ビジネスで嫌われる人3つの仕草

大山です、

人は見た目が何割だとか、
これまでもよく言われてきたことだが、

「人は思った以上に相手の仕草に敏感」

嫌われる仕草をしていると、確実にあなたから離れていきます。

細かく分析してみると「人は仕草が65%」。
言葉から受け取る印象はたったの35%だといいます。

意識していないところで、
人に嫌われないために、自分の仕草を見直していきましょう。

今回は、「人に嫌われる仕草」の中でも、
これをやっちゃ、、、一発アウトという、

もっとも嫌われる仕草をご紹介します。

◆嫌われる人の話し方①:目をほとんど合わせない

たとえば、男女ともよくあるのが、「ほとんど相手の目を見ない人」。

ちゃんと話を聞いているのか?さえ理解できません。

嫌いな人のことを人は見ません。相手にするしません。

目を見てくれない=私のことが嫌いなんだ

嫌われているから目を合わせてもらえないんじゃないか?
と思われてしまうんです。

人間は自分のことを嫌いな人を遠ざけるので、
結果的に嫌われる原因になってしまうって訳。

「目は口ほどに物をいう」

ということわざの通り、目線にも気をつけていきましょう!

◆嫌われる人の仕草②:全然笑わない

全然笑わない人っていますよね?

何を考えているか分からないし、、
不機嫌なのか?と思ってしまいます。

やっぱり、仏頂面より、笑顔を振りまく人を人は好みます。

常に笑顔を絶やさず、相手の話を聞いてあげれば
それだけで人は嬉しく感じるものです。

笑顔には、脳が活性化したり、ストレス解消になるという効果もあります。

「笑顔は科学的に証明された良薬」

といわれているんですね。

笑顔でいることで自然と幸せな気分になれるだけでなく、
人からも好かれる。これほどお得なことはありません。

◆嫌われる人の話し方③:スマホいじり

現代社会はスマホで仕事さえもできてしまいます。

とはいっても、面と向かって話をしているとき、
スマホの画面ばかりをみている人は嫌われます。

「ちゃんと話を理解してくれているのだろうか?」
「全然違うことをやっているんじゃないか?」

など、相手は不快感を感じてしまうのです。

これ、、頭でわかっちゃいるけど、
案外できていない人結構います。

スマホだけではなく、パソコンの画面もしかり。

議事録を取ることだけに集中し、
耳で話を聞き、目はパソコン画面であってもやめたほうがいいです。

相手の話を耳で聞きながら、たまには目も合わせるのが礼儀ってもの。

相手の目をみて話しましょう。だけではなく、
相手の目をみて話を聞きましょうも大事です。

より詳しいことはYouTube動画にアップしています。

動画もぜひ、確認してください。

ビジネスで嫌われる人3つの仕草:

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。