんには見透かされてしまいます。

セールスコピーライターとして何を成し遂げたいのか?このことについて真剣に考えてみてください。そうすると理念・想いが湧いてくるはずです。クライアントの獲得といっても最終的には人と人の関係性で決まります。テクニックではなく最終あなたの人間性が判断されます。

「人間性と言われても、、どうしていいのかわからない、、」そう思いますよね。そんなに難しく考える必要はありません。正直であることが一番です。

お金が欲しいなら〇〇の為にお金が欲しいと伝えることがベストの選択です。正直であることがクライアントを獲得する最も大切なことだと思います。

正直者が報われる

4、まとめ

セールスコピーライターとしてのクライアント獲得3つの方法はいかがでしたでしょうか。多くの人はクライアント獲得で悩みますが、そんなに難しいことではないことが理解出来たと思います。

もちろん、一度依頼を頂いたとして次に繋がるかどうかはあなた次第です。そしてクライアントとの付き合い方があなたの収入に大きく影響することになります。

最初から優良クライアントと仕事ができるというのは難しいので、まずはクラウドソーシングサービスで様々なクライアントや企業と仕事し経験を高めた方が良いでしょう。

そうすると、優良クライアントと不良クライアントとの差がわかってきます。獲得は手軽に簡単にできるので1人に固辞することなく様々なクライアントと仕事をすることをお勧めします。それが結果的に経験と実績を積む最短で最良の道になるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。