ネットを使った副業ランキング完全版!人気のオススメしたい副業7選

副業と言っても、今では数え切れないほどあります。しかも、情報がありすぎてなかなか決められないですよね。

そんなあなたに、人気のあるネット副業をランキング形式でお伝えします。また、自分に合った副業を探すコツもご紹介します。

「稼ぎやすそうだから」「楽そうだから」という理由だけで選んでしまうと、途中で挫折してしまい稼げる前に諦めてしまう方が非常に多いです。そうなりたくないあなたは、最後まで目を通してみてください。

ここで紹介しているのは、本業の収入を超えるお金を稼ぐことも可能です。

自分に合った副業を探すコツ

ランキングの前に、あなたに合った副業を探すコツを紹介します。先述にもありますが「お金が稼げるから」という理由だけで選んでもすぐに挫折してしまい、全く稼げないという人を多く見ます。

そうならないためにも、今からお伝えする2つのコツを頭に入れてください。それだけであなたに合った副業を見つけやすくなり、長く続けられ安定して副収入を得ることが出来るでしょう。

自分の得意分野を把握する

人は、誰もが「出来るだけ楽して稼ぎたい」と思う生き物です。「簡単に」「誰でも」「すぐに」という単語を目にすると飛びつく人も多いでしょう。

しかし、実際は楽してお金を稼ぐことはできません。最初は、マグレで稼げたとしても稼ぎ続けることは難しいです。もちろん「お金を稼ぎたい」という気持ちはわかりますが、これが現実です。

まずは、自分の得意分野を把握してください。

  • 文章が好き
  • 建築については少し知識がある
  • 人とのコミュニケーションが好き

このように、難しく考えないで大丈夫です。「何も得意分野がない」という方は少しでも興味があることを紙に書き出してみてください。

人は、自分が好きなことや興味があることを仕事にすれば、少しの苦労でも頑張れるのです。

具体的な目標を持つ

ここは非常に大事な部分です。多くの人は、ただ「今よりもたくさん稼ぎたい」「自由に使えるお金が欲しい」と思い、副業を始めます。これでも悪くはないですが、具体的な目標を持つことでよりやることが明確になり行動に移しやすくなります。

たとえば「月に10万円稼ぐ」と決めたとしたら、逆算して計画を立てるのが人間です。そうすることで、今すべきことが明確にわかり行動に移せます。

また「12月までに10万円稼ぐ」というように自分の中でデッドライン(期限)を決めて始めることで、強制力が高まり行動しやすくなります。

「来月に100万円稼ぐ」と非現実的な数字ではなく、現実的な目標を決めてやってみてください。

ネット副業ランキング TOP7

ここから、ネットを使った副業ランキングトップ7を紹介します。

  • どんな副業なのか?
  • 月にいくら稼げるのか?
  • どのような仕組み(仕事内容)なのか?

これらもふまえて、一つずつ分かりやすくお伝えします。あなたにあったネット副業が見つかるでしょう。

1位 商品・サービスを紹介する「アフィリエイト」

副業 = アフィリエイトと連想する方も多いはずです。アフィリエイトとは、企業の商品・サービスを紹介して成果報酬を得ることです。成果報酬広告とも言われます。著名人・有名人の方もアフィリエイトで収入を得ている方もいるほどです。

画像引用元:きにぶろぐ.com

自分の媒体(ブログ、Webサイト)に広告をはり、ユーザーがその広告からお問い合わせや購入をすると紹介料としてあなたに報酬が入ります。そのためには、集客(アクセス)のあるブログ、Webサイトを作ることが必須です。アクセスのある媒体を作るのに早くても半年〜1年間かかります。

言い換えると、始めてから半年〜1年間は収入がない場合もあります。ですが、コツコツとすることで不労収入になるので地道に頑張れる方にオススメです。

アフィリエイトの平均収入は、月に0円〜10,000円の方が52.8%というデータが出ています。その内の23.3%の方が無収入です。(アフィリエイトマーケティング協会 調べ)

半分以上の方が、月に1万円以下という結果ですが、ほとんどの方が稼げるまでの間(半年〜1年)に辞めてしまうというのが原因です。僕の知人は、アフィリエイトで月に100万円以上を安定して稼いでいます。

はじめは収入はないですが、コツコツと頑張れば不労所得にもなるのがアフィリエイトの魅力です。

2位 将来なりたい職業にランクイン 「You Tuber(ユーチューバー)」

ユーチューバーは「中学生が将来なりたい職業ランキング」で第3位にランクインしました。日本でトップユーチューバーといえば、HIKAKIN(ヒカキン)でしょうか。

自分の動画に広告を貼り、再生される度に収入が得られます。ユーチューバーの正確な収入は、Google(グーグル)の規定により公表されていません。推定ですが、ヒカキンの年収はユーチューブの広告収入だけで「7億9,200万円」と噂されています。

ちなみに、世界一のユーチューバーはスウェーデンのPewDieDie(ピューディパイ)です。チャンネル登録者数は、6,500万人以上もいます。年収はなんと、14億円です。世界になるとケタが違います。

再生されるほど、広告収入が入ってきます。1再生の収益は、噂では0.1円と言われていますが、チャンネル登録者数や高評価率などで1再生の収益は違うそうです。

ユーチューバーも集客のある自分のチャンネルを作らないといけません。ライバルも多いので、決して簡単ではありませんし、編集など大変な作業も多々あります。最初のうちは、全く収入がないので、コツコツと頑張るのみです。チャンネル登録者数も増え、知名度が上がるほど比例して収入も増えていくでしょう。

3位 広告を貼り収益化する 「Google Adsence(グーグルアドセンス)」

グーグルアドセンスとは、自分の媒体(ブログ、Webサイト)に広告を貼り、ユーザーがその広告をクリックする度にあなたにお金が入ってきます。Google(グーグル)が提供しており、クリック広告とも言われます。

1クリックあたり平均で10円〜30円です。アクセスがある媒体を作ることで、月に10万円以上稼ぐことも可能です。こちらも即金性はないですが、コツコツやることで不労所得にもなり得ます。

アクセスのある媒体にするまでに早くても半年〜1年はかかります。それまでは無収入の可能性が高いので、強いパッションが必要です。

ですが、あなたの興味があることや持っている知識をユーザーに役に立つ情報を発信し続けることでお金を稼ぐことができるのは、とても嬉しいことですよね。

4位 あなたに合った仕事ができる「クラウドソーシング」

クラウドソーシングとは、ネット上で作業をしてくれる人を募集することです。スキルを活かした仕事や未経験の方でもできる仕事まで幅広く扱っています。

代表的なクラウドソーシングサイトは、クラウドワークスランサーズビズシークがあります。無料で登録し、あなたの好きな仕事を選び、お金を稼ぐことができます。

  • ライティング
  • データ収集
  • ホームページ、ロゴ作成
  • アンケート
  • 動画編集

これらは一部ですが、簡単にできるものからスキルが必要なものまで様々です。パソコンがあれば、誰でもできるので専業主婦や会社員、学生の方もクラウドソーシングサイトで稼いでいます。

平均月収は、約3万円です。もちろん、スキルがある方は月30万以上稼いでいる方もいます。やった分だけ確実に稼ぐことができますし、今からでも稼ぐことができるので、即金性はあります。

「お小遣い程度でいいから稼ぎたい」という方に人気です。

5位 不用品をお金に換える「転売・せどり」

転売・せどりとは、一言で言うと安く買って高く売ることです。初めのうちは、家で眠っている不用品、タンスの肥やしなどを売ってお金に変えましょう。

転売をするサイトはいろいろありますが、メルカリヤフオクAmazon(アマゾン)が代表的なサイトです。

個人的なオススメは、ヤフオクです。ヤフオクは、オーション形式なので想像以上の値段で落札されることが多々あります。僕自身もこのような経験を何度かしています。

少しでも不用品がある方は、一度出品してみてください。

捨てようとしていた不用品がお金に変われば、とても嬉しいですよね。不用品を売り慣れてきたら、安く仕入れられるモノをリサーチして、高く売って収入を得ることもできます。

平均収入は、0円〜青天井です。ただ、売れ残ると「部屋が在庫でいっぱい」と言う方もいますので、リサーチをどれだけできるか? がキーとなります。

転売・せどりについてもっと知りたいと言う方は、こちらをご覧ください。→せどりとは?Amazon(アマゾン)やヤフオクを利用した物販の方法

6位 あなたのスキルを販売 「ココナラ」

ココナラは、知識・スキル・経験を売り買いできるサイトです。

たとえば、あなたがイラストが得意で「5,000円でイラストを書きます」と言うようにスキルを販売するとします。ユーザーがあなたに頼むと5,000円稼げるという感じです。

他にも、占いやライティング、動画編集、翻訳など多岐にあります。少しでも得意なことやスキルがあれば、一度ココナラで販売してみてはどうでしょうか。あなたのスキルを必要としている方がいるはずです。

平均収入は、ピンキリです。あなたのスキル次第で変わってきます。誰でも販売できますし、得意なことでお金を稼ぐことができれば長く続けられます。

7位 自分のアイディアを形に 「LINEスタンプ、スマホアプリの開発」

これらは、どちらかと言うとあまりメジャーじゃない副業です。

誰もがスマホにインストールしているLINE(ライン)ですが、一度はスタンプを買ったことがあるでしょう。スタンプを自分で作成し、販売することが できます。そしてダウンロードされる度にお金が入っていきます。

オリジナルのキャラクターやイラストを作りスタンプにして販売するのです。販売する値段は120円と決まっており、1回ダウンロードされる度に31〜42円とあまり高くはないですが、いくつも販売することで月に10万円を稼ぐこともできます。

スマホのアプリ開発は、自分でアプリを作り、広告をはり収益をあげる方法です。知人の方は、1つのアプリで月100万円以上の収入があります。ただ、アプリを作るには、プログラミングなどができる人でないと難しいです。

1つでもヒットするアプリを作ることができれば、それなりの不労所得を得ることができます。イラストが好きな方、プログラミングができる方に人気のある副業です。

番外編 ライバルが少なく、多数の企業から求められる「セールスコピーライティング」

最後に、番外編として「セールスコピーライティング」をご紹介します。

セールスコピーライティングとは、「文章だけで行動を促すスキル」です。売上・集客アップした企業から常に求められているスキルの一つです。

すぐには、習得できるほど簡単なスキルではありません。なので、ライバルが少ないです。需要(求めている企業)は多いですが、供給(セールスコピーライター)が少ないのが現状でバランスが完全に崩れています。

また、売上に直結するスキルなので、報酬もかなり良いです。例として「前金50万円 + 売上の20%」という報酬も可能です。はじめるなら日本ではまだまだ知られていない今です。

セールスコピーライティングのスキルさえ身につければ、時間的・金銭的自由を手に入れられると言っても過言ではありません。

当サイト(ビジネス成功脳のすべて)では、無料でメルマガを配信しています。セールスコピーライティングについてはもちろん、ビジネスマインドやマーケティングについても誰でも分かりやすい内容で配信しています。

もし、あなたがセールスコピーライティングに少しでも興味があるのであれば、メルマガに登録してみてください。

一番下までスクロールし、自分のメールアドレスを入力し「登録」ボタンをクリックしてください。無料でノウハウを受け取れます。新たな転機になるかもしれません。

まとめ

この記事では、あなたに合った副業を選ぶコツ、人気のある副業をご紹介しました。1つでも気になる副業はありましたか?

大きく分けると、即金性のある副業とお金を稼げるようになるまで時間がかかる副業に分けることもできます。おさらいになりますが、副業を探す前に、自分の得意なことを把握し明確な目標を持ってください。

また「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがあります。いくつも副業をするのではなく、1つに絞った方がうまく行く可能性がグッと上がります。

少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。