最大6000万円!コロナ『現金給付』まとめ

大山です、

新型コロナの影響で、、

「働きたくても働けない…」
「自転車操業で、、生活資金がない…」
「月収が著しく減ってしまった…」

など、、経済的ダメージを
くらってしまっている人がいます。

今日は、そういった方に、
『現金給付』の情報を。

ちなみに、、今、、
盛んに報道されている、

『1世帯30万円もらえる』

というのは、嘘です。

そして厳密に言えば、
住民税非課税世帯と一定の所得制限があり、

その所得が半減するくらいの
経済的ダメージがある世帯だけが対象になります。

香港で決定している
1人14万円などの一律給付ではないので
あまり期待しないでください。

とはいっても、情報は取り続け
該当するなら、必ず利用してください。

「自分は対象にならない…、、」

という方も、心配しないでください。

現在、無利子無保証で、融資を受けられます。

「社会福祉協議会 コロナ融資 ◯地名◯」

と調べればでてきます。

■僕が住んでいる福岡はこれ:
http://www.fuku-shakyo.jp/jigyo/shikin/shikin-tokurei-yokoku%202.html

・貸付上限額
(2人以上)月20万円以内
(単身)  月15万円以内

※福岡の場合

この資金は、、
返済開始時(1年後)になっても、、

失業など収入減少が続いている
住民税非課税世帯は、

“申請すれば”『返済免除』されます。

ちなみに、、
独立(起業)されている方は 、

■金融政策公庫:
https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19.html

融資限度額:6000万円

これで現金を集めておいていても
いいと思います。

今、コロナの影響もあり、
無担保、もしくは金利1%ぐらいで借りれます。

今後、どうなるかわからないって
こともあるので、

今、現金を多く集めるのは“得策”です。

これは、現金に余裕が、
「ある・ない」に関わらずです。

ちなみに現在僕も、
税理士にお願いして申請しています。
(面談があるようです)

これを、事業拡大のチャンスとみるか?
それとも絶望とみるか?です。

もちろん借金になるので、
返さなければいけませんが、、

金利1%+3年から5年払いなので、、
完全にメリットしかないと思っています。

そして、、昨日のニュースでは、

融資の件から発展し、、

・個人事業主:最大100万円
・中小企業:最大200万円

の『現金給付』も受けられそうです。

■現金給付 政策:
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e894f7ec5b6cbaf282a8ab2

こういった情報はいち早く
キャッチして、迅速に行動していきましょう。

とにかく今大事なのは、1つ。

===================
1円でも多く
現金を手元に持っておく
===================

そのために、利用できる制度は
ちゃんと利用していきましょう。

それぞれの機関に問い合わせたり、

その道の専門家に、
聞いてみたりしてくださいね。

いつもありがとうございます。

大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。